« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011.01.31

どのような人がつかっていたのか その9 この指輪の所有者が判明・・・

ここまで、偉そうに刺のある言葉で、宝石に念みたいなものはない

と書いてきましたが・・・

感じるものは仕方ないですよね。

なんか、嫌な感じがする・・・

的なものを持ちたくないし、身につけたくない。

じつは、その気持もわかります。

何か、悪いことが起きたときに、あの指輪のせいかもしれない

と思ってしまう気持ちも、

僕が否定するものではないことなのかもしれません。


結局のところ、僕にはそのへんのことはよくわからない。

美しいと思える物、いいなと思える物

それを探し出して、紹介していく・・・

そのことに、ご理解をいただいている方々いらっしゃるのだから、
その方々のために、コツコツやっていこうかと・・・

買い取ったものを全部紹介しているわけではなく、
売れるか売れないかが判断基準ではなく・・・
自分の感性にあったものを探し出していく、それを紹介していく
ただ、それだけのことなのかなと・・・

たまに考えるのですが、自分がフィルターみたいなもので、
その、フィルターを通ってきた品々
と考えると説明がつくのかなと・・・


ギャラリーに載っている品々の直前の所有者は渕上清志で、別の名を渕上コレクション。(ホントハカイシャノモノデスガ、ソコハスルーシテクダサイ)
どの品も、渕上が苦労して長い月日をかけて探し出したもの、どれも、とっても気に入っていた。
ってことになるんですかね?

そう考えれば、楽しいね。

うん、そういうことにしとこう。

渕上コレクション?そんな名前つけるな!
ですか・・・

す、すみません。調子のっていました・・・

2011.01.30

どのような人が使っていたのか その8? 美術品はすべて中古

近代絵画の歴史の中でも重要なポジションに位置する
印象派の巨匠 モネ

自然をテーマに、見えるものをそのまま描いてなにが悪い!
というスタンスで絵を書き続けた画家。

日本人は、このモネの絵を大好きな人多いのではないでしょうか?

グーグルの画像検索で「モネ」を検索・・・

http://www.google.co.jp/images?q=%E3%83%A2%E3%83%8D&um=1&ie=UTF-8&source=og&sa=N&hl=ja&tab=wi&biw=1024&bih=653


パソコンのモニターを通しても、こころが洗われるような美しさですよね。

王侯貴族の権威を示すための絵画が当然の時代、見えるままを描くモネの絵を批判する人は多かったそうです。
いまでは、コレこそが美術 的になっていますが・・・

という話はさておき・・・・

これ、全部中古です。
誰かの所有物だったものです。

モネの絵もいきなり、評価が高かったわけではなく、
いきなり美術館に収めるようなものではなく、
誰かの手を点々と渡り歩いて、博物館に所蔵されていく・・・
多くの品はそのような道をたどってきたと思います。
晩年のモノは別だったかもしれませんが・・・・

まぁ、ともかく・・・
絵から伝わってくるのは、美しい自然、と、モネの感性 ですよね・・・

・・・で、質問。

この絵を見て、前のユーザーを気にする人はいるのだろうかと・・・・


中古の指輪で、まえの使用者の怨念が残っていると信じる人は、
この絵にも、同じような事を感じるのだろうかということ。


僕は、この絵画が誰の所有物であったか、何故手放すことになったかが気になるよりは、
自分が絵を気に入るかどうかが重要です。
モネなら何でもいいというわけではなく、できれば睡蓮が欲しい・・・
誰の手にも渡っていない「積藁」
いろんな人の元を点々としてきた「睡蓮」
どちらがいい?
と聞かれたら、迷わず後者を選ぶと思います。

モネの絵が手に入るなら、僕はきっと有頂天になる。
前のユーザーなんか気にしない。

その感覚は変なのでしょうか???????


中古の宝石は気持ち悪いという人が多い。
モネの絵と、中古の指輪 本質を突き詰めるとなにが違うの?
という話になる。
モネは社会的に認められているから、中古でも評価されるべき。
中古の指輪は一般的にイメージ悪いから良くない。
そういう事?

目の前にあるものが、美しいかどうか
判断するのは、他人ではなく、本人しか出来ないこと。
他人の意見ではなく、美しいかどうか判別する力、その人の感性が重要なんだろうと思う。

宝石と、絵画は違う?
そ、そうですか・・・
もう一回考えなおしてみます。

2011.01.28

どんな人が使っていたのか  ・・・とその前に、どんな人が売り買いしているのか

数日前、素晴らしいブレスレットを発見。
その時、こんなことを考えた。
http://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=129163940484237&id=185236674830084

そして・・・
前日まで切れていなかったブレスレットが、そして当日切れていたという報告が・・・。
宝石に、怨念があると思う人はそこで引くだろう。
なにか不吉だ。何かの予兆だから扱わないほうがいいと・・・・
おいらはそんな考え方はしない。

これは、僕が前から扱いたいと思っていた品。
僕にはコレを扱う資格があるはず。
と思っていたけど、それが本当かどうかそれを問われている。

なんてことない品物だったら、直しの工賃分を下げて査定しないといけないけれど、
コレは、僕にとっては非常に意味のある品物。
なんとしても扱いたい。

・・・だから、最初の評価通りに強気で買おう。
と、考える。

Caxudq5z

まぁ、ぶっちゃけ、プラチナという金属が折れただけなんですが、
僕の脳内では上のようなことを考えて仕入れております。


ネガティブな事を考えだせばキリがない。
僕の仕事、僕の趣味は宝石に影響を受けることではない。
むしろその逆で、光を失いかけている宝石たちに光を当てて、再生させること。
宝石、宝飾品の持つ本来の美しさを、煽ったりせず、的確に伝えること。
なんです。

今は鼻くそみたいなものだけど、結果はあとから付いてくると思っています。(ガンバレ俺)


影はいろんなところに忍び寄るけれども、自分自身が光っていれば影に染まることはない。
簡単なことなんです。自分自身が光る強さを本人が持っていれば、影が忍び寄ったり、影に染まったりしないんです。
そんな考えで宝石探しをしています。


まぁ、でもうれしい。
やっほーい!

そのような人が使っていたのか その6 宝石の輝きに照らされるのではなく・・・

宝石の輝きに照らされることがその人の満足に繋がるのではなく

その逆

「この品物、この石 は素晴らしい」 と、自分の判断で評価できる人が、その品や、宝石を持つことが満足につながるのだと思います。


2011.01.26

スパムか、潰しか、宝石か・・・

http://www.facebook.com/pages/zhao-hejueri-Japanese-60s-70s-jewelry/185236674830084?v=wall

実験的に、マイスペースじゃなかった、フェイスブックで試していますが、

脳裏に浮かんでは消えていく宝飾のつぶやきとか、
スクラップ(潰し)にするか迷ってしまうようなものとか、
そんなモノに関するものを書きためて、撮りためています。
クオリティー無視。
この情報を必要とする人は殆どいないと思うけど、
やっぱり、残したいものはあるんだ!!!

