« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011.04.29

働くって何?

ちょいとうれしい出来事があったので、メモ的に・・・


ドラッカーの本には催眠剤が塗りこまれているようなので、オーディオブックで繰り返し聞いている。

まぁ、これにもまともに聞くと、催眠の音波にやられてしまうのですが、本よりはまだましです。

もちろん、右から左なんですが、何十回と聞けば1割くらい・・・

理解・・・

・・・できたの、かな?


工場で働く人は、決められた仕事を行うってことが働くってことなんだけど、

肥前屋質店での労働ってのは、決められた仕事をこなすというよりは、ひとつひとつ仕事の内容が違うことが多い。
答えは人の数だけあるので、マニュアルではうまくいかないってことにずっと悩んでいた。
結局、働く人の意欲によるのだけど、どうやって効果を出せばいいのかと・・・


なんとなく、なんとなく、変化が見られたような気がするのでメモ的にブログ・・・。

全てに指示はできないので、担当する人の意識、意欲を上げていくしかない。
そういう部分で、スタッフ君がずいぶん伸びてきたような・・・
そんな気がする今日この頃。

流してもよかったけど、今日の出来事はメモとして書き残しておきたいほど嬉しかった。
「そう。これが働くって事。」

それは、他人には出来ないことで、もちろん僕にも出来ないことだったけど、
彼には何かが見えていて、そこにちゃれんじしようとしている。
その、チャレンジが現代の労働の一面じゃないかって思っている。

成果が出れば、それは彼の功績だし、
成果が出なかったとしても、そのチャレンジは評価に値する。

その意思表示をしてくれたことは、彼の成長といっていいのぢゃなかろうかと・・・

置いてかれないように僕もガンバロウ。

買取実例 千本ノック 753 キリン ビアマグコレクション 1979~1990まで

450x6002010110100003


https://picasaweb.google.com/hizenya783/12?feat=directlink#

嫌いじゃないですよ。
こういう、企画物。

コレクターさんからまとめてお売りいただいた品を、バラさずに、セットで次のコレクターさんにお渡し出来ました。

お売りいただきありがとうございました。

2011.04.27

買取実例 千本ノック ジョージジェンセン エコーン シルバーカトラリー

600x4502010092400007


600x4482010092400008


600x4502010092400009


いいですね。ジョージジェンセン。
近年のモダンなデザインもいいのですが、
個人的には、こういう手仕事感を感じられるのが、ジュエリー、アクセサリー、カトラリー、共に大好きです。

