« ボルダーオパール2.19ct ダイヤ計0.05ct K18 リング  | トップページ | 買取実例 千本ノック 500 バカラ マッセナ シャンパングラス(フルート) 6客セット »

2010.05.23

ジュワネング鉱山・・・つづき

100523_125040

100523_135625

先日、当ブログで ダイヤモンドの産地 ボツワナ ジュワネング鉱山について書きましたが、

なななんと、ツイッター経由で、ジュワネング鉱山に行ったことがある方から連絡がありました。

雑誌の取材でボツワナまで行かれたそうですが、その雑誌が廃刊になったとのことで、その記事のコピーをいただきました。
ありがとうございます 感謝です(涙)

この記事を通して感じた事は、結局のところダイヤは単なる物質だけれども、
人が掘って、人がチョイスし、人がカット、研磨 することで 人の手に渡るということ。

この、大規模な穴を見ていると、
環境的にどうなのだろうか、
人のダイヤに対する欲望の大きさ
という思いもわかざるを得ない部分があるが、
地球がこの土地の人に与えた贈り物のようにも思える。
テレビで見てもそう思いましたが、ダイヤビジネスに関わるアフリカの方々の姿が、すがすがしく、目は希望に満ちているからです。

先進国が、途上国の資源、労働力を搾取する構図はそう簡単にはなくならないかもしれないけれど、
長年続いた根本的なこの構図が変化しているのは間違いは無いと思う。

今後、産地の人たちが搾取されるのではなく、現地の人たちが採掘をコントロールできる採掘が一般的になっていくような希望を持ちたい。

宝石は、冨、権力の象徴から、地球の神秘、人とのつながりを感じる価値の大きな変化があるのかもしれないとも思った。

「地球の神秘、人とのつながり」を感じることができる宝飾品を身につけるって、考えてみると宝飾品のイメージ変わるかもしれませんね。

ぶれない宝石観を持ち合わせていないのは、私が未熟だからなんだろうと思うので、今後ぶれない宝石観を身につけていきたいとも思いました。

人→人→人→人 の矢印が善意で繋がればいいことだろうと思えてくる。
矢印が、騙すとか、強欲に染まると、一般ユーザーの手に渡るときに、悲劇がおきますので・・・

自分フィルターの精度を上げていく。これが、今後の課題です。

それにしても、写真の手のひらいっぱいのダイヤの原石はそのままで美しいですねぇ・・・

S様 ありがとうございました!

« ボルダーオパール2.19ct ダイヤ計0.05ct K18 リング  | トップページ | 買取実例 千本ノック 500 バカラ マッセナ シャンパングラス(フルート) 6客セット »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ボルダーオパール2.19ct ダイヤ計0.05ct K18 リング  | トップページ | 買取実例 千本ノック 500 バカラ マッセナ シャンパングラス(フルート) 6客セット »

広告


フォト

TEL:092-651-2197

当店連絡先(予約制)