« 過去ではなく、未来へ繋がる今 | トップページ | ゴルフクラブ買取り »

2009.06.20

満を持して強者の出現

リンク: 金融・政策/田中貴金属 ジュエリーリサイクル参入 X線鑑定 価格に一律基準 - FujiSankei Business i./Bloomberg GLOBAL FINANCE.

> 国内の貴金属ジュエリーリサイクル市場で、まず初年度はシェア20%を目標とし、5年以内に40%を目指す。

うゎお。目標が圧倒的ですね。
他の業者さんならどうかなぁ?お手並み拝見的に気楽に観察できますが、
田中さんとのことですので、「げ、本気かも」と思います。

田中さんが動き出すということは、その衝撃波はその他へも波及するという可能性もありますが、都市部に展開している田中さんが地方についてはどうされるのかということと、
効率のよい重量のある喜平などはある程度出尽くしている感もあり、こまごまとしたピアスや、指輪などが田中さんの設定する手数料と見合うかどうかも興味がありますね。

俯瞰的に見てみると、地金ビジネスは近隣の店舗同士の小競り合いの戦国時代から、強者同士の対決という全国統一へ向けての最終的な戦いがここ数年で見られる可能性が高いということでもあります。

ブームに乗って安易に地金ビジネスに参入された方々は、今後更なる試練が待ち構えているという可能性もあります。現時点でも相当厳しいでしょうけど・・・。

とは言っても箪笥の肥やしを吸い上げるばかりのビジネスモデルが永遠に続くわけもなく、
皆様に買ってもらわなければ循環はしないわけで・・・。
質屋は、地金計算しやすい製品を地域の皆様に購入していただくという種まき的な活動が必要なのだろうなぁと頭をめぐらせる今日この頃。

それと、金、プラチナ製品は、安易に地金を売ってしまうと本当に必要な時の頼みがなくなっちゃいますので、気軽に売らずにコツコツ貯めるくらいの感覚でいいと思いますよ。

結局持っていた地金を換金する事がなかったという人生って素晴らしいじゃないですか。子供達にも残せるわけですしね。昨年夏までの地金高騰で金、プラチナ製品を手放された方はまた、コツコツ製品を購入されてみてはいかがですか??

« 過去ではなく、未来へ繋がる今 | トップページ | ゴルフクラブ買取り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141730/45394365

この記事へのトラックバック一覧です: 満を持して強者の出現:

« 過去ではなく、未来へ繋がる今 | トップページ | ゴルフクラブ買取り »

広告


当店連絡先(予約制)

フォト

TEL:092-651-2197