というわけで、膨大な不要な情報の中からキラリと光るものを探し出す、
掘り師に挑戦してみたい方は、ダメもとで御覧ください。
変な情報てんこ盛りです。

おいらはどこへ向かってゆくのか・・・


この企画、すぐ没になる可能性95%ですので、期待しないように!!


2011.01.25

買取実例 千本ノック 714 五代佐藤走波作 染錦辻ヶ花文桂林山水 小判皿

600x4502010102900052


600x4502010102900053

独特な世界観で、ファンの多い佐藤走破さん。
五代佐藤走破さんのお品。
このゆるさがいいですね。
結構晩年のお品かな?と思ったりもしますが、実際のところはわかりません。

お売りいただきありがとうございました。

買取実例 千本ノック 713 中古 ツアーステージ X-WEDGE 50°/58°N.S.PRO950GH

600x4502010101300010

ゴルフクラブ、アイアンセット、パター
査定いたします。

お売りいただきありがとうございました。

祝:ジェムリサーチジャパンさん開業!

全国宝石学協会さんがなくなり、色石の詳しい鑑別どうしようと頭悩ませていましたが・・・。

本日、元全宝協福岡支店で、個人的にもダイヤや、宝石の先生としてとてもお世話になっていた方が来店。

元全宝協のスタッフが中心になって、2011年1月11日に大阪であらたに鑑別機関を立ち上げられたとのこと・・

全宝協の鑑別の機材も引き継いで、同レベルの鑑別、鑑定ができますとのこと・・・

皆さんや、あの機材はどうなるのか?

と心配しておりましたが、概ね落ち着いた感じで安心しました。

ご来店ありがとうございました。久しぶりにお会いできて嬉しかったです!

新たな門出応援してます!!


164764_185483384805413_185236674830

ジェムリサーチジャパン株式会社
〒542-0083
大阪府大阪市中央区東心斎橋1丁目3番10号長堀堂ビル5階
TEL:06-6252-1222 / FAX:06-6252-1223

ホームページは月末に立ち上がるそうです。



日本産の美しい物 -アコヤ真珠- について・・・

真珠のネックレスの買い取りに対するお返事をそのまま掲載・・・

書きながら気付いたのですが、アコヤ真珠、つまり、アコヤ養殖真珠は、
日本産の美しい物 なんです!


------------------------------

ご丁寧なお問い合わせのメール誠にありがとうございます。
ブログ、お褒めいただきありがとうございます。

さて、真珠のネックレスの買い取りの件ですが、
結論から申しますと、現在アコヤ真珠の相場が淡水真珠に押されて、
全然高くありません。
画像で拝見するには、巻きも結構ある、きれいな真珠のように見えます。

それでも、
3000円以下という可能性は高いです。

相場が低いからと言って、お持ちの真珠が美しくないというわけではありませんので、
出来れば、お持ちいただくことをおすすめいたします。

日本のアコヤ真珠の美しさは、養殖ではあるにしても、真珠の中でも美しいものだと想います。
今、採れているアコヤ真珠は、効率重視で核が大きく、巻きが薄く、調色されているあまりきれいでないものが多いです。
現在、価格競争に巻き込まれたり、効率化や、赤変病という貝の病気でなかなかいいものがとれなくなるということも原因かもしれません。

お持ちのネックレスは、
「日本産の美しい物」 ですので、決して粗末にするようなものではありません。
処分されたいとおっしゃるのでしたら、それもアリだと思います。
次のユーザーさんを当店が探します。


2011.01.24

フェイスブック テスト

フェイスブックに登録したのは、ずいぶん前でしたが、
取っ付きにくさに放置。

でも、最近急にフェイスブックの話を耳にするので、やっぱり気になる。

mixiさえ最近はあまり使っていないのに、やる意味あるのか?

と、思ったけれど、

フェイスブックがSNSのインフラとして定着する可能性があるならば、触ってみようかと・・・

今のところ、繋がることを目的としているのではなく、
情報発信としての道具として使えるかの実験中。

頭よくないので、使ってみて理解するタイプです。




・・・いまいちよーわからん。。。

2011.01.23

買取実例 千本ノック 712 中古 ツアーステージ V8000 アイアン8本 レディース

600x4502010102200001_2

600x4482010102200002


ゴルフクラブ。
レディースの買い取りはあまりないんですよね。
プレーヤーも男性に対して少ないからかな・・・
どんどん買い換えるというような、方も少ないでしょうしね。

お気軽にご相談下さい。
お売りいただきありがとうございました。

貴金属、地金は売らずにもっておきましょう。

最近、地金の訪問買取業者さんが回っていらっしゃるという、おはなしをチラホラ聞きます。

相場より、かなりの安さらしいというおはなしも・・・

その流れで、質屋を利用してください!

という、話の流れにはなるのですが、

おいらは、金は本当にお金が必要になったときに生きるものだと思うので、

貴金属、地金は売らずにもっておいてください!

と、言いたいです。


下がってもがっかりせず、上がっても売ってしまわず、もっておく。

本当に、ピンチで、現金が必要になったときのために取っておく。

ピンチが来なかった?

いいじゃないですか、素敵な人生です。


寿命が来て、天国までは金は持っていけませんが、
残った人たちのために何かを残せるということもいいことだと思いますよ。

貴金属の買い取りでご来店された方に説得するほどの信念は持ちあわせておりませんが、
頭の隅にでも、こういう考え方あるんだ
と思っていただければ嬉しいです。

2011.01.22

買取実例 千本ノック 711 FURSTENBRG 食器セット

600x4502010080300004


600x4502010080300005


600x4502010080300006_2

この、レトロな感じいいですよね。
昭和レトロと言いたいところですが、
FURSTENBRGのお品。
西ドイツ製とありますので、ベルリンの壁崩壊以前のもの。
つまり、22年以上前のお品です。
量の力といいますか、これだけ数があると迫力もありますね。
それがまたいいです。

お売りいただきありがとうございました。

買取実例 千本ノック 710 シルク・ドゥ・ソレイユ コルテオ 日本公演記念DVD

600x4502010101100001


まぁ、こういったものも買い取り致します。
ダメもとで、お気軽にご相談下さい。

見てみないとわからない物が多く、お電話で幾ら位です。
とお答えできないものも多いです。

お売りいただきありがとうございました。

2011.01.21

買取実例 千本ノック 710 御神輿太鼓 宮本卯之助商店 平釣太鼓

600x4502010101100004


サイヤ人ではないけれど、
「えぇ~、いくら踏んだらいいかわかんないよ!」
って品物を査定する機会に遭遇するとワクワクします。

逆に、地金のように、秤と電卓で査定するものには・・・
ワクワク感をなかなか感じないとです。
こういう感じの貴金属、宝石類ならワクワクしますが・・・

わくわくするために仕事しとるんやないやろ!って声が聞こえてきそうですが・・・


でも

でも・・・

ワクワクしたいのです。

僕をワクワクさせてください!

