« 庄村久喜さん 作陶展 | トップページ | 古今利(こいまり)研究会: 坂本達哉さん »

2009.08.01

モノに関する相談処

このブログも、コツコツ書いていると、積み重ねの力なのか
以前に増してブログを介しての不思議な出会いが増えてきました。

例えば、
明治~大正期と思われる皿の事を書いていたら、そこから思わぬ出会いに繋がったり、
広島の宝飾品の職人さんから、色石のカッターのことで問い合わせがあり、そこから派生して
とある方への紹介に繋がったり。

日常的に県外の方ともお電話でお話しすることも多くなって来ました。
ありがたいことですよね。路地裏の質屋が、県外の方とお話できるなんて、革命的です。
車社会では不利でしたが、ネット社会に何とか救われたような気がします。


「**」ですが、幾らですか?という単なるお値段の比較のためだけの問い合わせよりも、
「**」ですが、なかなか買取ってくれるところがないのですが、買取ってもらえますか?とか、
「**」を処分しようと思うのですが、どこかいいところを知りませんか?
等という、私の個性を活かしやすいお問い合わせは大歓迎です。(不在の場合も多いので即答できない時もありますが・・・)

別の言葉で言うと、「比較のためだけの問い合わせ」ではなく、「どこの店でも解決できなかった件に関する相談」ってヤツですかね?もちろん、「うちではお力になれません」という場合も多いですよ。
ただ、「**」を売却してお金にするのは非常に難しいと思います。私なら、こう対処します。などを聴くと、一つの参考になるのではないでしょうか。

他にも、「**」の購入を考えていますが、どう思われますか?でもOKかもです。料金取らないぶん、個人的に好きなこと言わせてもらいます(笑)。

 絵を買いたいんだけれど、この値段は高いと思いますか?的な購入前のご相談もある程度はのれると思います。誰しも、買い物で失敗したくないと思いますので、宝飾品、絵画、美術品など、そういったご相談も歓迎です。

相談が殺到すると全てのご質問にはお答えできないと思いますが、今のところはOKです。私の考えを取り入れるかどうかは、その人の判断になりますので、責任はもてませんが・・・。自社の在庫を押し売り等もしませんのでご安心を・・・。

世間話や、人生相談なんかは、ちょっと苦手なジャンルなので、
「モノ」に関する事であれば比較的アドバイスしやすいと思います。

モノに関する、相談処 になれたらいいナと思っております。半分以上は自分の勉強のためでもありますが・・・。
どうぞよろしくお願いいたします。

« 庄村久喜さん 作陶展 | トップページ | 古今利(こいまり)研究会: 坂本達哉さん »

コメント

確かに、モノについての知識は半端じゃなく豊富にもっておられますからね。
今後ともおしえてください。

自由人さん 
質問をいただくと私も勉強になりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141730/45800002

この記事へのトラックバック一覧です: モノに関する相談処:

« 庄村久喜さん 作陶展 | トップページ | 古今利(こいまり)研究会: 坂本達哉さん »

広告


フォト

TEL:092-651-2197

当店連絡先(予約制)