« 福岡の質屋肥前屋質店が貴方のお役に立てる365のこと その51 金製品の刻印について | トップページ | 福岡の質屋肥前屋質店が貴方のお役に立てる365のこと その53 財産として金を持つ意義 »

2008.02.06

福岡の質屋肥前屋質店が貴方のお役に立てる365のこと その52 金と間違えそうな製品について

質屋という仕事をしていてよくあることが、「金杯」の買取依頼が結構あります。売りにこられている方は、かなりの額を期待されている場合が結構多かったりするのですが、金杯はほとんどメッキの品です。
見分け方は杯の裏にGPと入っていれば、「gold plated」。それはつまりメッキです。
売れるかなと思えば買取いたしますが、金の地金としての査定は当然ですがいたしません。

もう一つ金色の時計などに多いのですが、GFという刻印もたまに見かけます。それは、Gold Filled つまり、金貼りです。

どちらも使われている金の量が微量になりますので、金の素材としての価値はあまり見ません。(製品として幾らという考え方になります。)

GP と GF という刻印を見つければ、それは金ではないという見分け方は覚えておいて損はないのではないでしょうか。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

« 福岡の質屋肥前屋質店が貴方のお役に立てる365のこと その51 金製品の刻印について | トップページ | 福岡の質屋肥前屋質店が貴方のお役に立てる365のこと その53 財産として金を持つ意義 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 福岡の質屋肥前屋質店が貴方のお役に立てる365のこと その51 金製品の刻印について | トップページ | 福岡の質屋肥前屋質店が貴方のお役に立てる365のこと その53 財産として金を持つ意義 »

広告


フォト

TEL:092-651-2197

当店連絡先(予約制)