« DTCボツワナ | トップページ | 査定実例 千本ノック 487 ペルシャ絨毯 ウール カシャーン産 237x145 »

2010.05.16

ダイヤ鑑定:「全宝協」が価値かさ上げ 業界団体が聴取へ

ダイヤ鑑定:「全宝協」が価値かさ上げ 業界団体が聴取へ


参考ブログ
ダイヤ鑑定 かさ上げ??

全宝協 ダイヤ鑑定かさ上げ

合成石が、相当な量、天然のダイヤとして出回っている。
処理されたダイヤが、処理の記載なしでかなりの量の鑑定書、鑑別書が出回っている

などであれば、大変な問題ですが

要点は、かさ上げです。匙加減の問題ってことです。

産地の偽装、内容物の偽装、ウソの申告、ウソの報道などとは本質が違います。


全宝協の鑑定書のついたダイヤを質屋に持って行っても、査定額はこの事件の前後で査定額変わらないのではないでしょうか?

安く買うためのセールストークとして、この事件の事を口にして安く買おうとする業者はあると思います。
でも、業者間の中古の相場は何も変わらないと思います。

ダイヤに関しては、全宝協はまだましで、もっとひどいところはいっぱいあるような気もします。

消費者(ダイヤは消えないのでこの表現は好きではありませんが・・・)の皆様は、鑑定書にとらわれずに、
誰から買うかを気にした方がいいと思います。
「良いものをより安く」というのは、やっぱり無理があって、いいものを継続的に提供しようと思えば、やっぱりちょっぴり割高になる。
この価格差をどう考えるかは、買う人に振られている問題かもしれませんね。


ちなみに、全国宝石学協会は色石に関しては、科学的な鑑別技術を使って、国内どころか、世界でも屈指の鑑別技術を誇っています。
ですので、当店では、必要性もないのに何でもかんでも鑑別をとる事はせずに、もともとあった鑑別書を使う場合もありますが、新たに鑑別を取得する場合は全国宝石学協会さんを利用させてもらっています。
翡翠のワックス加工の有無などに関しては、全宝さんは行いませんので、別の鑑別機関を利用することなどはあります。
これは、今までも、これからも変わりがありません。

ちなみに、ダイヤですが新たに鑑定をとる場合は、今までも中央宝石研究所さんを利用させてもらっていますが、これも今までとこれからも変わりません。
そういえば、全国宝石学協会の鑑定のついた製品があったなぁ。でも、改めて石外して鑑定とるまでもないと思うので、このままにしておきます。


もちろん、処理の技術、鑑別の技術は日々進歩して行きますので、あらたな状況になればまた変化することもあります。現状ではこんな感じです。


ちなみにちなみに・・・
GIA JAPANのラボ部門AGTジェムラボラトリーの鑑定書が一番しっかりしていると言われています。
ただ、鑑定の料金が高くて・・・
質屋の競売所では中央宝石研究所の鑑定が基準といっていいと思います。


AGT(GIA)の鑑定書を利用している宝飾店さんがあれば、「お!」って思っていいと思います。
でも、そんな、AGTですが、そこでも基準が少し緩くなってきているという話もあったりしますので・・・
基本は誰から買うかになるのかもしれませんね。


気になる事がいっぱいあってうまくまとめられないのですが、
毎日新聞さんが1面にこの記事を持ってくることも気になると言えば気になる。
政治、経済、軍事、生活 もっと大きな問題が山盛りの中で、なぜ1面にこの記事を持ってくるのか?
って事が一番気になる。

特に、口蹄疫問題で世間が大騒ぎになっていないのが気になる。

« DTCボツワナ | トップページ | 査定実例 千本ノック 487 ペルシャ絨毯 ウール カシャーン産 237x145 »

コメント

良い物を安く・・・工業製品で大量生産できるのなら、それも可能かもしれませんが、天然物ですもんね。天然物は数が出ても同じクオリティーとは限らないし、ドコで何が出ているか、出ているとこが産出量下がったら1個当たりに乗る金額も上がって当然だし。本当は、こういうモノは時価なんですよね。時価なのに定価のような感覚なのが問題なのかも。

良い物を安く・・・消費者の本能みたいなもんではないでしょうか。でも、私に限って言えば、良い物を安く欲しいのではなくて、良い物を適正価格で欲しいと思っていますよ。安くでというよりも適正な価格で欲しい。結局、悪いものを高くって所もあって、そういうとこに引っかかりたくないだけなんですよね。

ん~、色々考えちゃいましたが、ようは、自分が色々見て、その上で、自分の予算内で、綺麗で気に入ったものを買うのが一番と思います。だって時価ですし。(^^;)

コメントありがとうございます。
コメントを拝見して思ったのが、
自分で考えて自分で判断する。これが基本なのかなと思いました。
自分で判断できないから、鑑定書に頼らざるを得ないというのは間違いないことですし、僕らも鑑定書があれば鑑定書を見ますが、
店選び、モノ選びの最終的な判断は各人に委ねられているのかなと・・・

ダイヤに限らず・・・
ピジョンブラッドのルビーありますか?って事でも、得体の知れない業者の言うピジョンブラッドにいかほどの価値があるのか?と思ったりもします。

綺麗か綺麗でないか、高いか安いか それは、当然の如く販売側は言いますが、
価値を他人に依存してしまうと、不運なことになることもあるので、
最終的な部分の選択は各人に委ねられているのだろうと思います。

ブーイングが来そうですが・・・

渕上様。わたしどもにはなかなか難しいですよ。
専門以外のことはなかなか素人にはわかりませんね。苦笑。
自分の目を信じるというのは専門以外のことは難しいです。
私どもには、だから信頼できる業者さんが必要なんですよ。
渕上様みたいな良心的なお店が増えてくれることを望みます。

確かにそうかもしれませんね。
どの店を選ぶかは各人に委ねられている と考えた方がいいのかもしれないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DTCボツワナ | トップページ | 査定実例 千本ノック 487 ペルシャ絨毯 ウール カシャーン産 237x145 »

広告


フォト

TEL:092-651-2197

当店連絡先(予約制)