« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012.11.28

素の美しさ

0660
インペリアルトパーズ 1.10ct 脇石ダイヤモンド PT900 リング #11

0653
マリエラ カエルと朝日(夕日)?プリカジュール  750 リング #19

0655
非加熱ブルーサファイア2.9ct 脇石ダイヤモンド PT900 リング #12.5


太陽光いいですね。
特に、午前中の光がいいみたい。
私のガラケーの簡易カメラではうまく伝えられませんが・・・

宝石を所有するということは、そういうことで、持ち運んでいろんな場所で宝石を自由に楽しめる権利をゲットするようなものですね。

店舗内のギラギラ照明や、宝石販売店のホームページの画像処理で、無理やりギラギラ輝かせた飾られた輝きではなく、宝石の「素」の美しさというもの多くの方に知っていただきたいですね。

2012.11.27

Now is the time!

0646


0644

イエローカーペット2012
いつの頃からか、このイチョウの落葉が大量に落ちる日が毎年の楽しみになっている。
雨が降ったり、掃除されればまた来年。という、年に数日間の間見られるかどうかの、見れたらラッキーなタイミング。

今年も見ることができた♪
こういう景色を眺めることができることが贅沢な時間だと勝手に思ってる。
大抵の人は気づかず素通りしちゃうので、気づいて、自分のものにできたような感覚、しかもお金がかからないのがいい(笑)・・・

そうそう。品物でも同じようなことがある。
骨董市やバザー、競売なんかでも、「なにそれ!」っていうくらい安い品物がひょっこり出てきたりする。
大抵じっくり考える暇はなく、短い時間で判断しないといけない事が多い。
気づくか気づかないかと言うことと、
眺めることが出来る時間が短い。
というところが似ている。
瞬時に判断して、自分のものに出来るような感覚と実行力を研ぎ澄ましていきたい。

2012.11.26

節目

円安の足音が聞こえてきてますね。

輸入品は高くなる。

あの品物はあの値段ではもう買えないんですよねー。

という事になるのか、高い円を維持できるのかはこれからの日本次第ですかね?

つまるところ、日本で働く我々の頑張りなどにもかかっているような気もします。

って、人にいうまえに、お前がとりあえず頑張れよ って声が聞こえてきそうですが・・・

大御所の俳優、著名人が亡くなったり、いろんな分野などで、日本の大きな変化というか、世代交代というか、社会そのものが変わっていく節目であるなぁという空気感を感じる今日この頃・・・

「頑張り」の意味も、人と同じ事をがむしゃらに頑張る時代が終わって、価値創造を生み出す、創造性という分野の頑張りが求められている時代になったのではないかと思ったりもします。

中古の物を扱っていますが、視線は常にわくわく感を大事に、未来を向いて頑張るです。

2012.11.20

バトン

最近、託されているなと感じることが多いです。

本日も、遠方からわざわざ当店を選んでお越しいただきました。

選んでよかったと思っていただけるような店でありたいと思うと同時に、

託すに値すると思っていただけるように、人間的にももっと成長したいなと思います。

今日から新たなスタートだという気持ちで毎日頑張りたいと思います。

ありがとうございました。

2012.11.19

人知れず・・・

先日、大量の食器買い取り&引き取りの中にあったガラスの鉢

量産品でノンブランドで中古ですり傷があったので、単体としては買取は難しいかな、
という感じですが、
ガラスを通った光が美しく、模様にリズムもあって、氷のような透明度のあるクリスタルとはまた違う、ガラスの良さがよく出たいい鉢だと思っています。

こういったものは、人知れずゴミとして処分、廃棄されることも多いのですが、
なんか違うんじゃないかなー、何かがおかしい ってことをよく思います。

昭和のジュエリーだって同じ。

すべてが良い物とは思わないけれど、よく見れば良い物はたくさんある。

それを、効率という名のものとに、何もかもが一様に要らないもの、生きていないものとして、取り扱われるのはなにか違う気がする。

多くのものが処分されてしまうものがあるというのはよく分かる。

でも、それだけではないはずだと思う。

2012.11.16

再生

積み重ねた時間という付加価値という価値観もありますが、

ジュエリーは文字通り生まれ変わったように再生する場合があります。


このイヤリングもだいぶ復活してくれたかな?

トンボちゃんはちゃんと飛べてる??