お売りいただきありがとうございました。

中古観 安さではなく・・・

なかなか、感度の高いページ
OPENERS
http://openers.jp/

久しぶりに訪れてみたら・・・

「あなたの時計見せてください」

というコーナーが・・・
http://openers.jp/watch/wspecial/my_own_watch_archive.html?num=1

恥ずかしながら、DJ松浦さん以外はよく存じない方々なのですが・・・

松浦さんも、人から譲り受けたオメガのスピードマスターを愛用し、
今は、60年代のオメガのダイバーウォッチを探しているそうな・・・

(!ここで、該当商品を探し出し、寄贈すれば!!いい宣伝効果に・・・と考えてしまう商売ごころは押し殺し・・・)

中古の時計に対するイメージがへぇ~、といいますか、
仕方なく中古で・・・、ではなく、「中古がいい」
といった感じも見受けられます。

!そもそも、DJというのは、中古のレコードを掘り出してくる方が多いので、
僕らよりも、むしろ筋金入りに趣味、仕事に中古がどっぷり関わっている方々かもしれないと思った。

人々が様々な理由で、売却したレコードの中から、自分の感覚を頼りに、掘り出して、再び光をあてる、新たな価値を見出す。


・・・DJのお仕事って、やっぱり素晴らしい!

消費消費、使い捨て ではないんですよね。うん。

中古にどっぷり使っているDJがおしゃれならば、中古にどっぷり使っている質屋もおしゃれという強引な理屈は・・・
とおりませんね。
ハイ。わかっております。


人からどう思われようと関係ない。
自分の感覚を頼りに、「中古観」を掘り進んでいくのだ。渕上清志!

どのような人がつかっていたのか その4 私は質屋です

どのような人がつかっていたのか。ということに関して、考えていますが、そこにつきまとう違和感が拭えません。

考え方、何かが、根本的に違う・・・

つまり、以前のユーザーが気になるということは、

Aという宝石があったとして・・・

前のユーザーによって価値が変わってくるのか?という話になってくる。

気持ちはわからないではない。

好きな芸能人が身につけていた物であれば、そこに価値を見出す人がいるかもしれない。

でも、それは、宝石の価値ではなく、別の部分に価値を見いだしているという点。

そこに、違和感を感じます。

同じクオリティーでも、名家からでた品は価値があり、そうではない方からのものは価値が下がる。・・・そんなことはあってはいけないんだと思う。


つまり、僕のベースといいますか、私は、質屋であるということ。

売ることがメインの仕事ではなく、査定することが本業なんです。


査定の業務を行っていて、感じているといいますか、身にしみているといいますか・・・、思うことは・・・
宝石には様々な嘘がまとわりついていることが多いんです。鑑別書が嘘付いていたり、石が嘘付いていたり(実際は、石が嘘を付いているのではなく、人間が無理やり色変えたり、合成石をはめたり・・・)、地金素材が嘘付いていたり、ネットで言うと、画像が嘘付いていたり・・・
「モノ」そのものではなく、周囲の情報に流されちゃうと痛い目に会います。ホントに・・・

もし、以前のユーザーによって、品物の価値が変わるのであれば、これは名家のから出たものです、とか、これは芸能人〇〇さんが身につけていたものです、とか、しまいには、宮家からのとか、王族からの・・・ みたいなものが増えてくるでしょう。
そうなると、モノを見ずに、周りの情報ばかりに翻弄されてしまいます。

やっぱり、私にとっての基本は「モノ」。「目の前にある品物」としっかり対峙することなんだと思います。


スケールがものすごく変わってしまいますが、スミソニアン博物館にホープダイヤモンドというダイヤモンドがあります。
このブログで、「どういう人がつかっていたのか」 という事を考えていて、思い出したのですが、
本来は、ナチュラルの大きなブルーダイヤモンドであることを賞賛されないといけないのが、
変な逸話ばかり注目されています。石がかわいそうですよね。
出典はどこか忘れてしまいましたが、最初にあの石に逸話を付けて販売したのが何代目かのカルティエ。(間違っていたらご指摘ください。)
そして、時が経ち、ハリー・ウィンストンがリカットして、スミソニアン博物館に寄贈。
ハリー・ウィンストンは、石の怨念とか周囲の情報に左右されず、石そのものを見ぬいていたからこそ、リカットできたのだと僕は睨んでいます。

2011.01.20

買取実例 千本ノック 709 ロイヤルコペンハーゲン フローラダニカ プレート キンポウゲ科

600x4502010072200007


600x4502010072200008


600x4502010072200009


ロイヤルコペンハーゲン フローラダニカ
ラヌンクルス・グラキアリス / Ranunculus glacialis
キンポウゲ科の植物です。

エカテリーナ2世への献上品として企画されたんだそうです。

江戸時代の鍋島もそうですが、献上品の放つものはすごいですね。
え?そんな事までやるの?
という感じで・・・
売ることが目的ではなく、喜んでもらうことが目的に作られている根本的な発想から、出来上がってくるものが違うんでしょうね。

で、なにがすごいかって言いますと、
このフローラダニカ、当時の図鑑にのっている植物を全部載せようと企画されたものなんだそうです。
つまり・・・1800種類の製品を作ることを目指したと・・・
(細かい部分の間違いあったらごめんなさい)

イッてますね。振りきってますね。
無茶にもほどというものがあります。
好きです、その発想。

で、結局エカテリーナ2世の他界で、その企画も終わっちゃったらしいのですが・・・
まぁ、でもすごいですよね。
1790年に製造が開始されたらしいのですが、220年も前のお話。
いったいどのくらい作られたのでしょう??

でも、このデザインはすごくいいですよね。
たまには、妙な植物もありますが・・・
でも、それも含めてこのシリーズは好きですね。


どうでも、いい余談なのですが、
エカテリーナ2世
彼女の私生活がすごい。
昔の王族たちの逸話はなんでもスケールが大きいですね。


お売りいただきありがとうございました。

ロイヤルコペンハーゲン 食器類 買取り致します。

2011.01.19

買取実例 千本ノック 708 ウェッジウッド ユーランダー 紅茶碗皿

600x4502010060300004


600x4502010060300005


600x4502010060300006


紅茶の国の紅茶碗皿
この柄は、あまり取り扱った記憶がないような・・・

なんでも、1903年にホワイトハウス用に発注されたデザインをもとに作られたそうです。
なんと、100年以上前。
オリジナル品を見てみたい・・・

お売りいただき、ありがとうございました。

どのような人が使っていたのか その3 宝石に宿る怨念

・・・そのようなものはない。

と思っています。

以上。


ってわけにはいかない。掘り下げるんだった。ガンバレ。


中古の宝石はなんか気持ち悪い。
宝石は、新品でないと・・・

という方へ問いたい。

宝石は、消耗品なのでしょうか?
どんどん掘っても無限に出てくるものなのでしょうか?

