« 師走 第一週目 | トップページ | 更新しました~ : 喜びのお電話 »

2011.12.12

まだ生きてる

販売済:195
販売済:194

・・・・どちらも、昭和のジュエリー オパールリング

下の方は、もともと製品としてのこる確率は高かったと思いますが、

特に上のタイプ。 こういうものは、かなりの確率で石を外され枠がいわゆるつぶし・・・
つまり、スクラップ。別の言葉では溶かされてしまうタイプです。

ほとんどのひとにとっては、古いリング。
の、一言ですまされそうですが、まだまだ製品として生きています。

例えば、こちら・・・

送信者 販売済:195

千本透かし という、技法なのですが
こちらの品は、板状のものを打ちぬいて、透かしを作っているのではなく、
板状のものを、糸ノコで切って、櫛状にしてそこに蓋をかぶせるような方法で製作されております。

職人さんに伺うと、その工程だけで約2時間ほどかかるんだそうです。
切る手間と言うよりは、櫛状にするわけですから、曲ってしまわないように気を使うのだそうです。
最近では、こういうものを作ることはないでしょうから、昔の話だとは思いますが・・・

・・・まぁ、ともかく・・・
そういうことを知ってしまったからには、何でもかんでも潰しじゃ!とは、言ってられない・・・・
残せるものなら残したい。
と思うのが人情といいますか、そこの部分に価値を見出すことが、自分なりの職人さんへのリスペクトというかなんと言うか・・・

・・・ま、そんな言い訳はともかく。自分自身は、こういう品物も製品としてまだまだ生きていると思っていますし、い生きている以上は、あまり、潰したくないわけです・・・
これらのオパールリング。製品として価値を見出してくださる方が現れましたので、無事に製品としての命を永らえることが出来ました。大事にしてもらえよ~~

・・・というか、これらのオパール。 どちらも綺麗ですよね~
こういう、美しいものを扱うのは嬉しいし、楽しいですね。
195的な品は次に出会うのは何年後だろうか・・・ という感じにはなりますが、良い品探し、ガンバルです。


昭和ジュエリー & Color Stone Jewelry 肥前屋質店

昭和ジュエリー

« 師走 第一週目 | トップページ | 更新しました~ : 喜びのお電話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 師走 第一週目 | トップページ | 更新しました~ : 喜びのお電話 »

広告


フォト

TEL:092-651-2197

当店連絡先(予約制)