職人さんにお願いすることで、再販するに値する状態にまで生まれ変わらせることができます。
私一人だとなにもしてあげれないので、職人さんに感謝ですね。

最近は、値段が安いからという理由ではなく、作り的な面から中古がいいといってくださる方も増えてきたようで、なんだか嬉しいです。

ジュエリーは、タンスの中で眠り続けていても輝きません。
手に取られて、光を浴びて、人々に見て頂いてはじめて輝きます。
ジュエリーが「再び」、新たな持ち主のもとで、「生きる」ためのお手伝いをさせてもらっております。


福岡の肥前屋質店 は、宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

細々と、魅力的なジュエリーを見出していきたいと思います。
VINTAGE JAPANESE JEWELRY

2012.11.15

どんなに多くの人に興味を持っていただいても、お渡しできるのはお一人だけ・・・

ほそぼそと、中古ジュエリー販売をさせてもらっているのですが、

量産品を売っているなら話が違ってくるのですが、
私の好みの問題もあって、基本的に、同じようなものを探して下さいと言われても、
「はい」とはいえないものを扱うことが多いです。

そういうこともあって、無理に売るよりは、ほんとうの意味で気に入ってくださる方、
その品物の価値を誰よりも見出してくださる方にお渡ししたいという思いが割りとあります。


で、たまに、これは私が何を説明しようと、もしくは、何も説明しなくても、
わかっていただける人にはわかってもらえて、私の手元を離れるだろうという品物があったりします。

まぁ、売れずに、ずっと手元にあって欲しかったりもするのですが・・・


今回もネガティブな情報をちょっと大げさに書きすぎたかなぁと思うものがあったのですが、
やはり、その壁を乗り越えて下さった方がいらっしゃいました。

あとは、こちらの問題で、きちんと間違いのない品質かどうかの最終チェックを経ての納品となりますが、
それよりも、
あえてネガティブな表現をしていても、それを乗り越えてくださる方の存在はとても励みになります。

誰よりも、その品物を評価してくださる方に納めるという形が、中古ジュエリーを扱う上ではいい形なのかな?
ふと、そんなことを思いました。

VINTAGE JAPANESE JEWELRY

2012.11.13

コツコツ仕事

今日は、雨のためか、ご来店のお客様が少なかったので、

そう言えば、店の前を通る人もわずかだったような・・・


溜まった仕事をコツコツ行なっておりました。

それでも、結構溜まったまま・・・

うーん・・・

まぁ、でも、頑張るしかないか。

エインズレイ クローバー

2012.11.11

唐津 竹花正弘展 @GALLERY 一番館 2012/11/17-25

0572


唐津焼の作家さんの個展の案内が来ました。
唐津 竹花正弘展@ギャラリー一番館HP

唐津のギャラリーなので、ちょっと遠いかなぁと思いつつ、
この、徳利のグレーがすごく気になって、調べてみると、

へ~、祥見知生さんのギャラリーでも個展されたんだ。
竹花正弘 白磁展 2012/8/10-20

お! 同世代。

??ご自身で、登り窯まで作られて作陶されているのか~

いつか、作品を拝見してみたいし、お会いしてみたいなぁ・・・

浪瀬窯

イエノコト @太宰府市



太宰府通古賀に、「イエノコト」といモデルルーム?モデルハウス?がオープンしたとの話を聞き、遊びに行って来ました。

案内して下さったのが淀川さん。
ここのコンセプトは、淀川さんが温め実現したものだそうです。


東京のメーカーと開発したキッチン。
収納スペースは、このように通気がいいです。
女性の視点ならではの、気持よく暮らせるちょっとした工夫が随所に見られます。

なんと、淀川さんは、家事セラピストといって、片付けなどのエキスパート。
もともとは、そちらのレクチャーを仕事にしようと思っていたくらいですから、
収納スペースが少ないなどのお悩みなども相談に乗ってくださります。

食器棚は、必要な物だけをもちましょう。
ということで、あえて収納スペースは少なめに・・・
単に、生活感のない見栄えの良さを見せようとしているのではないのです。
このモデルルームはこれから何年もこの場に、あり続けて地域のコミュニティースペースとしてあり続けるそうなので、時間がそれを証明してくれると思います。


納戸もすっきり。
このお家のコンセプトが、50代?でしたっけ?
の、夫婦二人暮らし。
普通は、衣類などももっとありますよね。

でも、淀川さんは、なんでも抱え込んで、窮屈な住居スペースにして、不快に暮らすよりも、
必要な物だけ揃えて気持よく暮らしましょうということを推奨しております。
という、考え方のベースがあっての、衣類ダンスが2つだけ。





