« ケント・モリ、マドンナとマイケル・ジャクソン取合った日本人ダンサー | トップページ | なんだったっけな~ »

2009.11.05

MJ ビリージーン

お久しぶりでございます。

久しぶりの記事がまたマイケルでスミマセン~。
ケント・モリ のダンスを見たらどうしてもこの映像が頭から離れず・・・・
単に記事をつなげたかったというのもありますが・・・

モータウン25周年を祝うイベントなのに、
モータウンを巣立った後の曲でキメるマイケル。
ずっと支配されてきたモータウンへのとどめの一撃。

後の彼に比べてテクニックはまだまだ発展途上だけれど、若さゆえの内側から溢れんばかりのエネルギーと、体のキレが半端ではない。
穏やかな性格なのに、芯の部分はメチャメチャ頑固。
常に壁を乗り越えるのではなく、壁を壊していく破壊力。
その後の彼の人生を象徴しているかのような、あらぬ噂に翻弄される姿を描く歌詞。

彼のパフォーマンスの中で最高のものといえるものの一つなんだと思います。
同時代に体験できなかった事が残念です。

« ケント・モリ、マドンナとマイケル・ジャクソン取合った日本人ダンサー | トップページ | なんだったっけな~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141730/46679179

この記事へのトラックバック一覧です: MJ ビリージーン:

« ケント・モリ、マドンナとマイケル・ジャクソン取合った日本人ダンサー | トップページ | なんだったっけな~ »

広告


フォト

TEL:092-651-2197

当店連絡先(予約制)