« 福岡の質屋肥前屋質店が貴方のお役に立てる365のこと その4 宝石を選ぶ際のアドバイス | トップページ | 福岡宝石 ライトイエロー1.2ct VS1 ペアシェープ ダイヤモンド ネック »

2007.12.08

福岡の質屋肥前屋質店が貴方のお役に立てる365のこと その5 ルビーを選ぶ上でのアドバイス

福岡の質屋肥前屋質店が貴方のお役に立てる365のこと その5 ルビーを選ぶ上でのアドバイス

価値基準は一つではなく、無数にありますので、私の意見を鵜呑みにするのではなく、一つの意見として参考程度に考えていただけるとありがたいです。

通常、日本で普通の生活をしていて、2ct以上の美しいルビーを目にする機会はほとんどありません。
非加熱のものも同じで、一般的ではございませんので、
加熱処理されたルビーの、1ct以下や、1ct台でのお話です。

非加熱(未処理)のルビーとサファイアは実は云々というお話は、インターネット上に情報として出ていますので、そちらを参照くださいね。

で、ルビー。
産地がかなり限られ、その中でも美しい色合いのものは少ないです。
「大きさ、色と透明度、輝き」を基準に選んでみるといいと思います。

蛍光灯の下では、同じような大きさ、色合いのルビーであっても、白熱灯の下では輝き方が全然違うものがございます。
当店でのお勧めは、白熱灯下で内側から燃えるように輝きだす物をお勧めいたします。

ピジョンブラッドという響きにこだわりを持つ方もいらっしゃいますが、石マニアの方は別にして、「ピジョンブラッド」という響きにはこだわらない方がいいと思います。たとえ、「ピジョンブラッド」であっても、あまりに小さすぎると、内側から燃えるように輝く輝きが出てきにくいからです。
「ピジョンブラッド」という響きよりは、石それぞれが持つ個性に注目し、選んでいただいた方がいいと思います。石にはそれぞれ個性があり、輝き方は様々です。宝石が通販に向かないのはそれぞれの個性を文字や写真で表現するのは難しいからです。当店でもネット上で宝石を販売いたしますが、極力実物を見た上で購入を考えていただきたいという思いはございます。
 話がそれましたが、もちろん、石が大きくなると同じ品質であればその分価格に反映されますので、限られた予算内の場合は、品質と大きさのバランスを考える必要があると思います。

当店は押し売りする気は全くございませんので、この程度の相談でしたらお気軽にどうぞ。

« 福岡の質屋肥前屋質店が貴方のお役に立てる365のこと その4 宝石を選ぶ際のアドバイス | トップページ | 福岡宝石 ライトイエロー1.2ct VS1 ペアシェープ ダイヤモンド ネック »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

広告


フォト

TEL:092-651-2197

当店連絡先(予約制)