« ペアシェープダイヤ0.16ctがゆれる PT900 ペンダント 買取り | トップページ | 福岡の質屋肥前屋質店が貴方のお役に立てる365のこと その44 地金を慌てて売らないという選択肢2 »

2008.01.26

福岡の質屋肥前屋質店が貴方のお役に立てる365のこと その43 質屋の可能性

大きな世界の流れとして、中国、インド、中東、ロシア、ブラジル等の国々の経済が好調で、日本の元気があまりない。
日本では、不景気だ不景気だといっているが、ちょっと視点を変えてみると。
世界中が不景気なわけではなく、日本が不景気なだけであって景気のいい国々は沢山あるのです。
ですから、そういう国々の方々に品物を売る努力をすれば、いいのではないかと思い最近そのあたりの販売ルート開拓をやっています。
インド人向きの品、中国人好みの品、中東の方好みの品。日本人好みの品などとより高く効率的に卸せる仕組みを作っていけば、販売力がつき、よって買取り価格も上げることが出来ると思っています。(出来るかどうかは別にしても努力してみる価値はありそうです)

おまけの話ですが、
一般の外国の方ではなく、プロを相手に商談をしておりますが、
私は質屋ですといえば、すこぶる受けがいいといいますか、瞬時に私が何をしている人間を理解してくれます。質屋からモノを買う。卸してもらうということに抵抗感を感じてそうな人も皆無です。逆に最初から信頼してもらっている感があります。
その道のプロで、品物を選ぶ際のリスクを自分達でとれる方々ばかりであるということを差し引いても、「あ~質屋さんですかぁ」という声が皆さんそろってwelcomeな感じなのです。
日本人に「私は質屋です」というと、天然記念物みたいに見られるのとは大違いですね。
ですから、最初のハードルがお互い低いので、話が進むのが大変早いです。
そういう面では、質屋の信頼感は絶大だなという事を感じます。

より高く買取り価格を上げるための、売り先を開拓していく努力を続ける事が、査定力を挙げることに繋がり、お客様へのサービス向上へもつながると考えております。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

« ペアシェープダイヤ0.16ctがゆれる PT900 ペンダント 買取り | トップページ | 福岡の質屋肥前屋質店が貴方のお役に立てる365のこと その44 地金を慌てて売らないという選択肢2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ペアシェープダイヤ0.16ctがゆれる PT900 ペンダント 買取り | トップページ | 福岡の質屋肥前屋質店が貴方のお役に立てる365のこと その44 地金を慌てて売らないという選択肢2 »

広告


フォト

TEL:092-651-2197

当店連絡先(予約制)