雰囲気は、北欧テイストに和も少し入れました。
壁紙も遊んでみました。
とのことでした。

確かに、和の香りがふんわりと・・・
窓をどーんと取ることで、お昼は照明は不要です。
「このデザインを売りたい」というのではなく、こういう使い方もありますよ。
というような提案の一つですね。
照明の光ではなく、自然光を多く取り入れるというのは、時間や、四季を多く感じる事ができますので、憧れるところでもあります。
材料のことはあまり詳しくわかりませんが、合板ではなく無垢材?木そのまんま を使ったものが多かったのも良かったです。温かいというか、なんだか落ち着きます。木っていいですよね。

少しお話を伺って感じたのは、
「家」や、「リフォーム」を売っているのではなく、
暮らし方を提案したいという淀川さんの気持ちがすごく伝わって来ました。
確かに、このモデルルームには、お値段のたぐいの数字が一つも?見当たりませんし。
セールスのような、売り込みが一切ありません。
あるのは、ゆっくり流れる時間と、柔らかい応対をしてくださるスタッフの方々とご近所の方?のいる空間です。

このように、モノを少なくして生活すると快適ですよ。
ということを伝えつつ、いろんな暮らしにまつわることでお役に立ちたいとのことでした。

今後は、いろんなセミナーや、サークル活動的な事も始まるようですので楽しみですね。

イエノコト株式会社
http://ienokoto.jp/
〒818-0104 福岡県太宰府市通古賀5-2-3
0120-200-789

2012.11.10

岐路

先日は、お世話になっているデザイナーさんとのミーティング

質屋という部分を超えた仕事が多い&増えつつある中で、

今後、こうして行こうかな?的な、

自分のもやもやしたイメージを伝えてみた。

感触は悪くなかったけれど、

まだまだ漠然としているので、もう少し熟成させる必要がありますね。

2012.11.09

修理開始

本術、ジュエリーの職人さんのところへ訪問

持ち込んだ材料で、行けそうなので、修理に取り掛かり開始です。

製品も復活できるし、頂いた材料も生かすことができそうでよかった。


福岡の肥前屋質店 は、宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

VINTAGE JAPANESE JEWELRY

ありがとうございます。

再生に取り掛かっているというブログを読んで、

とあるお方から、思わぬサプライズのプレゼント!

うーん、カワユイ。


シードパールと、古いカットの極小のメレダイヤモンド。

サイズが合うかがドキドキですが、

再々へ一歩進めそうです。

いろんな方々に支えられているんだなぁと実感しました。

いつもありがとうございます!


福岡の肥前屋質店 は、宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

VINTAGE JAPANESE JEWELRY

2012.11.07

津金日人夢 作陶展 2012/11/8-14 渋谷・東急本店8階

1008tugane_2


0561


0562

このブログでも何度か紹介させていただいている、津金日人夢さんの作陶展が、渋谷の東急本店で開催されます。

若手という年齢を超え、技、体力、精神面の奥行きが出てきてここから先、数々の名品を生み出すのではないかと期待される作家さんです。(見に行きたい~)

青瓷は釉薬に色がついているのではなく、釉薬の厚みによって色を出すのですが、津金さんの作品に野暮ったさがなく品格があるのは、母胎を極限まで薄くしているからです。

母胎を薄くしすぎると、焼成中にぐにゃりと曲がってしまったり、割れやすくなったりしますので、薄く作ればいいというものではなく、薄さと強度を保つための厚さという、ものすごく繊細なバランス感が、品格となって現れていると思います。

薄けりゃいいってものでもないんだが・・・ -津金日人夢 陶展-

津金日人夢 陶展 -青瓷- 2011/7/20-7/​26 大丸天神店6階アートギャラリー

津金さんは、熊本在住の作家さんですが、有田で轆轤を学んでおりますので、自分の中では有田DNAを持つ作家さんの一人です。(私の中でですよ)

津金さんの器は、「青瓷以外はすべて捨てた」と言い切るほど(しかも、青瓷は非常に難しい)で、ほっこりとかとは無縁の、凛とした品格があります。
そのような飯碗や、お湯呑が一つご自宅にあるだけでも、食器棚はもちろん、日常生活にも精神面での贅沢感を味わえるのではないかと思います。
自分と同世代というのも、自分にとっては魅力ですね。
リアルタイムで、試行錯誤、道を切り開いている作家さんの作品を手に入れると、次はどのような作風になるのか?ということを毎年楽しみにできるということもありますし、作家さんのステップアップなども身近に感じることができますので、買って終わりという感じではなく、まず買って見ることがスタートというような、楽しみも出てきます。
今回のような、東京の百貨店での大きな個展は初めて(だったと思います)で、福岡にいる私もすごくワクワクしますし、「あぁ、自分も頑張らなきゃな」と、津金さんの作品を見る度に励まされます。

