« コツコツの力 | トップページ | 日展2009@福岡市美術館 »

2009.07.05

悲観的になるのは簡単

1 

 

 

 

 

 

 

数字だけ見て悲観的になるのは簡単なんですが、
結局のところ、消費者(この呼び方は好きではないのですが)の価値観が変わっているのに対し、
魅力的な製品を提供できていない事が原因なんだと思う。
値引率で、割安感を出して売ったり、ローンを組ませて販売するというスタイルも問題なんだと思う。
業界の人はそれが当たり前という発想が染み付いているかもしれませんが、
なくても生活に困らない宝飾品の特性から、お金にゆとりのあるときに購入してもらうというのが基本なのではないだろうかと思っています。
日本の宝飾業界の未来が暗いわけではなく、出口が見えていないから暗く感じるのではないかなぁと思っています。

« コツコツの力 | トップページ | 日展2009@福岡市美術館 »

コメント

業界人の常識はお客様の非常識というのはありますからね。
若い人は改革していかなくてはいけないですね。

そうですね。おっしゃるとおりで、私に関しては「質屋」の常識に縛られているとよく感じます。
まずは、自分自身を変えるところからですかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141730/45542736

この記事へのトラックバック一覧です: 悲観的になるのは簡単:

« コツコツの力 | トップページ | 日展2009@福岡市美術館 »

広告


フォト

TEL:092-651-2197

当店連絡先(予約制)