« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010.11.30

2010年12月2日~5日 全九州質屋大バザール @ 博多スターレーン

https://sites.google.com/site/78bazar/


うーん、準備の時間が・・・


2010年12月2日~5日 全九州質屋大バザール

どうぞよろしくお願いいたします。


手抜きですみません。

大変お待たせいたしました。
ネックレス出てきました。
後日、ご連絡いたします。

2010.11.28

買取実例 千本ノック 685 MACTEC フェアウェイウッド #5,7,9

Imgp3355

購入したものの、使いこなせないとのことでした。
ゴルフクラブは、使わないものは早く売るに限ります。
理由は、どんどん相場が下がっていくからです。

金、プラチナの地金類は、売らずに持っておくと値上がりすることもありますが、ほとんどの品はそういう事はありません。

ゴルフクラブ買い取り致しますよ~。
お売りいただきありがとうございました。

買取実例 千本ノック 684 ディジュリドゥ


58550149v1290937208

ディジュリドゥ久しぶりに入荷しました。
普段扱わないものを取り扱うのは楽しいものですね。
・・・これで、うちに4本の在庫が・・・ 
早めになんとかしよう。


え?ディジュリドゥがどんな音か知らないって??

素晴らしい楽器ですよ~。
こちらをどうぞ↓

ね?いいですよね。
かっこいいですよね!

このディジュリドゥでこういう音が出るのかどうかはわかりませんが・・・

お売りいただきありがとうございました。

えーと

頑張ります。
値段つけ。

根本的に仕事のやり方変えないといけないなと思う今日このごろ。
自分しか、仕組みを変える人間はいない。
手先を動かすのではなく、脳を働かせようと思っても、なかなか回転しない・・・
がんばろうったって、どうやればいいかわからないので、なかなかむつかしいです。

2010.11.27

モノ ではなく・・・

iphone、Ipad、アンドロイド携帯?
最近は、メイドインUSAの仕組みに乗っかった機会をふれることが増えてきた。

日本が、ものつくりものつくり行っている間に、外国製の仕組みを借りないといけないようになっている感じ。


モノとは関係ない話でも、

囲碁のルールも、海外仕様?なので日本は苦戦しているみたいだし・・・

ガラパゴス云々のことは詳しくわからないけれど、日本の会社、日本人は、視線が日本国内に向きすぎているのかもしれないなと・・・

それはそれでいいのかな?

日本人の価値観、日本の文化を輸出して、それが世界で認められれば、日本発ってことは有利になるわけで・・・・

まぁ、でも、なんだかすごいですよね。

私たちは、時代に大きな転換点に生きているんですね。

支離滅裂ですみません。

追記
読み返してみると、誤字がすごいですね。
戒めとしてそのまま残しておきます。

2010.11.26

筥崎宮 放生会 女の子 稚児行列セット

58303180v1290754841_2

入荷しました!というよりは、買い取り致しました!というよりは・・・

この品物のツギのユーザーさんを見つけることができるかどうかわかりませんが、ちょっとした挑戦。

筥崎宮 放生会 二年に一度の御神幸祭の稚児行列で、女の子が着るセットです。

この、極めて限られた用途でしtか使えない雰囲気わかっていただけますでしょうか?

毎年ではなく、2年に1度なのです。

(これがまた、普通のお店では売っていないのです。)
長く地元にいる人に聞けば「〇〇町の〇〇さんが、あつこうとるばい」と教えてくれるかもしれません。

58304439v1290756052

セット内容が違いますが、こんな格好をして町を歩くのです。
(あ、申し遅れました。私の娘です。)
3歳くらいの小さい子用だと思います。(違ったらごめんなさい。でも、そこが大事ですね)

本来ならば、代々伝えるものなんですよね。
うちは、戦後ここにやってきたので根っからの地元人ではないのですが、
ずっと地元に居らっしゃる方は、おじいちゃんが使った稚児行列の衣装を自分も使った。
なんて話も聞きます。
いいですよね。そういうの。

現代は、地元から出ていく方も多いですし、住宅事情の関係もありますので、なかなかそういうわけにはいかないですが・・・

しばらく店の在庫としておいておきますので、必要な方は気軽にご連絡ください。

2010.11.25

買取実例 千本ノック 683 マイセンクリスタル ブルーオーキッド ワイングラス 4客

600x4502010090400007


マイセンクリスタルのワイングラスです。
柄は、磁器では定番の、ブルーオーキッド

マイセンクリスタルの創立は、1947年らしいです。
磁器では、NO1で揺るぎないから、次の事業を始めたのか、
第二次大戦後の混乱の中、新規事業として始めたのか・・・