宝石を使い捨て感覚で捉えているその心は地球に対してピュアなのだろうかと・・・

・・・煽ってごめんなさい。
どういう人が使っていたかを考えるんでしたね。

そりゃ、多種多様です。

強引に解釈すると、直前の所有者は、うちの品で言うと、肥前屋質店が所有していた となる・・・
強引すぎますね。

どういう人が使っていたのか が気になる理由の本質は・・・
「宝石に、何らかの影響を受けるのではないか」
という、不安から来るのでしょうか・・・

祖母、母、ともに、中古のジュエリーに親しんでいるのを見て育った私は、そのへんの感覚がわからないのです。

「影響を受けるかもしれない」
という、感覚には違和感があります。

その品物を評価した人が手にするのです。
逆なんですよね。

宝石に何かしてもらう、何か影響を受ける というのではなく、
選び出して、決断して、所有する のです。
逆なんです。

受身な行動ではなく、積極的な行動なんですよね。
誰にも強制されるものではないのです。


中古の製品には、他の誰かの手に渡るかもしれない、潰されて材料になってしまうかもしれない、他の業者さんに渡ってしまうかもしれない、いろんな可能性があります。
そこで、「コレが欲しい!」と思った方が、その品を手にしているのです。
要は、本人の意識次第だと思います。

・・・どうしても、タイトルから話が外れていく・・・

うまくまとめられませんが、このへんで・・・

2011.01.18

買取実例 千本ノック 707 中古 深川製磁 アルテ・ウァン 黒 SUMI?

600x4502010100100006


深川製磁 アルテ・ウァン
このシリーズの中古も入るようになったのか~
としみじみ・・・

僕の記憶があやふやですが、このアルテウァンの黒

深川のSUMI
http://www.fukagawa-seiji.co.jp/info/08.08.28-1.php

と同じ物でしたっけ??
あらら、記憶が・・・

なんとドイツ製の釉薬。
そ、それはこのアルテ・うァンの釉薬だったっけ??

チャイナオンザパークの工場でどんどん、プシュー、プシューとスプレーの音が響いていたので、
このアルテ・うァンだったか・・・

混乱してすみません。
記憶に間違いがなければ、これはドイツ製の釉薬です。
ドイツっていうだけで、なんだか硬派でカッコイイ気が・・・
違ったらごめんなさい・・・・

お売りいただきありがとうございました。

買取実例 千本ノック 706 翡翠 テーパー&メレダイヤモンド リング

110118_115634_2


110118_123459_2


110118_123231_2

買い取りといいますか、業者間の取引の場で買い付けてきたものです。
デザイン古くて売りにくそうだし、ワックス加工されてそうですが、
最近の中ではなかなかのヒット。
ロウカンだ~と大騒ぎするほどのものではないです。
ロウカンの定義は何ってところもありますが、ロウカンではないです。
僕の実力はこの程度。

売れても、売れなくてもいいんです。
好きなんですから・・・
こういう在庫はたくさんあっても、心がハッピーになります。

とあるお方→県外の質屋さん→業者間の取引の場→私 というルートで今ここにありますが、
関わる全てのお方に感謝です。

このリングは、僕の手を通ることになっていた。
そんな思い込みも必要です(笑)

単に、僕の脳がそう考えているだけで、実際はたまたまなんでしょうけど、
これは、僕の手を通るべき物 なんて思い込みが最近強くなってきました。
こういう品は、ほとんどの方にとっては単なるリングなのですが、僕にとってはスペシャルな一品。

どうでもいいですね。こんな話。
このリングに携わるすべての方にありがとうございます。


どういう人が使っていたのか その二 当たり前、当たり前でない

そもそも、自分は古いジュエリーが好きなのか?
と、問うて見ると、新しいものも、古いものも好きなものはあるし、そうではないものもある。
年間、数万点のジュエリーを見ていて思う事は、古いものの方が材料がいいものが多い。
メレダイヤモンド一つにしても、ふるいもののほうが良質なものを使っている場合が多い。
なんでも、古ければ良いかというとそうではなく、全く興味を引かないものも多い。

おっとっと、作り手の話ではなく、「どういう人がつかっていたのか」の話だった。

どういう人か・・・。それは、人それぞれ・・・

・・・これじゃいけない。

・・・・例えば・・・、僕が、昭和ジュエリーと名付けているようなものの場合・・・
ほとんどがハンドメイドです。
つまり、職人さんが手で作ったものです。

キャスト、といって型に地金を流しこんで量産する、鋳造のものとは違います。
職人さんがとんとん地金を叩いて、形成したり、曲げたり、ノコで切り抜いて透かしたり、ミル打ちを一打一打打ったり、タガネでコンコンしたりして作るのです。

それが、いい、悪いの話ではなく、それが当たり前だった時代のものが多いです。
ハンドメイドで当たり前、メレダイヤはきれいで当たり前・・・・
でも、皆がジュエリーを持っていたというわけではなく、そこまでジュエリーを持っていることが当たり前ではなかった時代・・・。
そんな時代にジュエリーをオーダーし、所有することができた人・・・
強いて言うならば、昭和のジュエリーに関してはそういうかたが使っていたとも言えますね。

そして、時が経ち、
ハンドメイドが当たり前でなくなり、メレダイヤが綺麗なのが当たり前でなくなり、
皆がジュエリーを持つのが当たり前な時代へ・・・
量産品が当たり前の時代、とりあえずの品質が当たり前の時代に・・・・
ちょっと割高感を感じるような、ハンドメイドのジュエリーや、良質の石を使った製品を手にしていた方々・・・

無理やり想像を巡らせるとそういうことも考えつかないこともないですが、重要な部分はそういうところではなく・・・

ただ、やっぱり、「どういう人が使っていたのか」という部分を掘り下げているので、頑張ってみよう。

いつの時代だって、作り手、売り手から、プレゼントなのか、ご自身で買われたのかは存じませんが、持ち主の手に渡った瞬間には、大きな喜びがなかったはずはないと思っています。
僕が自分が集めてきた品々を見て、前のユーザーのことを想像するときには、やはりこの喜びの瞬間をイメージしてしまいます。

すくなくとも、この写真群を見ても、うらめしさや、マイナスのパワーとか、そんなモノは感じない。
いい写真をとってくれるスタッフ君の力も大きいですが、喜びに満ち溢れている。
完全な自己満足・・・
自画自賛でゴメンナサイ。そんな、脳内お花畑な人間なんです。僕は・・・


多分、皆さんが気になるのは、その後のこと。
何か、念みたいなものが宝石にあるのではないかということ・・・・
その部分も、今度考えてみようと思います。


うーん、頭が回らない。
今日はこの辺で・・・

2011.01.17

買取実例 千本ノック 705 ミントン ハドンホールセレブレーション プレート 3枚

600x4502010100800004


近代ミントンの定番柄
ハドンホールの柄は、1948年
デザイナー ジョン・ワズワースによって生み出されたそうです。
この、ハドンホールセレブレイションというシリーズは、
ハドンホールを生み出した ジョン・ワズワースの没後50周年を記念して発表されたシリーズなんですが、

