« アンティックローズ エスプレッソ カップ&ソーサー 5客 ジノリ | トップページ | 店長のつぶやき 徒然編 藤の花が咲きました。 »

2007.04.11

店長のつぶやき 徒然編 イギリスでは何が起きている?

催事の準備をしなくてはいけない状況なんですが、現実逃避に走ってこのブログを・・・

今日の午後は、宝石の鑑別機関や宝石の職人さん、楽器屋さん等をまわってました。
 その職人さんは、クッションカット(クッションブリリアントカット)の1ct位のダイヤを探されているそうで、いざ探すとなかなかないらしいです。中古の市場等に出ていないか聞かれましたが、ほとんど見かけないと答えました。
(クッションブリリアントカットのダイヤ売りたい方はご連絡くださいね。通常相場よりも高く買いますよ~。)

そういうことを書こうとしたわけではなく、音楽の話題を・・・
30歳越えちゃうと、和洋問わずヒットチャート等は見向きもしないどころか、さっぱりわからなくなってしまうのですが、

時代の流れについていこうと思い、車の中ではたいていFMラジオをつけているのですが、
最近、1960年代後半位のテイストのFUNKな曲がよく耳に入ります。しかも、みんなイギリス人のバンドもしくはヴォーカル。音楽雑誌も久しく読んでいないのですが、イギリスでは何が起こっているのかな?

本家のアメリカではなく、イギリスってところが妙に気になります。
何かムーブメントみたいなものが起こっているんでしょうか・・・。
イギリスにはそういう音楽が発生する土壌があるような気がしますしね。
そうでないと、あんなにグルーヴの入ったファンクな曲がどんどん生まれてくるわけがない。

今の、アメリカの主流の音楽とは音の質感が明らかに異質で、同じブラック系の音楽であってもアメリカの音楽と同じ方向を向いていない。もう一度ファンクの原点に立ち返ろうという意図を感じます。
まぁ、このあたりの曲はとても好きなので、私にとっては嬉しい話なんです。

どうでもいい話お付き合いいただきありがとうございました。
さて、値段付けしようかな・・・

« アンティックローズ エスプレッソ カップ&ソーサー 5客 ジノリ | トップページ | 店長のつぶやき 徒然編 藤の花が咲きました。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

TEL:092-651-2197

当店連絡先(予約制)

広告