マイセンの位置を確認してみますと・・・
割と、東欧よりなんですね。


大きな地図で見る


こうやって、地図を見てみると、チェコ、ドレスデン などなど 有名なクリスタルの産地からも、近いんですね。

ヨーロッパの国はともかく、各都市の位置関係や、都市の歴史など知らないことが多いなぁと改めて思いました。

でも、学ぶことは楽しいですね!

おっとっと。脱線してしまいました。
お売りいただきありがとうございました。

2010.11.24

便利そうだな eye-fi


デジカメで撮った写真が、即web上や、パソコンにアップロード出来るらしい(違っていたらごめんなさい)

http://www.eyefi.co.jp/

し、知らなかった。作業効率メチャ上がりそうだ。

こういうものを、導入するかどうかまで考えないといけないんだよな~。

誰かが、指示してくれるわけではないから・・・

デジカメで撮影後、自動的に転送してくれるのか??

うーん、便利そうだ。

弥生時代の、翡翠の勾玉 その後

・・・やっぱり、我慢ができず調べちゃいました。

57810315v1290412784_2

この勾玉の出土は、
唐津の宇木汲田(うきくんでん)遺跡
翡翠の産地は、糸魚川産だとのことです。

糸魚川といえば、新潟県。 
そこで採れた石が、徒歩か、馬?くらいしかない弥生時代に、唐津に届けられた。
これが、約、2000年前の話

って、ところがすごいし、

2000年の時を経て、こうやって当時の輝きをそのまま保っているというのも素晴らしい。

「宝石」が、宝の石であるということを体現しているようなものですね。

糸魚川産で、このクオリティー・・・

ほ、欲しい。いくら位するのだろうか・・・(ムリムリ みんなのものだ)

佐賀県立博物館の所蔵とのことで、見に行こうと思えば行ける距離ですね。

弥生時代のヒスイの勾玉

先日、吉野ケ里遺跡へ行ってまいりました。

吉野ヶ里歴史公園

勾玉つくりや、想像以上に大きかった建造物の感想はさておき、

特別企画展に出ていた翡翠が綺麗でした!

57810315v1290412784

これはすごい。

時を越えて、美しい。

色ムラはさておき、緑の濃い部分なんかは、かなり質がいい。

この石はどこでとれたのか、とか、現在どこが所有しているのかを確認し忘れたのが残念。

日本人にとっての、宝飾品のルーツと言えるかもしれませんね。

時の流れを感じさせないとってもすてきな翡翠の勾玉でした。

いつかどこかで再び出会えればと思います。

2010.11.23

買取実例 千本ノック 682 バカラ クリスタル 置物 POLLUX/ポルックス 211/500

450x6002010061100001


576x6002010061100002_3


600x4502010061100003_2

バカラのオブジェ。500個限定。
作者のサイン入りです。

ポルックスといえば、双子座のポルックス、カストルを思い浮かべる。

これは、カストルという作品もあったのだろうか・・・

それとも、単体だったのだろうか・・・

買取時にご購入時の由来を聞き忘れておりました。

質屋でも、星座の知識とか、ギリシャ神話の知識とかいるってわかっていたら、

もっともっと勉強・・・

いやいや、必要だと思ったと思った時点で勉強はするしかないのだ。

という感じで、最近の仕事外の時間は、様々な分野の勉強のおさらいの日々です。


お売りいただきありがとうございました。


バカラ 買取 >>

2010.11.21

生命を吹き込む

先日のブログで、源右衛門さんの工程の1/6がない
http://www.gen-emon.co.jp/about/process/001.html
と、書きましたが、

源右衛門さんのページにありました。

http://www.gen-emon.co.jp/about/process/001.html


粘土の塊から、手のひら、指先を通して、みるみると器が形作られていますね。
まるで、指先から生命がふきこまれているようだなと感じました。

轆轤で形作られ、削りであるべき姿を浮かび上がらせて・・・

簡単なわけがないというのは見ていてわかります。


ここに掲載されている以外にも、源右衛門さんは、石臼をひいて、呉須を作ったりいろんな事をされていらっしゃる。

源右衛門だけが、すごいのではなく、いろんな窯、いろんな作り手さんがそれぞれ、試行錯誤、研鑽、伝承、様々な背景があるわけで、そういうものがあって、目の前の品物があるんだなと・・・