別に、津金さんじゃなきゃダメという事ではないのですが、今回は、僕からのイチオシってことで(笑)

関東の方は、津金さんの作品をまとめて見る機会は殆ど無いと思われますので、この機会に是非足を運ばれてみて下さい。


東急百貨店ホームページ 津金 日人夢 作陶展


福岡の肥前屋質店 は、有田焼を中心に陶磁器類を査定、買取致します。

2012.11.06

材料も奥が深い

とある、ジュエリーのオーダーの依頼を受けて早数ヶ月・・・・

遅々として進みませんが、気長に待ってくださる方に感謝です。


自分がイメージする形は、ものすごく細い爪かつ、それなりの強度がないと実現できそうにないので、

自分が知りうる最高の腕を持つ方の中のお一人に聞いてみました・・・

お忙しい中お返事いただき感激でした。


その方とのやり取りの中で、

PT900は、PT900と思っていたけれど、

地金にも目的、デザインに合わせたいろんな配合がある繊細な世界であることを気付かされました。

その方とのやり取りをかいつまんでご紹介・・・

その一
最後に使用するプラチナですが、Pt900なら※※3%以上、Pt950なら※※2%以上の配合のものを使われることをオススメします(同程度の硬さの配合ならOKだと思います)。
この配合で、恐らくなました状態でビッカースで110~100程度出ると思います。
従来のパラ割ですと柔らかすぎて、このデザインと同じ爪の細さで作ると、少々不安を感じます(多分もう少し太く作らないと・・・)。

そのニ
繊細に作ろうと思うと、強度とのバランスが大切になってきますので、出来れば地金の特性もそれに合わせていったほうが良いと思います。
また、硬い地金になると仕上げもやり難くなってきますし、板物だとロウ目も目立ちやすくなるので、ろう材の配合やバフの種類も変えていかないと綺麗に仕上がりにくいと思います。

その三
金に関しては配合を変えてしまうと色が変わるということもあるのであまり色々なことはできないのですが、Ptの場合ですと割金を変えても色はあまり変わらないので、いろいろなことができます。
うちの場合ですとブローチの針などは曲がりにくいように※※を混ぜたものを使っていますし、☆☆さんでは□□をした時に粘り強く石を留めることのできるように◇◇を混ぜたものを使っている様です。
こだわりが強くなれば、宝石の質にこだわるのと同じで地金の特性にもこだわるようになってしまいます(笑)


こだわりだすと、地金までこだわる必要があるということに納得。

プロのお取引業者さんでも、作られたモノの背後にある思考をなかなか理解してもらえなかったりするそうなので、自分としては声を大にしてオウエンしたい気分です。

今回の方に限らず、モノの背後にある、その意識の高さは価値ですね。
そこに、価値を認めてくださる方を増やしていけたらなとも思います。

2012.11.05

金とダイヤモンド

金プラチナ積立があって、ダイヤモンド積立がない理由 All About マネー


オールマイティーな実物資産なんてものはなく、

例えば、現在の価値で1億円分の金というと、
http://gold.tanaka.co.jp/commodity/souba/index.php
2012年11月5日の純金インゴットの税込小売価格で、4605円
1億円÷4605円=21715.52・・・g

20kg以上の塊なんか、持っていたとしても持ち運べませんよね。

でも、ダイヤモンドならば・・・
諏訪貿易 原田さんのブログ
http://harada.ho-seki.com/archives/52151504.html

別にブランドのジュエリーってわけではなくても
上のペンダントのネックレスだと、7億円

ダイヤモンドは約50ct 1ct=0.2gですから、 約10g のダイヤモンドと、小さな(といってもそれなりの大きさはあるでしょうが)ダイヤモンドと、枠の地金
・・・まぁ製品としての価値もあるかもしれませんが、
軽くポケットに入るサイズで7億円の価値があるわけです。

まぁ、日常的な間隔からかけ離れた話になっちゃいましたが・・・

・・・で、少々厄介なのが、大きなダイヤモンドと換金の容易さという問題があり、
オークションにかけて現金化しようとすると、即金ではなくすくなくとも数ヶ月はかかります。

金地金は、
即金性、 換金可能な場所も多い、
資産としての歴史が長い
面白みがない、重たい

大きなダイヤモンド
高額商品になるほど換金率が悪くなる可能性がある。
高値で売却しようとすると、時間がかかる。
金ほど、どこでも換金できるというわけではない。
資産としての歴史が短い。
持ち運びが容易い。使える。楽しめる。

