« 福岡の質屋肥前屋質店が貴方のお役に立てる365のこと その116 お買い物の方法2 | トップページ | インターナショナルギフトショー 2008 @福岡 »

2008.06.04

陶磁器メモ 高麗青磁

中国、朝鮮の陶磁器のモデルは金属器。
技術、陶工?が呉から流れてきた。
中国 秘色→ブルー
朝鮮 翡色→グリーン
貴族文化の中で作られたので、優美な造形。小ぶりが多い。
中国はキリッとしている。
蛇の目高台
最盛期は12世紀後半。陰刻、陽刻、透彫り技法。釉だまりでみせる。
13世紀に入ると、それまでは、中国の影響が強かったが、蒙古襲来により、中国・高麗の国は断絶となり、中国からの影響がなくなり、高麗独自の象嵌青磁が発達。

お気軽にお問い合わせくださいませ。
(私が不在の時はご迷惑をおかけいたしますので、ご来店の前に一度ご連絡いただけるとありがたいです。)
http://www.0926512197.com
↑肥前屋質店ホームページ

« 福岡の質屋肥前屋質店が貴方のお役に立てる365のこと その116 お買い物の方法2 | トップページ | インターナショナルギフトショー 2008 @福岡 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 福岡の質屋肥前屋質店が貴方のお役に立てる365のこと その116 お買い物の方法2 | トップページ | インターナショナルギフトショー 2008 @福岡 »

広告


フォト

TEL:092-651-2197

当店連絡先(予約制)