2010.11.20

買取実例 千本ノック 681 ヴィヴィアンウエストウッド アーマーリング

600x4502010090900011


一度見たら、忘れられないこのデザイン・・・・

お取り扱いさせてもらうのは、確か3回目

うちで、3回もお取り扱いさせてもらうってことは、結構売れたんでしょうね~

とんがってますね~
パンクですね~

是非是非お売りください!という感じではありませんが、
この手の品は、お店によって価格はずいぶん違ってくると思いますので、
お気軽にお問い合わせください。

モノを見ないとおねだんはお伝えできません。
お電話で、「だいたいの価格を・・・」っていうお問い合わせには答えられないと思いますが・・・

お売りいただきありがとうございました。

てくのろじい

技術がどんなに進んでも、便利な道具がどんどん出てきても、

「何のために使うのか」

って思考がないと、道具が道具足りえない。


「何をしたいのか」
その
「目的のために、今の技術、道具は何を使えばいいのか」

そういう事が重要なんだなぁと・・・

あ、いや、社内のLANのお話で、

なかなか、「何が出来る」って所まで、情報が入っても

「何のために使う」「どうやって使う」

ってのは、「私」が考えないといけない。


やっぱ、そこの部分のアンテナはとっても重要なんだなぁと思った次第です。


いやー、とっても便利な環境になりました。

これからは、「何をしたい」

だけでなく、

「今の技術を使って、何が出来る」

って、ところのアンテナも立てていこうと思います。


ちょいサポさん ありがとうございました!


福岡の、中小企業の社長さんにおすすめのサービスですよ!


2010.11.18

柿右衛門様式磁器 再現作品・パネル 展示会 201年11月16日-11月21日

先日同業者の方とお話していましたら、スタッフくんと同業者さんから、
「九産大かどこかで、柿右衛門の展示をやっているらしいですよ~」
との情報。
情報ありがとうございます。


九産大と、柿右衛門・・・
なんとなく、心当たりもあったので、九産大にTEL
天神のエルガーラホールでパネルの展示会をやっているとのこと。

行ってきました、

柿右衛門様式磁器 再現作品・パネル 展示会

会場入って左の部屋は、
ズラーッと並ぶ、作品群と、絵付けなどに関するパネル展示 ボリュームが凄い。

会場右側の部屋には、ズラーッと並ぶ土型のレプリカ群

右が成形side、左が絵付けside といった感じでしょうか・・・

泉山の磁石や、赤絵やその他の色絵の材料等、絵の具作成に関する情報や、工程等
情報量に圧倒&うっとり(笑)

非常に興味深い展示でした。

柿右衛門の赤は江戸期はどこの材料を使っていたのかという部分でも、ものすごくオモシロイ展示がありました。
ご興味のある方は是非是非。

そしてそして、学生さんか教授さん?かわかりませんが、江戸期の作品の再現を目指した作品たちがずらりと並んでおり、その努力、試行錯誤の痕跡もまた感心するものが多かったです。

学ぶ環境として、非常に羨ましい。
この、学部に携わるどのくらいの学生さんが、学んだことを生かせるのか存じませんが、多くの学生さんにその扉が開かれているものであればいいなと思っております。


この研究に限ったことではないのですが、
研究機関は、知識をどんどん深めるのはいいのですが、
学生さんたちは、就職していくので、
最終的に、得た知識を使ってどうやって、価値を産み出していくのか?
という所までのつめを学べれば、いいのかな と、ふと思いました。

おいらも、長い時間かけてひとつのテーマを研究してみたいなとか・・・
その研究と商売の歯車がうまく噛み合えば、生き方としては楽しいだろうなぁと・・・

まぁ、そんなことより、
この研究に携わる皆様。
楽しい展示ありがとうございました。

サブタイトルに、
「世界的な陶芸研究拠点をめざして」
とありますが・・・

できます!あなた方なら絶対可能です!
これからも頑張ってください!


