« 福岡の質屋肥前屋質店が貴方のお役に立てる365のこと その91 路地裏質屋の役目3 | トップページ | 福岡の質屋肥前屋質店が貴方のお役に立てる365のこと その93  »

2008.03.26

福岡の質屋肥前屋質店が貴方のお役に立てる365のこと その92 中古の宝石について

レストラン等で、誰が使ったかわからないスプーンは気持ち悪いからマイスプーンを使う等という人は私は見たことありません。(環境のためにマイお箸を持ち歩く人は知っていますけど。)
一流店の料理を食べに行ったらなおさらだと思います。例えば、ミシュランの三ツ星のついたレストランの食事を招待しますといわれたときに、誰が使ったかわからない食器類で食事をすることが気持ち悪いから、招待していただけるのはありがたいですが、断ります。などという人がいると思いますか?私はそうは思いません。

レストランでは、平気で多くの人が使ったスプーンを口にしながら美味しい美味しい、といっておきながら、
中古の品物はなんか嫌だ。
という、考え方は、どういうことだろう と思うときが多々あります。

例えば中古ジュエリー。では、何故、中古のジュエリーを敬遠する人が多いのでしょう?それは、本質以外のイメージの部分で判断している人が多いからだと思います。日本人にとってジュエリーはもともとなじみのあるものではなかったので、どういう価値観でみればよい物かあまりわかっていないからだと思います。(世界的にみても、飛鳥時代~江戸時代まで貴金属を身につけなかった不思議な民族なのです。)
大富豪であっても、クリスティーズやサザビーズなどで、中古の宝石を買っているのにも関わらず、大富豪と言えない人が中古の宝石はなんか嫌だという話は日常的に耳にします。宝石にとって、中古や新品という概念は当てはまりにくいという事を知らないがために起こることだと思います。そもそも中古か新品かを気にすると思いますか?宝石商にとって大事なのはクオリティが高いか低いか、値段相応か、それが重要なのです。
宝石は、土を掘ればザクザク出てくる物ではなく、きわめて稀なものであるから宝石だという事を、実感している人は、一般の方では実は少ないのではないかなと思います。
どういった宝石が価値があるのかを知れば、中古という選択肢は今後ますます重要になっていくと思っております。


お気軽にお問い合わせくださいませ。
(不在の時はご迷惑をおかけいたしますので、ご来店の前に一度ご連絡いただけるとありがたいです。)

« 福岡の質屋肥前屋質店が貴方のお役に立てる365のこと その91 路地裏質屋の役目3 | トップページ | 福岡の質屋肥前屋質店が貴方のお役に立てる365のこと その93  »

コメント

私は環境のためにマイ箸使いますという人を見ると、この人は流されやすい人だな、というか本質的に情報感度が鈍く勉強が足りない人なんだなろうなと思います。

だって、家に帰って間違いなく食器用洗剤で洗うんですよね、その箸を。
で、その排水がどこに流れていくか位わかるはずなんですけどね。

木を見て森を見ず。

そ、そうなのですか??
森林伐採や、ゴミを増やさないという点では、マイお箸の方が環境にいいような気がしますけど、どうなんでしょう??

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 福岡の質屋肥前屋質店が貴方のお役に立てる365のこと その91 路地裏質屋の役目3 | トップページ | 福岡の質屋肥前屋質店が貴方のお役に立てる365のこと その93  »

広告


フォト

TEL:092-651-2197

当店連絡先(予約制)