銀価格かなり高騰していますが、今後どうなることやらと、ちょっと心配しています。

お売りいただきありがとうございました。

買取実例 千本ノック 751  フルタ ドキドキ学園 最強神他

600x4502011012600012


600x4502011012600011


うーん・・・
さっぱりわからない世界・・・

査定はスタッフ君におまかせなので、数日お預かりさせていただくこともございます。

得意でない仕事は、人に振る!
幅が広すぎて、全てに通じることは不可能な世界です・・・

お売りいただきありがとうございました。

買取実例 千本ノック 750 ガムラツイスト スペシャルWシール/ラーメンばあシール

600x4502011012600009


600x4502011012600010


査定は、スタッフに任せています。
つまり、スタッフ不在の時は査定ができないんです・・・ すみません。

ガムラツイスト? ラーメンばあ?? 知らない単語が増えました・・・

お売りいただきありがとうございました。


買取実例 千本ノック 749 ドラゴンボールZ カードダス キラカード等

600x4502011012600006


600x4502011012600007


600x4502011012600008


怒涛の掲載。
査定はスタッフに任せてます。私にはさっぱりわかりません・・・

お売りいただきありがとうございました。

買取実例 千本ノック 748 ドラゴンボール ビジュアルアドベンチャー キラカード

600x4502011012600004


600x4502011012600005


この手の品は、私が査定するわけではなく、スタッフにお任せしていますので、スタッフの出社日でないと査定できません。
私にはさっぱり・・・

お売りいただきありがとうございました。

買取実例 千本ノック 747 源右衛門 染錦芙蓉手 鉢 18cm

600x4502010121600012


600x4502010121600013


源右衛門の鉢です。
結構ゆるい絵付けのように見えても、輪郭線などはしっかりしていますね。

お売りいただきありがとうございました。

2011.04.25

買取実例 千本ノック 746 十五代 沈壽官作 三脚 酒杯

600x4502008111500004


600x4502008111500007


15代沈寿官さん作の酒杯です。

最近の作風とは少し違いますね。

薩摩焼とは・・・、沈寿官の様式とは・・・

そういう事を考えながら日々作陶されているのではないかと思います。

お売りいただきありがとうございました。

2011.04.24

豊島逸夫さん主催 復興支援チャリティー博多セミナー@JR 博多シティー

豊島さんが小規模のセミナーをされるというので、早速参加の意思表明。

2時間?喋りっぱなしのかなり内容のあるお話でした。

もともとの参加の理由とは違った部分で妙に納得するところがあり、スッキリしました。

文字で読むより、人に合うほうが情報量が多いのは間違いないなぁと・・・

もっと、積極的にいろんな人に会いに行こう。


・・・内容は、豊島さんのセミナーに出席してみてください。
たまに福岡でも行われていると思います。


ブログ:http://blog.nikkeibp.co.jp/money/gold/toshima/


110424_155255


以下は今回の内容とは全然別のお話です。
感想は・・・

日本は、労働力の流動性が弱い という冒頭部分の内容がとても印象的でした。

日本人にとっての「ふるさと」の大きさ。

考えさせられましたね。

こっから妄想タイム・・・
例えば・・・。

佐賀、玄海原発に事故が起きる。

放射能に汚染され、自分が、福岡の地を離れないといけなくなったとする。

その時に、自分は家族を養っていけるのか?
という事。

最近聞いているドラッカーの話とも重なるんですが、
工業社会と違い、知識社会での、知識労働者は生産手段を脳内に持っているので、
組織に束縛されず労働力の流動性があるという点。

自分が、この肥前屋質店をたたまざるをえない日が来たとして、
別の方法で稼いでいく実力が備わっているのか?
と考えたとき・・・。
おそらく、というか、査定業務という能力を活かしたいと思っているけど、
その力は、肥前屋質店という土台がなくても査定業務という分野で力を発揮できるのだろうか?稼げるのだろうか?という点。
その力がなければ、本物の実力ではないだろう。

・・・その実力はあるのか??
大手の質屋さんとかから引き抜きの話でも来れば、ああ、客観的に見て評価されてるんだな。
と分かるけど、正直わからない。

・・・まぁ、でも今、その実力があったとしても・・・、

40代、50代でも実力を発揮しなければならない。出来ればそれ以降も・・・
って事は、現在でも安穏とせずに一生懸命自分を高める努力というものをしなければいけないっていうことだ。

例え、金や株、貯蓄を持っていたとしても(そりゃ億ともなると話は別ですが)
結局足りなくなるので、働いていかないといけない。
資産がなくとも、働いていける能力と、ガッツがあればなんとかなる。
っていう事ではなかろうかと・・・

どこででも生きて行けるように(できれば一生肥前屋質店の店主がいいですが)
貪欲に自分を高める努力を怠ってはいけないなぁと・・・。
死ぬまで勉強!

金の売買と言っても、額で言うと質屋が扱う量はそんなにない。
売らずに持って置いたほうがいいにこしたことはないけど、
それよりも、日本人の多くが生産手段の確保し、生産性を高める方が大事だなと・・・

そんな事を考えさせられたセミナーでした。

※豊島さんのおはなしの内容とは全然違います。あしからず。


110424_155906


そして・・・
JR博多シティー(博多阪急)の屋上に上がってみた。
・・・建物多いよね。
農業、漁業ではない産業で生活している人がほとんど。
これだけの人が生活するには、何らかの形で富を生み出さないといけない。
製造業が苦戦している日本で、これだけの人達が稼いで食べていける富を生み出せるのだろうか?
ってことを思った。