柿右衛門様式磁器 再現作品・パネル 展示会
-九州産業大学21世紀COEプログラム研究報告-
会場 エルガーラホール7階 ギャラリー1.2
午前10時~午後6時30分(21日は午後4時30分まで) 入場無料
KCAC 九州産業大学 柿右衛門様式陶芸研究センター
〒813-8503 福岡市東区松香台2丁目3番1号 23号3階
TEL 092-673-5489

2010.11.17

買取実例 千本ノック 680 聡窯 辻毅彦作 深皿 マーガレット

600x4502009031200021


絵画的手法で描かれる、辻毅彦さんの作品です。
白磁の上に、景色や、抽象的な?表現をされているものが多い印象ですが、
こういったお花のものは珍しいかも?ですね。

お売りいただきありがとうございました。

辻毅彦さんは、2004年にお亡くなりになりましたが、息子さんの辻 聡彦さんが、作陶を頑張っておられます。
聡窯 ホームページ
聡窯 ブログ http://sohyoh.sagafan.jp/

感じることと、知ること

先日、青木良太さんのマグカップを通販で購入させてもらった。(オフィシャルHPではなく、通販ショップさんから)
福岡での購入手段がよくわからなかったから・・・

物を見ずに購入ボタンを押して届いた品は、鋳込成形のもので、有田の轆轤成形の品を見慣れている自分にはちょっと慣れないものだった。
軽くて独特な風合い。
でも、慣れない。
・・・と思っていたら、こんな映像を見つけた。


釉薬を土に練りこんで、焼いているんですね。オモシロイ。
技術への試行錯誤の姿勢がまたすごい。
こうやって、作品がどのように作られているかを知るとまた違った視点で楽しめそうです。

同世代、いや自分より年下の方々が猛烈に頑張っている。
作品からもそうですが、仕事に対する姿勢からも元気をもらうことも多い。
同時代に生きる方々の作品を購入する。
それはつまり、作品を通して、その作家さんと繋がれることでもあり、
どの作家さんを評価するかといのは、つまり、自分がどのような価値観を持っているかの表現にもなるとおもう。


2010.11.15

「筆」のラインの美しさ

やらないといけないことがたくさんある中、見つけてしまった・・・

源右衛門の絵付けの工程 
何故か、1/6がなくて、 2/6~6/6

これを見て思うのは、筆の線の美しさ。

絵付けの最中に様々なスペシャリストさんが、様々な筆を使って線を書いていらっしゃる。

筆の線っていいよね。

書いている人の呼吸が伝わってくるから・・・

源右衛門 という銘もこんなに時間かけて書いているんだ~

という発見。

そうだよね、銘を書いて、源右衛門の品としての命を吹き込んでいるようなものだからね。

源右衛門の線は、きっちり精緻という感じではなく、あえて崩しているという表現はちょっとちがいますが、あえて・・・
雑にではなく、技術がないわけではなく、あえてのラインなんです。

そうは感じていましたが、この映像を見てその思いを強くしました。

源右衛門でなくとも、日本で作られた器を使うということは、その作り手と繋がるということ。

あなたはそれでも、中国製の量産品を使いますか??

あれ、話の流れが・・・

まぁ、なにはともあれ、こうやって一生懸命日本の方が作っていらっしゃるんですから、
毎日使うお茶碗位はこだわってみませんか?

あれ~?なんか売り込みが・・・

まぁ、でもすごいですよね。

YOUTUBE 源右衛門チャンネル
http://www.youtube.com/user/genemonkiln

買取実例 千本ノック 679 時計 文字盤難有/オメガ シーマスター 120m

600x4502010090200013


600x4502010090200014


ちょっと文字盤に難がありましたが、
もちろん捨てるものではありませんので、買取させてもらいました。
お売りいただきありがとうございました。

2010.11.14

買取実例 千本ノック 678 YAMAHA/ヤマハ ターンテーブル GT-2000

600x4502010090200001


1980年代の発表
20年以上前の製品でも、買取可能なものがございます。
例えば、このようなターンテーブルです。

現在、家電量販店に並んでいる品物で、20年後も買取可能なものはほとんどないのではないでしょうか?