このセレブレイションというシリーズがなければあの定番柄を誰が考えたかなど、気にもとめませんでした。
柄の柄の発案者に対するリスペクトの姿勢というのは、窯としてもとても好感が持てますね。

お使いにならない方がいらっしゃれば、次のユーザーさんへお渡しするのが私の役目
中古でも、箱なしでもお気兼ねなくご相談下さい。

お売りいただきありがとうございました。

2011.01.16

買取実例 千本ノック 704 CONTAX/コンタックス G2 35mm ストロボ&レンズ

600x4502010100400015


600x4502010100400012


コンタックスのカメラと、ストロボ、レンズです。
中古です。
現在のようにデジカメ全盛になる前は、フイルムのカメラを取り扱うことは多かったですね。
扱う件数としてはずいぶん減ったように実感します。

今でも、ファンはいらっしゃいますので、我々質屋は、次のユーザー様へお渡しする役目をになっているのかなとも思います。

お売りいただきありがとうございました。

どういう人が使っていたのか その一

中古のジュエリーを販売していて、購入される方、興味を持たれている方にたまに聞かれるのが、
どういう方が売りにこられるのかということ。

とその前に、整理しておかないといけないのが、
当店が、インターネット上で販売しているもの。つまり、公開ギャラリー(販売済みのものも多いですが・・・)に掲載されているものなどの多くは、同業者さんや、リサイクルショップさんなど、中古のジュエリーを扱っている業者さんや、業者用の競売所というところから買い付けてきたものがほとんどです。
ですので、どういう方が使っていたのかという事は具体的にはわからない事がほとんどです。

自分が仕入れるときに、指輪や、ネックレスを見ているときに何を見ているのかというと、作り手であるデザイナーさんの感性であったり、職人さんの息づかいであったり、仕事に対する姿勢を極力感じとるようにしています。

昔は、そこまで目が届いていたのかというとそうではなかったような気もします。

そして、最近は、使用感たっぷりのものをみると、ああ、この品物、前使っていた人は気に入っていつも使ってたんだろうなとか、
古さの割にクオリティーとコンディションが非常によいけど、デッドストックでもなさそうなものを見ると、
ああ、この品物の持ち主だった人は持ったいなくて使うのがはばかられていたに違いない。
と思えるような品物に遭遇したりもします。
以前は、前のユーザーについての想像はあまりそこまで考えが至っていなかったというか、考えようともしなかったのですが、
最近は、そこの部分は中古のジュエリーを扱う上では、結構大事な事かもしれないと思うようになりました。

考えた事を書くというより、書きながら考えるタイプなのでめちゃくちゃな事を書くかもしれませんが、しばらく考えを深めてみようと思うとります。

2011.01.14

フランス リモージュ アヴィランド アビランド はここ?


大きな地図で見る

ここかな?
なかなか、近代的な外観の建物ですね。

買取実例 千本ノック 703 HAVILAND/アビランド ポンパドール ティーセット

600x4502010071000019


600x4502010071000020


600x4502010071000021


フランス リモージュのアヴィランドのティーセットです。
落ち着いた感じが素敵ですね。

お売りいただきありがとうございました。

買取実例 千本ノック 702 ロイドフットウェア コマンドソール ストラップブーツ 黒

600x4502010072000001


600x4502010072000004


600x4472010072000008


こういうお品も買い取りすることはございます。
質屋なので、基本的に様々な品物を査定いたします。

お売りいただきありがとうございました。

地金訪問買取業者

昨年後半くらいから、関西、関東で苦情が発生しているとチラホラ耳に・・・

かなり、利益が出ているようで、全国各地で頻発しているようだ。

うちのお客さんにも、

「こないだうちに、地金を買い取る業者さんが来らっしゃって、地金を売ったよ。すごく丁寧な人やったよ~。」 だって・・・

ガーン、、、お、お客さん・・・そ、それは今はやりの悪徳方も買取業者さんの可能性高いっすよ!!!

地金は売りどき!

という業者さんは多いですが、今は売らないほうがいいって業者さんはいませんよね?

地金買取業者さんは、年中「売りどき!」というのです。

そして、買取価格が鬼のように安いらしいのです。

地金は、本当に金銭的に困ったときにとても役に立ちます。

地金、貴金属は売らずにもっておきましょう!!


金の価格が上がるか下がるか、それはわかりませんが、
円高で目立っていませんが、いろんなものの価格が上がっている傾向は感じています。
経済通ではありませんが、デフレの終息とインフレの気配を感じています。
お金の価値が上がるようには思えないし・・・

繰り返します。

地金、貴金属は売らずにもっておきましょう!!

地金価格が下がったときの責任は持てませんが・・・

中古の宝石は気持ち悪い?




中古のジュエリーに興味のある方は、こちらもご覧いただけると嬉しかです。 >> 昭和ジュエリー&色石 / VINTAGE JAPANESE JEWELRY



クリスティーズや、サザビーズに出品されるジュエリー、高額で取引される品物のほとんどは、中古や、遺品です。

そういう世界のジュエリーと、中古のジュエリーは違うものだ。中古のジュエリーよりも、新品のジュエリーの方がいい。   と、言いたくなる気持ちはわかります。

でも、一代目のユーザーで飽きられて、スクラップされちゃうような程度のものを、ジュエリーと言っていいものでしょうか? 1ユーザーで飽きられて処分されるようなものは、ジュエリーというよりも、アクセサリーにその本質は近いかもしれませんね。

ジュエリーと名乗るからには、人の一生よりも長い寿命を持つ(永遠性を感じさせてくれる)存在であってほしいのではないでしょうか?

古臭い、飽きたらポイ。潰しちゃえ。換金しちゃえ。

ではなく、

幾世代にわたって愛でられるような、デザイン、作り、品質であってほしいものではないでしょうか?

というか、そのような形でジュエリーと接したいと私は思っています。

ってことを、前提に…


P2
↑全~部、中古で~す♪♪↑



中古のジュエリーを不安に思う方、嫌う方は非常に多く感じます。

念みたいなものを感じるのでしょうか??



僕にはわからない、というか、わからないでもない気もします。

私も、宝石、宝飾品を見ていい気分になったり、そうじゃない気分になったりしますので・・・

ただ、人と違うかもしれないのは、美しい中古のジュエリーが大好きで、日々探しまわっているということです。

美しい宝石というのは、中古でも、本当に少なくて、美しい宝石であれば、新品であろうと中古であろうと目はハートになります。

逆に、新品のジュエリーでも、よくない素材、よくない作りのものはあまり好きではありません。

年間数万点のジュエリーを長年も見続けてくると、一つの指輪ととっても、色んなものが見えてきます。

作り手が何を考えているのかもある程度わかるようになってきますので、新品のジュエリーであっても、嫌な感じがするものも多いです。

美しい中古よりも、そういう新品ジュエリーの方がむしろ変な念がこもってそうな・・・ というのは、言い過ぎですかね?