110424_160025_2


鉢植えのお花はお水と肥料だけで育っていける、野に咲く草花はなにもしないでサバイバルしている。
でも、この建物に住む人達は、何らかの富を産み出していかないといけない。

少子化というけれど、人多いやん!どうやって食べていくの?というのが僕の感想。
まぁ、何とかなっているから何とかなっているんでしょうけど・・・
日本で食えなければ、海外で食っていけるほどの実力
そういうものを持ちつつ、日本で暮らしていきたいなと・・・

頑張るしかない。

2011.04.23

すごいぞ 菱刈鉱山

10年ほど積ん読していて、何故か昨日ふと手にした新書に、日本の鉱山 菱刈鉱山のことがほんの少し触れられていた。

ネットでちょいと調べてみると・・・

どうやらすごいらしい。

菱刈鉱山 - Wikipedia

菱刈鉱山 | 拠点紹介(国内) | 資源・金属 | 事業紹介 | 住友金属鉱山

何がすごいかって、既に佐渡金山の埋蔵量以上の量を産出しておきながら、まだまだ埋蔵されているらしい。
そして、菱刈鉱山は鉱石1トン中に含まれる平均金量が40グラムを超えるという高品位(世界の主要金鉱山の平均品位は約5グラム)を誇っているんだそうだ。

うーん。すごい。

・・・ちなみに、計算してみると
1㌧(この文字を使ってみたかった)=1000kg 1kg=1000g ってことは、
7.5トンは750万グラム?
金地金を1グラムあたり4000円と計算したら・・・
300億円?? って事でいいのでしょうか?
羨ましいぞ!

そんなことはさておき、昨晩、日本国内に優秀な金鉱山があることを知って興奮していたのでした。

菱刈鉱山温泉(計13湯) 日本最大の金鉱山である菱刈鉱山からの副産物である温泉が湯之尾温泉へ供給されている。
ご利益ありそうな温泉だなぁ、そこの湯に浸かってみたい・・・


ちなみに、菱刈鉱山の航空写真。


大きな地図で見る


いつか訪ねてみたいなぁ・・・

藤の花 2011

110423_141658


110423_141753


110423_141726_2


今年は去年より多く咲かせようとか、そういう考えではなく、
枯れないだけありがたい、咲いてくれるだけでありがたい。
そんな心境です。


2010年http://www.hizenya.me/2010/04/2010-96c6.html

2009年http://hizenya78.way-nifty.com/blog/2009/04/2009-4a97.html

2008年http://hizenya78.way-nifty.com/blog/2008/04/2008_96d2.html

2007年http://hizenya78.way-nifty.com/blog/2007/04/post_655b.html


追加:4/30の写真
今年は咲いたね~
110430_091005


2011.04.22

買取実例 千本ノック 744 ONOFF アイアン 8本セット NSPRO950GH

600x4502010112500001


ゴルフクラブ買い取り致します。
震災後は、前ほどの相場で買えるのか?という考えがつきまといます。
特にゴルフクラブは・・・

お売りいただきありがとうございました。

お役に立てない場合もございます。

質屋を利用出来る人っていうのは、所得の上下ではありません。

月100万の給料があっても、質草になる品物がなければ質屋を利用できないんです。

逆に、休職中や、事故、病気などで収入がない場合でも、質草があれば現金を手にできます。
買取や、質流れにするのではなく、質受を考えている場合は、定期的な収入は必要になるとは思いますが・・・
とりあえずのピンチをしのぐという感じでしょうか・・・