おっとっと、話が脱線・・・

この写真のようなものは捨てるものではございませんので、お気軽にお問い合わせください。

2010.11.13

買取実例 千本ノック 675 YAMAHA/ヤマハ スピーカー NS-1000M

600x4502010090200004


ちょっと古くて、大きめのスピーカー・・・

・・・買取可能なものもございますよ~。

あまりに状態が悪いと厳しいかもしれませんが・・・
今回のお品は、経年の割にはまあまあの状態でした。

お売りいただきありがとうございました。

お電話で、幾ら位?と聞かれても、
お客様と当店で状態についての認識が違うことが多いので、
お答えできません。
実物を拝見してからの査定となります。

買取実例 千本ノック 676 バカラ ハーモニー オールドファッション グラス

600x4502010011300003


うっかりしていると、忘れてしまうこのコーナー
1000本ノックと書いた以上は、1000本まで到達したいので、書き続けます・・・

バカラのグラス
中古 箱なし

全然オッケーです。
買取可能です。

そもそも、使うものの箱をいちいち保管していませんよね。それで普通だと思います。

お売りいただきありがとうございました。


バカラ 買取 >>

2010年度内に、天草陶石を砕いて粘土を作る計画っ #2

砕くって どうやって??

金槌はあるけれど・・・

石臼がいる?

2010.11.10

2010年度内に、天草陶石を砕いて粘土を作る計画っ

こうやって、宣言しておかないと、達成できそうにもないので・・・

できるのか?

砕き始めればきっと何かが見えるはず。

ちなみに・・・
天草陶石とは、有田焼などの磁器の材料でございます。
世界に誇れる真っ白な石で、
単体で、成形ができるらしいのです。

・・・粉にして、水混ぜたら粘土ができるの??

・・・そんなヒマないんだけど・・・


そんな言い訳考えずに、やると言ったらやるっ。


いかん、楽しいこと考えずに、仕事仕事っ

2010.11.09

天草は広かった・・・ その2

天草に行く

磁器は、

天草太陶磁器展に合わせる。

という、位しか下調べができず・・・

観光協会?さんに、電話して、天草陶石の採掘現場を見たい

という、問い合わせに、対し

業者さんを紹介してもらったものの、かなり難しいことが判明。

特に、今回の旅行は、家族旅行も混ぜたので、自分本位ですべてのプランを立てるわけにもいかず・・・

とりあえず、天草に行っちゃえ。

陶石が採れるところの近くに行ければそれでいいや

位の感覚で行ってまいりました。


---------------
現場を見てみたいという、希望は無理に実現しようとしなくてよかった。
ということは、帰宅後判明。
有田の しん窯 さん2008年6月14日 のブログに詳しく載っています。
現場はあくまでお仕事の場所で、気軽に覗ける場所ではないですね。
安易な気持ちで伺うのは失礼にあたりますね。
無理な行動を起こさなくてよかったと思いました。

http://shingama.com/hpgen/HPB/entries/400.html

しかし、天草陶石も簡単に採掘できるものではないんですね。勉強になります。


こちらもかなり内容が充実しています。
鉄道ホビダスさんブログ
天草のガソリン軌道跡を探る。(上)
天草のガソリン軌道跡を探る。(中)
天草のガソリン軌道跡を探る。(下)

天草に行かなければ、多分このページには辿りつかなかったと思うので、
このページを知ることができたのもある意味かなりの成果です。
素晴らしい報告をされているお二方に感謝です。
---------------

・・・・到着してみてわかったことは。
天草は広い。
冷静に考えてみると、地図で見りゃわかるのですが、いろんなところを回れると思っていたのが、
到着後、プランの練り直し・・・


幸運にも、とある海岸に天草陶石と思われる石がコロコロと転がっている場所を発見。

おそらく、陶石を船に載せるときに海に落ちたものだと思う。

いくら柔らかいと言っても、すぐに丸くなるわけではなだろうから、ある程度の年月は経っているはず。

この地域の、特性と、歴史を感じることができるポイントかなと思います。(半分は、僕の勝手な想像ですが・・・)

その他いろいろあったけど、
今後の課題として・・・
天草陶石を粉にして粘土を作ってみたい。

もう一度、プランを練りなおして、何年後かに天草の地に行ってみたい。

良質の泉山陶石の原石を手に入れて、比べてみたい・・・

つづくかも・・・

天草は広かった・・・ その1

現代の有田焼の材料は、大抵天草陶石を使っています。

理由は・・・
有田の泉山陶石はほぼ採掘しつくして、採れないことはないですが、鉄分が多く、歩留まりが悪い。
天草陶石は、鉄分などが少なく、白く、使いやすい。

ってところでしょうか??

