« 中古の家具 | トップページ | 渕上清志 男38歳 いめちぇんしてみました。 »

2011.05.26

沙羅双樹

沙羅双樹

平家物語 序文
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q127274707


祇園精舎の鐘の声、

諸行無常の響きあり。

娑羅双樹の花の色、

盛者必衰の理をあらはす。

おごれる人も久しからず、

ただ春の夜の夢のごとし。

たけき者もつひには滅びぬ、

ひとへに風の前の塵に同じ。

遠く異朝をとぶらへば、

秦の趙高、

漢の王莽、

梁の朱异、

唐の祿山、

これらは皆、

旧主先皇の政にも従はず、

楽しみをきはめ、

いさめをも思ひ入れず、

天下の乱れんことを悟らずして、

民間の愁ふるところを知らざつしかば、

久しからずして、

亡じにし者どもなり。

近く本朝をうかがふに、

承平の将門、

天慶の純友、

康和の義親、

平治の信頼、

これらはおごれる心もたけきことも、

皆とりどりにこそありしかども、

まぢかくは六波羅の入道前太政大臣平朝臣清盛公と申しし人のありさま、

伝へ承るこそ、

心も言葉も及ばれね。

平家物語 写真で巡る都の春秋

季節感豊かな人間になりたかとです。

なので、こういうつぶやきが増えるかもしれんとです・・・

だんだん変なブログになっていってごめんなさい。

« 中古の家具 | トップページ | 渕上清志 男38歳 いめちぇんしてみました。 »

コメント

まさに諸行無情。
さあそれならば、時代に応じて柔軟に変化していかなくてはならないですね。

コメントありがとうございます。
日本人として、文化的、季節感の基礎が出来ていないので、
お勉強しようかなと・・・

渕上さんまだ若いんだから、まだ諸行無常は早いのでは?

何かを主張したいというよりは、メモですね。
沙羅双樹のお花を生けていた方が、
この平家物語の冒頭をおっしゃっていたので、

あぁ、花を見て僕もこういう事をサラリといえるような人間になりたいなぁと・・・
福岡はこれから沙羅双樹の花の季節なんですね~
そんな花の名前すら知りませんでしたし、知ろうともしてこなかったんですよね~(反省)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中古の家具 | トップページ | 渕上清志 男38歳 いめちぇんしてみました。 »

広告


フォト

TEL:092-651-2197

当店連絡先(予約制)