« ボルダーオパールペンダント | トップページ | 店長のつぶやき サム&デイヴ再び »

2007.06.11

店長のつぶやき 大日本人編

内容知りたくない人は読まないほうがいいかも です。

先日、大日本人という映画を見てきました。
お笑いの方の監督という事で、笑える映画だろうと思っていったものの
難解というか、重いというか、悲劇というか、ある意味衝撃的で、アレはいったいどういうことだったのだろうと考えさせられました。
私には難易度が高すぎました。

ヒーローものでありながら、設定や描写がとてもリアルで、
リアルすぎて笑えないというか、笑うしかないというか・・・
喜劇というよりは、悲劇で、
でも、現実に立ち向かうわけではないにしても、リアルな現実から逃げずに何とかやっている主人公に勇気づけられたり・・・

リアルさっていうのはCGがリアルとかそういうものではなく、
インタヴュアーの質問であったり、主人公の日常であったり、
主人公の雑然とした部屋の中にある掃除機がダイソンであったり
そういうお約束事がお約束どおり映画の中に映っているわけではないというところです。

映画を見終わった直後は、ものすごい虚脱感というか、凹んで、「お金を返して欲しい」なんて思ったりもしたけど
今になってみると、これはすごい作品じゃないのかななんて思えてくる不思議な映画でした。

北野武にしても、松本人志にしてもお笑いの方は、映画監督が作った映画よりよっぽどリアルな表現できるのだなぁと妙に感心した。

といいつつ、結構笑いもしました。
ハリウッドが嫌いな人に「ぜひ!」という感じですかね。

« ボルダーオパールペンダント | トップページ | 店長のつぶやき サム&デイヴ再び »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

広告


当店連絡先(予約制)

フォト

TEL:092-651-2197