« 日常をとりもどせ /   九州国立博物館@あじっぱ 「針聞書」展示 | トップページ | 買取実例 千本ノック 744 軍服等々 »

2011.03.20

忘れてはならない

昨日くらいから、ツイッター上のTLの空気感が変わってきた。
パニック状態から、少し平静さを取り戻した感じ。
ツイートを自粛していた方々が戻ってきたというのもあるかもしれない。

救済はまだ終っていないし、復興もまだこれからだ。

今回の地震で、食料、電気、水、石油の不足でどれだけ都市生活が混乱するか目の当たりにしたので、
自分の街に当てはめて、選挙の時の投票の時の判断基準や、普段の生活から災害に対する危機管理の意識を忘れぬようにしなければいけないなぁと心底思った。

現代社会が、戦後アメリカをモデルにしたものか、どうかはよくわからないけれど、
日本は、戦争の攻撃を受けることはない、テロ組織に攻撃されることはない、予想以上の大災害は来ない
という前提があっての、ものではないかと思う。
福岡でも、たまに水不足が起きるのに、ダムに依存して、溜池、井戸を捨ててしまっている。
例えば、「ダムからの水の供給が止まることはない。」
そういう前提が崩れたときは非常に脆いし、パニックになりがちだ。

だから、今回の地震被害の復興の応援も大事だけど、それと同じくらい、自分たちが住む街は脆さを持っていないかもう一度考え直すことも大事だと思う。
それが、将来の被害者になりうる人達を救うことにも繋がると思う。

原発も、すぐにはなくすことは出来ないかもしれないけれど、50年かけて徐々に依存してきたものだけど、50年かけて原発依存から脱却するくらいの方向性は明確に持っていたほうがいいと思うようになった。

日本が云々というよりは、自分が済むこの街は・・・
という視点も非常に大事だなと・・・
そして、〇〇党、☆☆党のどっち? という視点ではなく、どういう街、県、国 にしたいのか?
という発送が大事だろうなということも・・・。

まずは、地震からの復興が先ですが、この気持は忘れずに持っておきたいと思う。

« 日常をとりもどせ /   九州国立博物館@あじっぱ 「針聞書」展示 | トップページ | 買取実例 千本ノック 744 軍服等々 »

コメント

少しづつ、「これからのこと」の話題も出てくるようになりましたね。
まずは現状への対処ですが・・・

自分の足元、地域の足元、日本の足元、何によって支えられているのか、
そしてその先には何があるのか、
一人ひとりがしっかり見て考えていかなければと思います。

honoka様 コメントありがとうございます。
大変なことかもしれませんが、一人ひとりに与えられた課題かもしれませんね。
すぐに答えはでないとは思いますが、将来同じような被害にあう方を出さないためにも是非とも必要な事だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日常をとりもどせ /   九州国立博物館@あじっぱ 「針聞書」展示 | トップページ | 買取実例 千本ノック 744 軍服等々 »

フォト

TEL:092-651-2197

当店連絡先(予約制)

広告