« マイケル追悼イベント | トップページ | マイケル追悼イベント »

2009.06.29

質屋の仕事をするようになり、大先輩から教わった事の一つに「筋(スジ)」というものがあります。
ローカルな言葉か、全国区の言葉か存じませんが、
「このお客様の持ち物、筋がいいね」 等という風に使っています。
つまり、「センス」とか、「品」とでもいうのでしょうか・・・

今回の売り出しで売れたものを確認していくと、
筋が良いものがきっちり売れていました。
共販会に来られるお客様の目がかなりシビアということもありますが・・・。

全てに当てはまるというわけではありませんが、結果を俯瞰してみるとそういう傾向を感じる事ができました。

幾ら安くても、低品質のものには出費せず、高品質であれば、ブランドの有名無名関わらず品質に見合う代金を支払う。そんな、時代の流れが加速していくような気がします。

「まぁ、こんなご時世だから売れないだろう」と思って、安く付けていたのかもしれません。
「売れても、うれしくない。」売り手がそのくらいの気持ちをもてるくらいの品物を提供しているということは、お客様に対するサービスかもしれません。

「売りたくない。手放したくない。」売り手(私)がそう思えるような品物を集めることができるように頑張ろうと思います。

« マイケル追悼イベント | トップページ | マイケル追悼イベント »

コメント

日本経済新聞に書いてありましたが、これからの時代はスマート消費の時代だと、むやみに権威を信じない、規模やブランドにあぐらをかく企業は見透かされる時代がくると書いてありました。
本当にその通りだと思います。
そういう意味でこの記事は大変参考になる記事でした。

ただこれらの人は初めはブランドの名前で買っていて、目が肥えた後、スマートな独自の消費傾向に向かう人もいるそうです。

購入の動機が、雑誌に載っていたからとか、流行っているから等の、外からの影響ではなく、
この品は、自分のライフスタイル、考え方、好みにあっている等の、本人の内面からの動機に移っているのかなぁとも思います。

中古販売については、まだまだ、ブランドや知名度に依存している感はありますので、
我々もそこから抜け出す努力は必要なのでしょうね。

コメントありがとうございました。
何かヒントをいただけたような気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141730/45487437

この記事へのトラックバック一覧です: :

« マイケル追悼イベント | トップページ | マイケル追悼イベント »

フォト

TEL:092-651-2197

当店連絡先(予約制)

広告