« 日本人の今後の働き方 | トップページ | 買取実例 千本ノック 649 昭和の香りのする ダンヒル カフスボタン 買い取り »

2010.09.19

しらせ が 箱崎埠頭へやってきた

ブログにのせようと思っていませんでしたので、写真がほとんどないです・・・

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/440359/


南極観測船「しらせ」が箱崎埠頭にやってくる・・・

というチラシをもらっていたので、まぁせっかく近くの港に来るんだから・・・
という軽いノリでいってみてビックリ

シャトルバスが何台も来ているわ、海上自衛隊の方々が制服(しらせ用)でお出迎えしていただくわ・・・
しらせが、海上自衛隊の所属とも今回はじめて知りました・・・

興味深かったのは、南極の氷と、隕石
南極の氷の粒の空気は凍りになった当時の空気なので、ずいぶん昔の空気なんだそうだ。テレビで見た気がしますが、目の当たりにできるとは思いませんでした。

隕石は、南極は、氷の上に落ちていればそれが「隕石」であるという断定がしやすいので、隕石を集めるのにもってこいだそうです。
世界中の隕石の4割(でしたっけ?)を日本が所有しているらしく、アメリカとその順位を競っているそうな・・・
わが日本国も石のコレクターだったんですね。
役に立つかどうかはわかりませんが、税金で隕石集め・・・
いいじゃないですか、ガンガン集めてくださいな。

大きな隕石なんかは、売るところで売れば家一件分になるとかおっしゃっていましたが、いろんな世界があるんですね。
質屋に隕石持って来ていただいても、お値段出せません。。。
化石は買取りさせてもらった事がありますが・・・(あくまでも質屋としての値付けです)

火星由来の隕石とかあるらしいです。 
あ、でもそれ欲しいかも。


50029700v1284889341_2

操縦席の写真・・・
面舵いっぱーい!! とか、いいませんよね。

船全体が、デザインっ気は全くないのですが、どれも頑丈なつくりで、普段接しているものとは強度が数段違うような感じでした。
いいですよね。頑丈って。
チャチで、うすっぺらいすぐ劣化しちゃうようなデザインのものよりよっぽどいいです。
頑丈万歳

そういえば、これはしらせ2世らしいんですが、
「氷とか割って進むんですよね?」
と質問しましたら、
「この前は、4mの氷を割って進みました」
とのこと、しらせ1世だとこうはいかなかったようです。
4mの氷もすごいですが、それを割るって??

頑丈万歳

人と物資を基地まで届ける
という、目的の為に全てがデザインされている。
ある意味、これが機能美なんだと思います。
単に見かけのことではなく、使ってる素材なんかも含めて・・・
しらせ という 人とモノを運ぶ道具(船)には、世の中に蔓延しているウソっぽさ、まがい物っぽさが微塵もない。
これは、モノとしての安心感がある とも言えると思いました。

そう考えると貴重な体験でした。あとづけですが・・・
もう一回ゆっくり見てみたいですが、次はいつになる事やら・・・

なんだか緩い感じになりましたが、この辺で・・・

« 日本人の今後の働き方 | トップページ | 買取実例 千本ノック 649 昭和の香りのする ダンヒル カフスボタン 買い取り »

コメント

なかなか面白い記事でした。
箱崎に住んでれば見に行ったのに残念です。
護衛艦には見学で乗った事があります。

え?しらせはこの地にも来るって?
誰かさんが後ろでそう言っています。
確かにここは元軍港、潜水艦はいつも何隻か停泊していますね。
そっか~、身近にあればいつでも見れるなんて思っちゃってつい一生見なかったりするのかもcoldsweats01

コメントありがとうございます。
いくまでは、暑いな~、とか、連れて行く子供の記憶に残ってくれればそれでいいや
とか思っていましたが、
言ってみると、いろんなものが新鮮で自分が一番楽しんでました。なかなかよかったです。

せ、潜水艦ですか~
そういえば、潜水艦に乗る機会ほとんどないですね。
一生に一度乗れるか乗れないか位でしょうね。

主人が仕事上潜水艦に乗る機会があったのですが、戸籍謄本や保証人署名を差し入れさせられました。
国家機密なんでしょうね、多分一般人は乗る機会はないのでは?

なるほど~
確かに、その潜水艦といい、それに関わる方々といい、
背負っているものの重さがすごいでしょうからね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本人の今後の働き方 | トップページ | 買取実例 千本ノック 649 昭和の香りのする ダンヒル カフスボタン 買い取り »

フォト

TEL:092-651-2197

当店連絡先(予約制)

広告