安定した社会では、いざという時のための品物を持っておく必要はなかったのですが、

停電、システムの不具合等によるATMの突然の停止という事態は、ありえないことでは無くなっている気もします。現実に起きましたし・・・。

そういう状況下でも、質屋を利用すればとりあえずは現金を手にすることが出来ます。
そういう事態にならない方がいいのですが・・・。

質屋のお金も限りがありますので、お客さんが殺到した場合や、本当のパニックになったときは質屋であってもお役に立てないと思います。

別の視点では、貴金属類や、大金を自宅に保管していて泥棒に入られるリスクもあります。

大事なことは、いろんな事態を想定しておくってことかもしれませんね。


でも、安心して生活できるというのが一番ですね。
早く日本中がそういう日常を取り戻せるようなることを願っております。

2011.04.20

甘くない

色々と思うところがあった震災後の1ヶ月でした。

次のステージで頑張ろうと思っています。

甘くないし、厳しいけれど、この道を進んでいきたい。

やっとスタート地点に立てた気分と何年も前から繰り返し書いているような気がするけれど、
今もそんな気持ち・・・


人間が宝石、宝飾品を選ぶように、
宝石、宝飾品も人を選ぶのでは?と思ったり・・・


・・・と、そんなことはさておき、

ブレずに、自分の感性、意識に厳しく行こうと思っています。
厳しく・・・

めげずにガンバロウ。

※欲しかった品が一つとして仕入れれなかったボヤキです。
あわよくば安く買おうと思っていた。自分の甘さに反省です・・・
安く仕入れることは悪いことではないけれど、入荷しなければ意味が無い・・・
世の中そんなに甘くない。

2011.04.13

金印 漢委奴国王印 @福岡市博物館

つづき・・・

大北斎展に行ったついでに、常設展へ・・・

展示の充実ぶりに驚いた。時間が足りない・・・

目的の一つ、金印を見てきた。


Index_kinin


http://museum.city.fukuoka.jp/jb/jb_fr2.html


まず、ヤケの無さにびっくり!
2000年以上経っているのに、変色が見られない。
純度はどのくらいだろう??

歴史に思いを馳せるよりも、そっちが気になるのは、職業病ですね・・・

ウィキペディアに載っていました。
漢委奴国王印
1994年(平成6年)の蛍光X線分析によると、金95.1%、銀4.5%、銅0.5%、その他不純物として水銀などが含まれ、中国産の金と推定される。

金、95.1%・・・ 思いのほか純度が高いのね・・・
23÷24=0.958333333・・・・・・
ですから、ほぼ23金に近いですね。

手に持って、その重みを感じてみたい・・・

これも職業病か・・・

金の査定時に手の平に載せて手を上下に振るのは、金の重みを体で感じる質屋の習性です。


昨今の金の高騰でどんどん金製品が潰されて、中国へ流れていっていますが、
この金印見て思いました。
金は、昔も今も宝なんです。
できるだけ売らずに、〇〇家の宝として売らずにもっておいていただいたほうがきっといいのだろうと・・・
金の高騰、下落関係なしに金は売らずに持っておくことを僕としてはおすすめしたいです。


・・・・福岡へ来られた際は、ぜひ福岡市博物館の金印も見ていって下さいね。
・・・偉そうに書きましたが、僕は本物を見たのは、この歳で初めてなんですが・・・

・・・ついでに、査定してみっか!


えー、重さ108.729g 金が95.1%・・・ 23金よりもちょっと低い純度・・・
4月12日の価格が、24金なら3900円 22金なら3500円。3900x0.95・・・として、まぁ、頑張って3700円/g 位??
3700x108.7=402,190
うーん、歴史的資料としての価値は計り知れないけれど、材料代だけでも約40万円もあるのね・・・


2011.04.12

大北斎展@福岡市博物館


110412_121709


北斎展に行ってきた。

明るいね。うん。明るい。

公家、武家ではなく、町人の文化なのかな?

庶民パワーというか、ポピュラーカルチャー、大衆文化のルーツがこういう所にあるのかな?

と思ったり・・・

そういう背景で考えると、フランスの印象派の画家さんたちに受け入れられたのもよくわかる気もする。

日本は遅れていたのではなく、大衆文化という意味では進んでいたのかな?

