« そのような人が使っていたのか その6 宝石の輝きに照らされるのではなく・・・ | トップページ | どのような人が使っていたのか その8? 美術品はすべて中古 »

2011.01.28

どんな人が使っていたのか  ・・・とその前に、どんな人が売り買いしているのか

数日前、素晴らしいブレスレットを発見。
その時、こんなことを考えた。
http://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=129163940484237&id=185236674830084

そして・・・
前日まで切れていなかったブレスレットが、そして当日切れていたという報告が・・・。
宝石に、怨念があると思う人はそこで引くだろう。
なにか不吉だ。何かの予兆だから扱わないほうがいいと・・・・
おいらはそんな考え方はしない。

これは、僕が前から扱いたいと思っていた品。
僕にはコレを扱う資格があるはず。
と思っていたけど、それが本当かどうかそれを問われている。

なんてことない品物だったら、直しの工賃分を下げて査定しないといけないけれど、
コレは、僕にとっては非常に意味のある品物。
なんとしても扱いたい。

・・・だから、最初の評価通りに強気で買おう。
と、考える。

Caxudq5z

まぁ、ぶっちゃけ、プラチナという金属が折れただけなんですが、
僕の脳内では上のようなことを考えて仕入れております。


ネガティブな事を考えだせばキリがない。
僕の仕事、僕の趣味は宝石に影響を受けることではない。
むしろその逆で、光を失いかけている宝石たちに光を当てて、再生させること。
宝石、宝飾品の持つ本来の美しさを、煽ったりせず、的確に伝えること。
なんです。

今は鼻くそみたいなものだけど、結果はあとから付いてくると思っています。(ガンバレ俺)


影はいろんなところに忍び寄るけれども、自分自身が光っていれば影に染まることはない。
簡単なことなんです。自分自身が光る強さを本人が持っていれば、影が忍び寄ったり、影に染まったりしないんです。
そんな考えで宝石探しをしています。


まぁ、でもうれしい。
やっほーい!

« そのような人が使っていたのか その6 宝石の輝きに照らされるのではなく・・・ | トップページ | どのような人が使っていたのか その8? 美術品はすべて中古 »

コメント

その通りですね。根強いパワーストーンブームでそのあたりをひどく気にされる方がいらっしゃいます。

人は鉱物に魅せられ、鉱物に鉱物以上の神秘性を見出す癖でもあるのでしょうか?
だからこそ、人は宝石を欲しがり、宝石になみなみならぬ情熱と労力とお金を費やすのでしょうね・・・なんてロマンティックなことを考えました。

ジュエリーに限らず、物の縁起を言うのであれば、本人が良い心がけであるならば、そもそも、妙な物とのご縁が出来るはずが無い、というところにも気がつかねばならぬはずですよね。ご自分の心磨きを怠って物の縁起ばかりを気にするから、逆にそういったモノを引き寄せてしまったり、気にしすぎて自分からそういう方向に流れているのではないかと思います。

まあ、そんなところを気にされる方は、そもそもアンティークや中古に手を出したりしないはずなんですけれども。

正直な話、宝石は枠を変えれば即新品ですから、宝石店で新品として購入したものでも、本当の意味で新品かどうかなんてわからないのに、人のイメージって不思議なものですよね。

はなこ様 こめんとありがとうございます。
どちらがよくて、どちらが悪いということではなく、
何事にも、表層だけでなく、もっと奥のものを見てほしいなと思っています。

嘘つかされていてる新品
どちらか判断出来ない中古
なにもわかっていない店員
正直な中古
正直な店員
どちらか判断できない新品
何も語らない中古
正直な新品
嘘つきの店員
どちらか判断できない店員
嘘つかされている中古
何も語らない新品

世の中にはいろいろ選択肢がありますからね。
何を選び出すかは、他人の責任ではなく、
自分自身の判断力が問われているとも言えると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« そのような人が使っていたのか その6 宝石の輝きに照らされるのではなく・・・ | トップページ | どのような人が使っていたのか その8? 美術品はすべて中古 »

広告


フォト

TEL:092-651-2197

当店連絡先(予約制)