今の今となっては、柿右衛門さんの泉山陶石を使用した作品や、復刻 精磁会社 鹿鳴館の器復刻プロジェクトの作品で泉山陶石を使用しり、泉山の石を使っていることを付加価値としている場合も増えてきていますが・・・

それはさておき、

白磁の人間国宝、井上萬二さんだって、佐賀県重要無形文化財の中村清六さんだって、天草の陶石を使っている。

材料がいいんです。白く、美しい白磁にしようと思ったら、天草陶石は欠かせない。

でも、そんな、世界に誇れる材料なのに、

「天草陶石をつかっています!!」

という、紹介をされることは少ない・・・


・・・でも、やっぱり「日本の磁器を支えている天草陶石ってすごいよね」という思いがふつふつと・・・

天草陶石リスペクトプロジェクト

天草陶石の産地、天草へ行く という、本年度の目標を達成するために?
天草へ行ってまいりました。

つづく・・・

2010.11.05

価値観の変化

先日、知り合いが給油していた。
彼の職業も変わっているんだが、

その、給油していた車にびっくり!!!


101103_144835

す、すげぇ・・・
かっこいい・・・
うらやましぃ・・・
笑える・・・

なんと5万円くらいで購入とのこと
・・・!、意外に高くない。


ヤフオクで、2万円でゲットしました。
送料に3万円かかっちゃいました
ははははは~


そういう、オプション話も含めてオモシロイ。

いや~、これ乗っているとみんな見るから恥ずかしくって・・・

と言いながら、彼はノーヘルで去っていった。

101103_144938

人と違うことが価値。
トレンドからスタイル。
多様性のあるいい時代になってきたとも言えるかもね。

久しぶりに、路上で大笑いした気がする。
楽しい時間をありがとう~

2010.11.04

制約と創造

ぐい呑に呼ばれてきました。
http://www.hizenya.me/2010/11/2010113-119-081.html

今回、様々な作家さんのぐい呑をズラーっと見て思ったことは
ぐい呑 という手のひらサイズのお酒を入れる容器
作家の展示ということでなんらかの作家らしさが求められている

という制約は作家さんたちにはどう受け止められているのかなぁということ。

日々のお仕事通りのかたもいらっしゃるだろうし
自分らしさを出して認知されたいという方もいらっしゃるとおもう。

大変な積み重ねの結果がぐい呑という形になって目の前にズラーっと並んでいるわけですが、

それを見に来た人は、
あ、この人は有名な人だ
とか、
これ安い
とか、
ぐい呑って小さいのになんでこんなに高いの?
とか、
これ、なんか気になる

みたいな感じで、造り手さんの考えていることとは、ぜんぜん違う視点であることが多いように思う。

何が書きたいのかもはや分からなくなってきたけど続けます。


・・・でも、作家さんのものは、繰り返し繰り返し見ていくと、作風の変化や、新たな試み みたいなものに気づく時があります。
それが、結構楽しいなぁと・・・

うまく言えないですね。
我々が仕事で悩むように、作家さんも悩んでいる、試行錯誤を繰り返している
それを昔の人の作品であれば一度に見れるけれども、
現代を生きる作家さんの作品は、新たに作品が出てくるのを待つしかない。
特定の作家さんを定点観測的に追いかけることで、如実にその作品の変化を見ることができる。


それが、楽しいなぁと・・・
試行錯誤の痕跡を見ると、俺もガンバロウって、仕事への活力になるなぁと・・・

簡単に手に入れることができない、次の作品が出てくるまで待つしかない。

ライブ感というか、同時代性というか・・・

待って待って、いざ目の前に現れたときに、
安いものではないので、手当たりしだい買うわけにもいかず、結構吟味が必要になる。

コレとコレとコレ欲しいんだけどなぁ・・・
と思いながら、どこかで我慢しないといけない。

その我慢の部分が結構快感で、我慢できた分、購入できるときの喜びは増すと思う。
楽しむポイントは、吟味と我慢 かもしれない。

きっとそうだ。

そんなこんなで、自分なりにぐい呑コレクションの楽しみかたを見つけれたような気がします。


----
軽くて、すごく良かったですよ。
「ぐい呑」という形を固定観念的に捉えている作品がほとんどの中で、
ぐい呑ってどんな形がいいのだろう
というところのいい意味での試行錯誤を感じることが出来ました。
全体の中でも光っていました。

