« ファンシーカラーダイヤのグレーディングについて | トップページ | 買取実例 千本ノック 294 ヘレンド 黒いヴィクトリア カップ&ソーサー »

2009.09.04

キーワードは「表情」?

初、JJF。IJTの2/3位の規模でしょうか??
世界的な不景気で流通量が減っているのか、いままで見なかったような品が割と多く出ていたように感じます。
今回は、買う事が目的ではありませんでしたので、ほとんど買いませんでしたが・・・。

JJFでも大量の宝石、宝飾品が並びますが、
興味を引くもの、引かないものがあります。
その違いは何か、考えてみると、
一つの結論として、「表情」かな?
と思いました。

表情。つまり、表に表れた内面性。

重量を稼ごうとして、不自然に縦に長くカットされたダイヤモンドには、美しさよりも、重量を価値とする価値観が滲み出ています。
一見派手でも、石の質が悪く、造りも雑な宝飾品は、品質よりも、低価格で作ることに重きを置いている価値観が見え隠れします。

ルースでも、製品でも、人の手が加わったものであれば、何の意図があってそういう作業がなされたかの痕跡がうかがえます。
そこに、「美しさ」「丁寧さ」が見え隠れするものを、きちんと評価できるようになりたいなと・・・。

今回の出張で、そんな事を考えました。

今までは、宝飾品の見本市などでは、製品にはそんなに興味がなかったのですが、今回は
アンティークや、アンティークで使われていた技術をそのまま再現した製品などに惹かれている自分がいました。
効率や、コスト意識ではなく、品質や価値観。
そういうものが自分が好きなのだと思いました。
技術的な事を知ることで、宝飾品を見る目の扉が開くように、
知ることで楽しめる事は増えるのだと思います。
知ること、そして理解する事は私の仕事の一つなんだろうと思います。(ただ好きなだけなんですが・・・)
今の価値観が最終形ではなく、まだまだ深めていかねばと思っております。

しばらくは「表情」のよさ
をキーワードに、品物を紹介していこうと思います。・・・多分しばらくは・・・。
というわけで、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

この、ブログの私の写真も無表情なので、もう少し笑顔なヤツに切り替えようかと・・・。

« ファンシーカラーダイヤのグレーディングについて | トップページ | 買取実例 千本ノック 294 ヘレンド 黒いヴィクトリア カップ&ソーサー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141730/46117327

この記事へのトラックバック一覧です: キーワードは「表情」?:

« ファンシーカラーダイヤのグレーディングについて | トップページ | 買取実例 千本ノック 294 ヘレンド 黒いヴィクトリア カップ&ソーサー »

広告


フォト

TEL:092-651-2197

当店連絡先(予約制)