↑あくまでも高額のダイヤモンドの話ですよ。

単価の低いものは、話が違ってきます。


一長一短ですね。

では、ダイヤモンドは買わないほうがいいのか?
という話になるのかもしれませんが、
絵画、その他美術品も、全体の相場は下がっていっていますし、
特に、海外に行き場のない美術品は今後は厳しいでしょうね。
ダイヤモンドは、世界的に価値が認められているわけですから、そう考えると比較的まだいいほうかなとも思います。

小粒のダイヤモンドは、ザクザク採れるわけですし、新興国需要が落ち着くと行き場がなるだろうなぁという予測はできますが・・・
小粒のダイヤモンドは、売買よりも楽しみですね。
好きだから買う。そういうスタンスでいたほうがいいと思います。

うーん、書きながら考えたのでうまくまとまらない。
少し頭が整理できたら、もう一度書けるといいな。

追記、金は好き嫌いにかかわらず持っておきましょう。
ダイヤモンドは、好きなら持っておきましょう。
思い入れもないし、使わないし、好きでもないし、眠らせたまま というなら、相当な大きさがなければ売っておきましょう。
って、ところかな?
いや?違うか? うーん、難しいな・・・

2012.11.04

肥前屋 秋の皿祭り

0522


0523


0516


現在肥前屋質店、無料コーナー充実しております。
まだまだ使える食器たち。
今回は、結構筋がいいものや、古いお皿もありますよ。

追加で入荷もありましたし、結構スペース無くなっちゃって困っています。
人助けと思って、気軽にご来店ください(笑)

-オウエン- 眠った食器類、その他品々を生かす方法


新メンバーも追加投入!
0550


0549

お気軽にご来店下さい!

妄想・・・ いい年こいた大人向けのマンガ祭り

フィルム映画を沢山お持ちの方とお知り合いになったので、軽く脳内妄想・・・

DVDのデジタル映像ではなく、フィルム映画のアナログ放映することに意味があると思うんだ・・・
意味あんのかな? わからないけど、ワクワク感はある。。。

さて、仕事仕事!


0540_2


0541


0543


0544


0545


0546


0547

2012.11.01

Leon Megé !

https://www.artofplatinum.com/

http://www.facebook.com/LeonMege

http://www.youtube.com/user/artofplatinum?feature=watch

ふとしたきっかけで、LEON MEGE というニューヨークのジュエリーブランドの存在を知りました。

欧米ジュエリーにしては若干珍しいプラチナ使い!

繊細なデザイン、メレダイヤモンドの使い方が上手い!

メインには、ラウンドではないダイヤモンド、しかもカットがありきたりではないものが多い!

色石がこれまた美しい!!

アンティークのテイストを感じさせつつも、現代的!




このエメラルド!たまらん・・・


パライバトルマリンを使うあたりは、??日本人をターゲットにしてるの?

と思ってしまいましたが、日本国内ではほとんど情報も見つからず・・・

お世話になっている、ジュエリージャーナリストさんにも、聞いてみましたが、彼女やその周りの方々もご存じないとのこと・・・・


ふーん、そうなのか・・・

で、終わらせようと思いましたが、是非皆様に知っていただきたいなと思いまして、ここに書いてみました。

そうそう、これこれ、こういうのいいよね!

と思われる方はきっといるはず。

だからといって、気軽に購入できるようなお値段ではないとは思いますが、

日本に進出すれば、結構成功しそうな気がするんですよね~

勝手な想像ですが・・・

ブログ書いたついでにプロフィールらしきページを見つけましたが、
うーん・・・ 気軽に読める語学力ないっす。 宿題にしておこう・・・
http://www.adesignaward.com/designer.php?profile=109800

まぁ、でも、こう美しいジュエリーをみるとワクワクしますよね!
そういうジュエリーを生み出すLeon Megé さん 万歳!

その先に

手順を覚えるまではそれだけで頭いっぱい

手順を覚えてきたら、形がうまく決まっているかで頭いっぱい

そこを乗り越えたら、間合いというか、呼吸というか、空気感というか そういう部分にも少しは意識が届く。

なんとなくそういう感覚が掴めてる気がするので、

次回は、他の人がいらっしゃる中でそういう意識をキープできるかが課題かな?

量は質に転化する。

才能ないんだから、繰り返し繰り返し練習することでしか、質を高めていくことが出来ない。

それを肝に銘じて、今日も、明日もがんばろう。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

広告


フォト

TEL:092-651-2197

当店連絡先(予約制)