欲をいえば、もうちょっと大きい方がいいです。
茶碗じゃ大きすぎるんですが・・・
あと、ほんの少し大きめで・・・

----

重すぎず、アシンメトリーで、口縁が薄くちょっとカーブしているような・・・
そういうものが好みかもしれない・・・ 

2010.11.02

ぐい呑がオイラを待っている。@博多大丸 2010 11/3-11/9

超多忙な合間をぬって、つぶやき開始。
スタッフ2人体制で少しはこの手のブログも書けそうな気配が・・・
(ホントハコナサナイトイケナイコトガヤマモリナンデスガ・・・)

第7回 日本工芸会西部支部陶芸部会
酒器と一輪差展
美酒遊々

11月3日(金)-9日(火)
会場 博多大丸 本館6階 アートギャラリー


・・・・ほんとのところは、私お酒飲まないんですが、ぐい呑好きなんですよね。
ぐい呑コレクターというほどではないですが・・・

コーヒーや、エスプレッソをぐい呑で飲む。
これ、おすすめです。

ぐい呑達がおいらを待っている・・・
早めに会場行きたいところですが、スケジュールがそれを許さない・・・


101102_170943


新作?! せ、青白磁ですか?? 楽しみにしています。

ピッコロ・・・

ドラゴンボールの話ではなく、楽器の話でもなく・・・


深川製磁のヒットシリーズ、アルテ・ウァンを小さくした、TEWAZA 手わざ アルテ・ウァン ピッコロの発表・・・


http://www.fukagawa-seiji.co.jp/info/10.09.10-1.php


ホームページには、全7種とあるけれど、まぁ、これで終わるはずはない・・・

アルテ・ウァンもかわいいが、ピッコロは、コレクター心をくすぐられる・・・

何気にポットも超かわいい。

い、いかん。
これは、見てしまうと欲しくなるパターンかも・・・
アルテ・ウァン以上にヒットしそうな雰囲気漂っていますね。

全国宝石学協会さん ありがとうございました。

全国宝石学協会さんが、2010年10月29日事業を停止しました。

色石の鑑別で、非常に高い技術をもっていただけに、とても残念です。

ダイヤの問題の時に、全宝協の色石の鑑別能力はすごいんだぞ ってことが浮き彫りになってくれればいいなと思っていただけに残念。

賞賛される資格のある業者さんが、こういう形でその事業を終えることになった事は、関係者の方々は非常に悔しい思いをされていただろうなと思います。

マスコミに叩かれたときでも、全宝協はすごいんだぞ って、もっともっと書いておけばよかったと思ってももう遅い。

逆風を突き進むことを恐れた、自分の心のブレや、自分の信念の弱さも感じました。

全国宝石学協会さんの鑑別に助けられることも多かったので本当に残念です。

いままで、ありがとうございました!

〇〇先生、これを読んだらお気軽にご連絡ください。

買取実例 千本ノック 675 マイセン フルーツシリーズ レリーフプレート

600x4502010061200001


マイセンのプレートです。
若干の金彩のはげなどもございますが、
もちろん買い取り可能です。

使用感のある洋食器でも、買い取り可能なものは多いです。
他店で断られても、あきらめず気軽にお問い合わせください。
(もちろん、金額がつかない場合もございますが・・・)
次のユーザー様へ大事にお届け致します。

お売りいただきありがとうございました。

2010.11.01

買取実例 千本ノック 674 パナソニック デジタルディスクレコーダー WJ-HD350

600x4502010061400004


新品のノートパソコンであれば、買取される業者さんも多数いらっしゃると思いますので、
わざわざうちに、ということもないのですが、
こういうちょっと変わった筋のものであれば、もしかしたら当店の出番かもしれません。

静岡の方からの宅配便買取で、買取させていただいたお品です。
関東、関西ではなく、九州の路地裏質屋を選んでいただいたことに感謝いたします。

うちは、家電ならどこよりも高いと鼻息荒くという感じではなく、取り扱わない店が多くてお困りのようでしたら、気軽にご相談ください。といった感じでしょうか・・・・

お売りいただきありがとうございました。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

広告


フォト

TEL:092-651-2197

当店連絡先(予約制)