うーん、学生時代に歴史を理解出来ていなかったのがこういうところで足かせに・・・

学生さんがもし読んでいらっしゃるとすれば、アドバイスしますが、無駄な勉強はありません。

こんな、路地裏質屋という仕事でも、国語、算数、理科、社会、英語、その他いろいろな知識が必要になったりします。

無駄な勉強はありませんので、楽しんで勉強してくださいね。

おっとっと、脱線。


なんていうのかな、根っこの部分の明るさと、歳を重ねるほど絵の構図が冴えてくる、
90歳まで現役だったというのは、羨ましい限り。有名無名ではなく、生涯現役というのは、生き方としては理想・・・

これまでは、日本の文化史などはあまり興味もなかったけれど、これからは貪欲に勉強していこう・・・


あ、そうそう。
この展示の入口付近、切手コーナーの近くに、北斎の富士と龍のえの写しのお皿が、初公開で出展されてますが・・・
・・・・あれ、櫛高台あるので、鍋島ですよね?鍋島という記載はありませんでしたが・・・
江戸時代のものという記載がありましたが、本当に江戸時代に作られたものだろうか??

鍋島って献上品・・・、で、オリジナルデザインであることをルールとしていたような・・・、で、浮世絵の写し・・・・
あり得るのだろうか?
明治以降のものではなく、本当に江戸の鍋島なんだろうか?

江戸時代に作られたとしたら、本当に鍋島なのかどうなのか

そこが知りたい・・・

http://museum.city.fukuoka.jp/jf/2011/hokusai/images/exhibition.pdf

あ、これこれ5番のお皿です。


暗ーい気分になっている方々も多いと思いますが、この福岡市博物館の展示は、きっと元気をもらえると思いますよ~


金印編へ

2011.04.08

宝石にパワーはあるのか の つづき

宝石にパワーはあるのか?

という事の続きですが、

「宝石にパワーがある」 と言う事を肯定した場合 「宝石のパワーを測れる、受け止める力を少なくとも持ち主は持っていないとなかなか手にいれられないのでは?」

という考えも出てくる。


それなら、結構理解できるかも。

近世で最高峰のジュエラー。
ハリーウィンストンや、グラフは、世界に名の通っている石を扱ってきただけでなく、リカットするなどの手も加えてきた。
彼らは、これをりカットすることで価値を増すことができる と そこまで見えている、その石を理解しているからこそ、その石を入手してきたのだろうと思う。
主に、クリスティーズやサザビーズなどのオークションで入手するのだろうから、全世界のジュエラー、コレクター、金持ちさんが注目している中で、その中でも一番高い価格を付けないと手に入れることができない。
つまり、誰よりもその価値を認め、その対価を支払える人でないと本当に良いものは手に入れることはできないとも言えるかもしれない。
そして、りカットすることで価値が増すというところまで見抜けないとそもそもリカットをしようとも思わないだろうし、
いざ、リカットを指示する段階でも、相当な度胸、パワーが必要なはずだ。
普通の人にはそんなことできない。その洞察力、決断力、が他のジュエラーと一線を画している。彼らには我々に見えないものが見えているのだと思う。

で、現実的な話しに戻りますと・・・
「買うか買わないか」その決定権は100%入手を考えている人にある。誰からも強制されるものではない。

この品物に、支払うだけの価値があるのか?そこの見極めは重要だと思う。

100万円のダイヤモンド。
それが、高いのか安いのか。という問題。

確実に「これ安いね」って品物は世に存在しますが、そういう品はその価値を見極めることが出来る方々がサッと買って行かれます。

残っている品物をどう考えるかが微妙なんですよね。

売れ残りなのか、掘り出し物なのに買い手がまだ付いていないのか・・・・

売り手はどの品も売りたいと思っているので、そこは買う人が見極めなくちゃいけない。


でも、初心者からはじめて、ハズレ無しに素晴らしいコレクションなんて無理かもしれない。

初心者が短期間にモノを集めると、失敗するリスクは高まると思うので、

じっくりじっくり勉強しながら、足を使っていろんなモノを見ながら集めていくことをおすすめするのであります。

あれ?パワーの話が買い物の話になってる。

まぁ、ともかく宝石のコレクションをしたいなーと思っている方々は、買い慌てずに宝石を理解すること、自分の好みを分析することを頑張ることも、重要だと思います。それと同じくらい、知識を捨てて品物そのものに感動する心を鍛えることも大事だと思います。
そうすることで、購入時の迷いはずいぶんなくなっていくと思いますし、いいコレクションを作る近道だとも思います。