身に付けるならば、浅いコンセプト、デザイン、あまり綺麗でない宝石を使った新品ジュエリーと、

よりも、美しい、筋の良い中古

どちらがいいですか?

え?新しくて、美しいジュエリーがいい ですか?

それもいいと思います。

美しい新品を買える方は、是非、新品をご購入下さい。

そうしなければ、日本のジュエリー産業は衰退します。これは冗談ではなく本気です。

是非、新品のジュエリーもご購入下さい。できれば、腕の良い職人さんがハンドメイドで作ったものを・・・

私達は、現代に生きる、腕の良い職人さんを育てていく役目があることを決して忘れてはいけないと思います。

どうせ、新品を買うのであれば、美しいジュエリーを買って下さい。どこで誰がつくったかもわからないような、飽きたら潰されちゃうようなものではなく・・・。

職人さんによる、ハンドメイドのものを是非ご購入下さい。




宝石に、どういうパワーを感じるかは人それぞれだと思います。

私は、パワーストーンショップにある、きつい処理のなされた石を見ても、パワーは感じず逆に痛々しさを感じます。とりあえず、ああいうお店の石たちは可哀想に感じます。

ですので、パワーストーンショップにはあまり近づきたいという気持ちが湧いてきません。



「パワーストーンショップで、いっぱいパワーをもらいました!」

って、ホントカヨッ!! どんなパワーだよっ!!

という、ツッコミはしませんが・・・



本来の色、持って生まれた個性を否定され、無理やり着色された石が人を幸せにするのだろうかと首を傾げます。 特に否定はしませんが・・・

石はカット、研磨以外は極力本来の姿のままであるのが理想だと思っています。

素材の魅力を引き出す。これは料理などでも同じではないでしょうか?

画一的に味付けされた量産品よりも、素材が本来持っている魅力を引き出した料理のほうが美味しいと思いませんか?

まぁ、どっちも美味しいという話もありますが・・・

オーナーは宝石が好きなのか、売り上げが好きなのか、商品群を見てもわからないショップもありますよね?

パワーストーンショップや、量産品を否定しているのではありません。

人は何故、着色された、原価の安い石にすがりたがるのか?という疑問はありますが・・・。



中古は嫌、何だか気持ち悪い という意見の方をあえて否定しようとは思いません。

何を見て、どう感じるかは各人の自由ですからね。

ナチュラルで、美しい宝石を追い求めていくならば、自然と中古の世界と接するようになります。

何故かといいますと、世に、美しいと言われる評価の高い宝石は、産出が非常に少ないからです。

一度、人の手によって見出された、地球の神秘の結晶である宝石を、避けるとか、近づかない方がいい、とかそういう感覚は、私には全くありません。

むしろ、今も昔も人を惹きつけるような輝きを持つ、中古の宝石を日々探しているくらいですからね。

美しいルビー、美しい翡翠 というものは、何千個の中古のジュエリーの中にもそうそう無いものです。

探し始めてみるとすぐにわかると思います。

美しい宝石は、本当に少ないということを。



そうやって考えてみると、美しくない宝石はあまり気持ちのよいものでは無いかもしれませんね。



中古かどうかを気にするよりは、その宝石が美しいかどうかが重要

なのだと思いますがいかがでしょうか?


少々えらそうに書きすぎました。
突っ込み歓迎。甘えた考えを叩きのめしてください。

追記:続、中古の宝石は気持ち悪い?

2011.01.13

買取実例 千本ノック 701 深川製磁 アルテ・ウァン 多目的碗

600x4502010100100009


600x4502010100100010


600x4502010100100011


買取実例も1000回まであと、300を切った。
長かったというか・・・ 昔のことは忘れちゃいました・・・

深川製磁の近年のヒット商品 アルテ・ウァン
ふくら雀と、染付亀
か、かわいい・・・

ちょっとしたゆるさがナイスです!

深川製磁古いの新しいの、中古、箱なし問わず歓迎です。

深川製磁 製品 新品、中古問わず買取いたします。

お売りいただきありがとうございました。

2011.01.12

ゴッホ展 @ 九州国立博物館 感想

ゴッホに会いにいく

九州国立博物館へ行ってまいりました。
今年の目標の一つに、足を使うというのがありますので、行ける時に行く。

もともと私自身は、ゴッホの絵はあまり好みではなく
生前当時売れなかった絵が、何故高額で評価されるようになったのかの方に興味があったのですが、そんな不純な動機をすっかり忘れさせてくれるくらいの素晴らしい展示でした。

会場の入り口から、時系列順に彼の作品と、当時の作家、影響を受けた作家の作品が展示されており、27歳のときに、素人同然で絵画を志した事を知りました。
当初は、模写でスタートするのですが、これが何と非常に拙い。おいらの方がうまくかけそうな・・・というレベル。
そこで、一気に彼の絵画人生への興味が湧いてきました。

そこから、ぐんぐん実力をあげていくのかというとそうではなく、貧しい生活の中で、ほとんど独学で、先人や、同時代の作家、浮世絵等に影響を受け、様々な試行錯誤、模索を繰り返しながら、実直に、勤勉にゆっくりゆっくりと力をつけていきます。
 今までは、彼には、天才とか、感情の赴くままに作品を作ったというようなそんな印象を持っていましたが、彼は努力の人であり、まさに、血の滲むような努力の果てに才能を得ることができたのだということがよくわかりました。

僕だったら、自分には絵の才能がないと、あきらめるところを彼はひたすら努力し続けます。「自分には、絵しかない」そんな思いもあったのかもしれません。モチベーションの維持とか、そんな生やさしい言葉では表現できません。彼にとって、「描くこと=生きること」 であったように思います。

そして、ゴーギャンとの共同生活で有名なアルル時代。
彼の才能は、一気に花開きます。
私には、この時代、彼が「美」とはなんであるかを掴んだように見えました。別の言い方だと、「オリジナルスタイルを手に入れた」とも言えるかもしれない。 この時期以降は、本当に傑作ぞろいです。誰々風の作品ではなく、「ゴッホの作品」と言えるものばかり。
しかし、彼が苦心の末に手に入れた唯一無二の画力、スタイルも、当時は評価されなかったようです。

この展示では、詳しくわからなかったのですが、彼は心のバランスを崩していきます。

そして、サン・レミ療養院時代。心を病み療養院に入ってからは更に彼の作風は孤高を貫き誰も手の届かないものへとなっていったように感じました。ものすごい内面の葛藤が映し出されているようにも見えますし、逆に誰もたどりつけない世界へ踏み込んだかのような静寂さも感じました。

この展示では、約10年間で唯一無二の存在になった、苦労、試行錯誤、戦いの軌跡がうかがえました。彼の絵に対する姿勢はぬるくはなく、命をかけて取り組んでいたのは間違いなさそうです。

