« 三和珈琲館 | トップページ | 時代が求める価値観の変化 »

2009.07.27

つぶやき・・・

いいモノがない というのは簡単だけれど、
探さない事には見つからない。
見つかる確立がかなり低くても、探さなければ確率は0のまま。
0.1%しか確立がなくても、探し続けていればいつか見つかる。
事業というよりは、趣味的に。誰のためというよりは、自分のために。
義務ではなく、主体的に。
売れるものを気合を入れて探すというよりは、
自分がいいと思えるものを探す。
気合を入れるのではなく、むしろ消す。
肩の力を抜いて、リラックスして、感覚を高める。
今までもこんな感じでしたが、より肩の力を抜いて・・・

« 三和珈琲館 | トップページ | 時代が求める価値観の変化 »

コメント

確かにいらん邪念、先入観がはいったら、ものがそのものよりよく見えたり、悪く見えたりしますからね。
仕入れは心を空にして行わなくてはいけないからですね。凡人はしかし5秒で雑念が入るそうです。「ありのままにものを見る」ということは簡単そうで一番難しいです。
禅の高僧にはできるそうですが・・・。

千利休くらいのレベルになりたいですね。

自由人さん
コメントありがとうございます。うちの宝飾品販売は高回転でどんどん売ってというわけではありませんから、どうせ長く持つのであれば、見飽ていて飽きないものがいいなぁと・・・。あわよくばお金貯めて自分で買いたくなるようなモノを。。。というのが理想ですね。
早く売ってしまいたいと思うような品物ではなく、あまり売りたくないなぁという品物に囲まれたいですね。(笑)
なかなかないんですけどね。なかなかないからこそ、手放したくないと思えるのでしょうけどね。

自分が売りたくないなあ、と思ったものは大体
すぐに売れるんですよね。

商売は楽しいですね。笑。

福岡三越の美術ギャラリーの前にぐい飲み常設展?がありましたが、今もあるんでしょうか?
さすが三越でしたよ。
ただ値段も高い。
ものはかなり良かったですが。
ただあの気合いでものを作りつづけていたら、
陶芸家は早死にしてしまいそうですが。

三越と岩田屋がごっちゃになって、うろ覚えですが・・・
ガラスケースの中にぐい呑みなど並んでいたような気がします。
今度確かめておきますね。

私は、最近、なんとなく煎茶碗とぐい呑みの性質の違いがなんとなくわかるようになった程度です。揃う事が価値と、個性の価値のお話とても参考になりました。またいろいろと教えてください。

作家は抹茶碗とぐい飲みが一番気合いをいれますからね。
思い入れは深いです。

岩田屋より三越だよなあ。失礼。
苦笑。

>作家は抹茶碗とぐい飲みが一番気合いをいれますからね。
>思い入れは深いです。

なるほどですねぇ。モノを見て、そういう部分を感じる事ができるようになりたいものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141730/45757843

この記事へのトラックバック一覧です: つぶやき・・・:

« 三和珈琲館 | トップページ | 時代が求める価値観の変化 »

広告


当店連絡先(予約制)

フォト

TEL:092-651-2197