まぁ、とにかくいろんな機会を作ってたくさんきれいな宝石を見てみて下さい。百聞は一見にしかずです。

宝石は楽しいです。

変な文ですみません。

時代は変わっている

銀の価格がエライこっちゃ という感じです。

Caxudq5z

銀 買取りはじめました!純銀はもちろん、800でも、850,925、等純度問いません!何でも買います!
みたいな地金買取業者さんも出てくることでしょう。

売るか売らないか微妙な選択になりますが、現金が必要なら話は別ですが、
売らずにもっておいてよさそうな気がします。
アメリカでは、とにかく現物が足りなさそうなので・・・

私の話を鵜呑みにせず、ご判断は自己責任で・・・

あ、そうそう。
「売る!」って決めたときにすぐ用意できるように、箱などに、銀製品類をまとめて置いておくといいと思います。
売る日になってさがすのは結構エネルギーいりますので・・・


過去、数百年間経済の中心は、欧州→米国の西欧だったけれども、
どちらもの国々の凋落というよりも、中国の勢いが凄まじい。

それにともなって、いろいろな常識と思っていたことも改めて認識しなおす必要がありそうですね。


先進国、そうでない国 などという考えはとっくに終わっており、
時代は変化していると認識したほうがよさそうです。

高騰しているのではなく、今までが安すぎたと判断したり、ドルの凋落とみたり・・・
見方はいろいろありますね。答えは時が立たないと見えないものかもしれませんが・・・

お金の価値は、誰が約束しているのかと考えると、モノに変えておきたくなる気持ちもわからないでもないです。
それだと、消えることも紙切れになることもないですからね。

日本人の生産性に思いを馳せてみると、革命的に生産性が上がらない限りは、
都市鉱山のみならず、金や銀の鉱山が復活したりする日もあるのかもしれないなぁと・・・

文章支離滅裂ですみません・・・


2011.04.07

地道に・・・

これだけ地金価格が上がっても、コツコツ品探しを続け中。

欲しい時にたくさん集めることができるようなものではなく、

時間をかけ、数を見ないと出てこない。

諦めずに、ずーっと探していると、たまにいいものが出てくる。

出てこない時もある。

・・・今日はそんな日。

飽きずにコツコツ。これで何年目だろうか?

2011.04.01

美しい宝石、宝飾品探しを人生の趣味としている方へ・・・

結構日本中が大変な最中なので、あまりジュエリーが売れるような雰囲気ではありませんが、
じーっと、探していると思わぬものが出てくるかもしれません。

美しい宝石、宝飾品探しを人生の趣味としている方がいらっしゃれば、
景気のいい時ではなく、こういう時こそアンテナ張って品探しをしてみるといいと思います。
力んで短期間で探すというのではなく、数年かけてコツコツチェックするくらいの感覚で・・・

ダイヤモンドの値段がどうなっていくのか、色石の価格はどうなっていくのか、地金の価格がどうなっていくのか、現在の店頭に並んでいる品物の値段は幾らなのか そういう点に注意を張って準備をしておく。


突然、逸品が出てきた時に即購入できる。

そういう準備ができているかたはなかなかいらっしゃいません。

金銭面でも、心の面でもとにかく準備をしておいていいかもしれません。

うちの品物を買ってくださいと言っているのではなく、
お近くの小売をされている質屋さんなどに定期的に足を運ぶ等ということです。

一時的な趣味としてならともかく、人生を通しての趣味とするならば、そういう姿勢はアリだと思います。

売り場の方はやっぱり売りたいのでいろいろアドバイスすると思いますが、
ブレずに、ご自身の好みの品をgetする。
そういう部分も準備が必要ですね。
自分で判断できるようになっておくというのも必要だと思います。

ブレずにコツコツ。

かけた時間の分だけ楽しさも増すと思いますし、コレクションとしてのクオリティーも高くなると思います。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

フォト

TEL:092-651-2197

当店連絡先(予約制)

広告