血のにじむような努力の末に身につけたものが、世間では全く評価されない。そこで、心のバランスを崩してしまう。そんな事もあるかもしれない。
耳きり事件や、療養院へ入る事になった真相。
彼はもともと狂気を持ち合わせていたのか、それともうまくいかない人生に焦りを感じていったのか・・・
それとも、彼を支え続けてきた弟のテオの結婚と子供の誕生が引き金になったのか・・・
そう言った事は、いつか、彼の手紙集でも読みながら考えてみたいと思います。


ゴッホは僕に、
人生の再スタートの時期に遅いというものはない
ということと、
独学でも、努力次第では才能を開花させることができる可能性があるのだ
ということを教えてくれました。

彼は生前、いろいろ辛いことが多かったと思いますが、今、彼の精神が存在しているとすれば、きっと安らかな状態であろうということを感じました。
何故なら、彼がこの世を去り、120年以上経った今でも、彼の絵は生きているし、人に感動を与え続けているからです。
絵画を見て涙を流したのは初めての経験でした。ゴッホさんありがとう。

九州国立博物館 ゴッホ展
http://www.gogh-fukuoka.jp/

終了間際は混雑しそうなので、早めに見に行くことをおすすめしますよ~


コツコツ宝石、宝飾品   ギャラリー:情報交換歓迎

2011.01.11

ええ仕事がでけた。

いろんな試行錯誤を経たさきに、何だか見えてきた気がする。

深く濃い霧が晴れるような・・・・

目的は、売ることではなく、


ぶれずに、精進あるのみ。

2011.01.10

dell パソコン

年末に到着していたデルのパソコンをやっと設定。

で、そのパソコンからの入力・・・

昨年末から、複合機やら、IPADやら、いろいろ買っちゃった。

普段はそんなに買わないのですが・・・

ここ10年くらいで一番環境が変わった時期かも・・・

とりあえず、記録として・・・


これで、仕事がぐんぐん進むはず?


買取実例 千本ノック 700 リチャードジノリ アンティックローズ 碗皿 箱なし 中古

600x4502010100500007


600x4502010100500008


600x4512010100500009


リチャード・ジノリの創立は1735年
この、アンティークローズの柄の誕生は、創立者カルロ・ジノリの長男ロレンツォ・ジノリの時代とのこと・・・
ロレンツォ・ジノリがジノリのトップにいた時代は、1758年-1791年。

・・・つまり、この柄が生まれたのは220年以上前であるということ・・・
時代、地域を超えて、200年以上も現役で生き続けるデザイン・・・
すごいですよね。

お売りいただきありがとうございました。

2011.01.09

買取実例 千本ノック 699 アラビア パラティッシ コーヒー碗皿

600x4502010100100003


600x4502010100100004


600x4502010100100005


権威、上流、などというよりは、ほっこり、くつろぎオーラが出ています。
いい意味で言うと温かみ。
マイセンなどとは、違った価値観で作られているのはよく伝わってきますね。

北欧デザインというものを、深く掘り下げたことはありませんが、
人に権威を示すとか、富の誇示 ではなく、
長い冬、いかに快適に過ごせるか、という個人の満足へのベクトルが強いように思います。

確か、これはお客様が直接フィンランドから取り寄せた品だったような・・・

いい意味での、手仕事感というか、工芸の香りといいますか・・・・
この手の品も、日本人の琴線にふれるのかもしれませんね。


捨てるものではありません。箱なしでも、中古でも歓迎です。
お売りいただきありがとうございました。

2011.01.08

消えてる・・・

出先からipadで結構な量のブログを書いていたのに、消えている・・・・

内容は・・・半分忘れた。
まぁ、その程度の内容だったんだけど・・・

・・・とある回転寿司屋の行列で、ぼーっとしている間に、とある分析というか、あるものを、ぼーっと眺めていたら、とあることに気づいた。


ぼーっと眺めるということを、日常的にはあまりやらないので見えてくるものが新鮮。見える景色が全然違う。
いつも同じものをみているのに・・・

もっと、時間的にゆとりをもったせいかつをしたいなぁ・・・と、思うた。

どうでもいい話ですが、ipadの入力って片手打ちになっっちゃうね。

2011.01.07

カレンダー テスト

うまくいったかな?


追記
幅広っ!
やり直し

収まるには収まったけど、なんだか見にくい・・・

2011.01.06

買取実例 千本ノック 698 輪島塗 古今菁峰作 老松飾皿 木箱/皿立て付

600x4502010100800010


輪島に限らず、漆器もいいですよね。
こういう見方があっているのかどうかはわかりませんが、
漆器のよさのベースには「木」があると感じます。
漆の下の木の特性
「軽い」「中の物が冷めにくい、外側が熱くならない」
だけでなく、なんと言ったらいいんですかね・・・
「木」を感じます。

漆器、ウェルカムです。中古でも物によってはOKです。
断捨離とか言って、問答無用に捨てたりしないで下さいね。

お売りいただきありがとうございました。

買取実例 千本ノック 697 Moser/モーゼル オフェリア ワイングラス ペア 箱付

600x4502010082800004


モーゼルのワイングラスです。
昨年はモーゼル製品を例年よりも多くお取り扱いできたような・・・
今年も、そんな年であればと思います。

箱がなくても、中古でも大丈夫ですよ~

お売りいただきありがとうございました。

2011.01.05

2010ふりかえり

2010年振り返り

http://www.hizenya.me/2010/01/2010-ebb6.html

あまり振り返ってもいられないので飛ばしていきます(笑)

>今までにないチャレンジとしては、
>「腕立て伏せ、それぞれ腹筋1万回」
>という目標を立ててみました。

前半頑張ってた気もしますが、後半はダメダメ
今年こそは!
記録も公開中!
https://spreadsheets.google.com/ccc?key=t2AP9S5KxrafobSl-KfeEMA&hl=ja#gid=0

>中性脂肪値を**まで下げるという、後ろ向きか前向きかよくわかりませんがそんな目標もある意味今までにないものかもしれませんね。
中性脂肪値は下がりましたが、コレステロール値が上がりました。
今年は、どちらも下げます。

>去年は息子と野宿したかったのですが、達成できなかったので、息子と冒険旅行は1回はしたいなぁ~。
これもできなかった。
子どもが小さいうちにしかできないことがあある。
今年は是非・・・

>天草陶石の採掘現場には行ってみたい。地図で確認したら結構遠かったんですが、これは本当に行ってみたい。
採掘現場はいけませんでしたが、天草はいけました。
書かなければ行かなかったと思います。書いてみるものですね。

>あとは、この片付いている状態をキープすること・・・
これもダメ。
今年こそ。出来れば脳内の整理整頓も・・・

>相場情報のインプットアウトプットの仕組みづくり
何をしようとしていたのだろう・・・。目標の意味すら自分で分からなくなっている。自分の脳がこわい

>クラブイベントのオーガナイズ
これもできず。
現在はモチベーションもゼロに近いですが、とりあえず今年も引き続き・・・

>○営○○ジ○を1年間続ける。
達成!

