« 『酒器と一輪差しと陶板』展 2009@博多大丸 | トップページ | マイケルのダンスのベース »

2009.11.09

品質を見極めるワンポイント~光源による見え方の違い ダイヤモンド編~

照明環境によって、製品はずいぶん違って見えます。

ダイヤモンドであれば、
日光下では、カット、品質がよいものは強烈な輝きを見せてくれます。

宝石店の照明もかなり強烈に照らしています。
こういった照明環境は、一般的な生活ではあまりないシチュエーションですので、店頭でのご購入の際は、輝きを若干差し引いて考える必要があると思います。

日常生活で、ダイヤがとても映える照明環境は、
例えば、
天井が暗い色、もしくは天井が高い(天井の色の写りこみが少ない)
蛍光灯ではなく、ダウンライト、シャンデリア等の白熱灯
という、環境では光がそこまで強くなくてもなかなか美しく輝いて見えると思いますよ

良質なダイヤモンドであれば、日光下であれば、1m位離れていても、その輝きが届きます。
透明感があり、カットが良い事 という条件はつきますが・・・

いろいろな環境で様々な輝きを楽しめるのは、購入した方の特権ですね。

« 『酒器と一輪差しと陶板』展 2009@博多大丸 | トップページ | マイケルのダンスのベース »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141730/46717389

この記事へのトラックバック一覧です: 品質を見極めるワンポイント~光源による見え方の違い ダイヤモンド編~:

« 『酒器と一輪差しと陶板』展 2009@博多大丸 | トップページ | マイケルのダンスのベース »

広告


当店連絡先(予約制)

フォト

TEL:092-651-2197