« 福岡の質屋肥前屋質店が貴方のお役に立てる365のこと その10 楽器の買取り | トップページ | 福岡の質屋肥前屋質店が貴方のお役に立てる365のこと その12 医学書/専門書買取り »

2007.12.14

店長のつぶやき 徒然編 今年の漢字は「偽」

今年の漢字は「偽」とのことでした。
毎年毎年ネガティブな漢字が続くので、ちょっとうんざりしますが、この「偽」という言葉は質屋は一般の方より割と身近に感じる事が多いと思います。

偽ブランド品、合成ダイヤ、合成ルビーetc・・・
そういった品物たちとしばしば対面します。
ですから、これはニセモノではないか?と疑う癖が付いてしまいます。

質屋の私が、偽物を見抜くアドバイスをするとすれば、
何がホンモノであるかを知ること、理解する事。ブランドや、値段等に惑わされない、自分の感性に磨きをかける、モノの本質を見抜くと言う事です。

今回は、質屋が扱う「モノ」ではなく、食品で考えてみますね。
有名店だからという理由で買うのではなく、
自分の感性を働かせたり、いろいろな考察をしながら毎日の食事をしていれば、ある程度の事は見分けられるようになると思います。

例えば、生クリーム。
植物性のものを使っているのか、動物性のものを使っているのか。
(生クリームは、牛の乳から作った動物性のほうが高いです。植物性は動物性よりは安価です。確か植物油に色をつけたもの 間違っていたらゴメンナサイ)
それを気にしながら生活していると、
「お、ここのケーキ屋の生クリームは動物性の物を使っている。見えない部分にもこだわりを見せているお店だな」
とか、
「あ、ココは植物性のクリームを使っている。有名店で高い割には原材料安く抑えようという意図がみえるな」
とか、
「美味しいソフトクリームとうたっておきながら植物性?!」
なんていう考察もできるわけです。

(何も植物性が悪いと言っているのではないですよ、植物性の生クリームは動物性の生クリームに似せた品物であると言う事です。「ホンモノ」は動物性の生クリームです。でも、動物性は高価なので、植物性にはより安価で提供できるメリットがあります。その他にもメリットがあるのかもしれませんが、私はよく知りません。ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。)

 もう一つ大事な事は、自分には見分けられないと思い込むのではなく、
自分でもホンモノニセモノを見分けられるようになれるはずだと思い続ける事かもしれません。

 私の母は、冷凍した肉とそうでないものを(匂いか、味で)判断できるみたいですが、私にはできません。努力すればできるようになるとは思いますが、そういう必要性を感じていないのでそのあたりのセンサーは発達しないままです。

話は、食べ物の話から質屋の話に戻りますが、
今はブランド全盛(終わりがけ)の世の中ですが、この次は「ホンモノ」と「そうでないもの」とがはっきり分かれた時代がやってくると思います。

そういう時代に対応すべく、日々勉強の毎日です。

« 福岡の質屋肥前屋質店が貴方のお役に立てる365のこと その10 楽器の買取り | トップページ | 福岡の質屋肥前屋質店が貴方のお役に立てる365のこと その12 医学書/専門書買取り »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

TEL:092-651-2197

当店連絡先(予約制)

広告