>○○業への○○を○○。100社
>○業○への○○を○○。100社 0

達成率0% 今年こそ~

>月1回もしくは、年間12回大掃除
今年こそ~

>故旧博物院へ行く
>香港ジュエリーフェアへ行く 

今年も、夢は夢で終わりそうな・・・

>陶磁器の工程を体験してみる
達成!引き続き今年も!

>去年達成できなかった(8件届かず)、☆☆○○○○件を達成する
達成! なんと、12/30に達成!ギリギリセーフ
書いてみるものですね。
目標値上げたいところですが、今年も引き続き同じ数字で・・・。

>家族旅行3回
達成できず。今年は是非

>プール20回
>山登り3回
>プラネタリウム各シーズン

どれも達成できず。何回で来たかもわからない。
数値目標は、きちんと記録しないとダメですね

>HPリニューアル
できず。
ただ、新しいサイトを立ち上げたからまぁ達成のような・・・
引き続き・・・
というか、リニューアルが目的ではなく、
HPを使って何をしたいのか目的をもっと絞ろう
そして、目標を立てよう

>青年部HPリニューアル

これも同じ
「どのような効果があったのか」が大事
目標立て直し!

>マスコミからの取材の申請→「いや~、うちはテレビ取材は断っているんですよ~」と言ってみたい。
問い合わせはなかった。
別にマスコミさんの目につかなくて良い。
共感いただける方の目に止まることが重要。
ってことでこの目標は終了。


>松浦俊夫さんのクラブイベントに行く
行けなかった。
というか、福岡に来たかも記憶が・・・

>マイケルジャクソンの全アルバムを入手
できず。
これも、目標は終了

>スタッフ君が年間120万円以上仕入れる、10万円x12ヶ月

できず。
各自で頑張り始めたようなので、この目的も終了

>苦しくてもぶれずに掘り下げ続ける
ブレまくり
気合入れ直しして、今年も引き続き・・・

>○○○氏に○○を卸す(昨年2個 今年10個目標)
できず。
個数を目標にしてはいけない。
目標終了

>☆☆☆の仕入れを開始、精度を上げて採算出るようにする。同時に☆☆☆の理解を深める。
できず。これも終了
ブレてはいけないの良い教訓

>宝飾品の良品を売れなくても買い続ける。買い続けるためにもそのほかの業も頑張る。

もう訳分かんない・・・
気持ちとしては引き続き・・・

>さぼり気味の買取実例の記事を1日1件。年間300件(636)以上。
去年末で696だから達成できとるやん(ウキキキキ)
今年中に1000件突破ぢゃ~
(いかん、壊れてきた)

>仕事を残さない
全然ダメ。反省しなさい。
今年も引き続き

>座禅の開始 年間40回座禅する。
寺に行くことは諦めたけど、ひとりで半分くらいできたかも・・・
今年も引き続き

>陶山神社にお参りに行く、桂雲寺 御手観音を見に行く
有田に行ったのにお参りし忘れていた。
今年こそ~

>葉山有樹さんの作品を取り扱う

なんと達成!
今年も是非是非

>十四代今右衛門さんの作品を取り扱う
?扱わなかったか・・・
今年も引き続き。できれば大きい物を・・・


>2ct以上のダイヤを10個以上取り扱う
達成できず。
この目標もおしまい

>阿蘇に一度は行く
達成できず。何故この目標を立てたのかも覚えていない。
やめるかな?どうしよう・・・

>海に2回行く
結局1回も行けず。
磯には行ったか・・・。多分、海水浴っていう目標の気がするので☓

>桜を見に行く
ついでに見た感じだったので、50%位か?

>○○○○の○○氏に会ってお話を伺ってみる。
達成できず。(お電話では話したか・・・)
今年も。
あと、もう一人Vさんも追加。
Sさん。Tさん。Aさん。

>東京に年間6回行く
1回か、2回だったような・・・
せめて2回は行きたい。

>○○○の○○計1400○○ 350x4
自分で書いていたのに、意味がさっぱりわからない・・・

>時事ネタ使わずに、ブログアクセス数で○○を追い抜く
達成!
まぁ、でも数を目標にするのは意味が無いことを知りました。
人は人。己の道を進むのだ。

>このブログを読んで、宝飾品、やきもの が好きになったと初対面の人に言われる。
今年も引き続き・・・

>ドライアイを治す
鼻かんだら涙が出るようになったのは関係ない??
眼科も行きそびれた気がする・・・


>ジュエリーを一つ自分のデザインでフルオーダーする
今年こそ~

>○○○○○○ー○で買い物をする。
意味不明

>6回以上クラブに行く
達成!って喜んでいいの?
今年も引き続き


>○○○ッ○ライブに行く
見たい人が来なかったな
アーティストに左右されるので今年はナシ

>決算書を読めるようになる
反省。勉強しなさい。


>自宅のテレビをブラウン管で通す 液晶にしない
達成!というか、7月以来リビングのテレビをつけていない。


>津金日人夢さんにお会いする
達成!書いてみるものです。
「青瓷に絞って、他のすべてを捨てた」という言葉が今でも心に焼き付いています。

>有田に2回行く
えーと、1回は行った。2回は・・・
忘れた。
数値目標は記録しないと・・・

>○○氏にダイヤ仕入れの合格点をいただく
結局いただけなかった。
目標としては、おしまいですが
美しいダイヤモンドに気づける心は育てていきたいです。


とりあえず、ダッシュで振り返り。
長かった・・・

今年の目標はそのうち・・・

2011.01.03

眠れない、、、

旅先からの更新、、、

WIMAX と iPad の組み合わせは生活を変えた。
正確には、wifiとタブレット式端末ってことになるのかな?

まぁ、iPad でなくても、起動の早いタブレットパソコンであればなんでもいいのですが、、、


運転しながら、同乗者に正月の渋滞情報を調べてもらったり、

旅先で、周囲のおすすめスポットを探したり、、、

まぁ、携帯でやってやれないことはないのですが、目的の情報を得る事に付随するストレスが格段に減りました。
この記事を書いたりするなどの、情報のアウトプットはデスクトップパソコンに比べると不便ですが・・・
何でも検索に頼るというのも、問題ありか・・・

欲しい情報へ届くまでの楽さは、パソコン以上だと感じる。調べる内容にもよりますが・・・

何をどう使うかは人それぞれなのですが、僕には近年稀に見る衝撃度の大きさでした。


2010年の目標を振り返ってみて、思った以上に目標を達成できている事にびっくり。
また、後日きちんと振り返るとともに、2011年度の目標を立ててみたいと思っています。

一月の営業は五日からです。
どうぞよろしくお願いします。

2011.01.02

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

気付けば、2010年の締めくくりの記事もかけず、
1月1日の記事もかけませんでしたが、、、


あけましておめでとうございます
平成23年もどうぞよろしくお願いいたします。

営業は1月5日からになります。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

広告


当店連絡先(予約制)

フォト

TEL:092-651-2197