« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013.04.29

クイズ 昭和ジュエリー 同じ会社で作られたものはどれ??

唐草の秘密

この記事書いて、クイズをやってみようと思いました。

同じようなデザインに見えますが、知れば知るほど違いがわかってきます。

この4枚の写真。

3つは、同じ会社で作られたものです。

1つは、違います。

違うのは何番か、コメント書いていただけると嬉しいです!

どういう方々が制作したものか知りたい方は、メールアドレスも非公開設定にして記入下さい。

メールでも構いません。 hizenya@0926512197.com

メールでお知らせ致します。


昭和ジュエリーとは


その1


↑保留中






その2





その3






その4








2013.04.28

すごいパン屋

0843


0845


文字だけは大量に書いていますが、ブログ以外で書くことが多くなってきたかな?

朝、8時台のパン屋の光景・・・

GWということもあってか?いつもより特に多く、

広~い駐車場ほぼ満車で、レジ2,3台稼働しつつ、50人くらいの行列できてた・・・

すごいね~。 毎回行く度にそう思う。

こんなパン屋は全国各地にあるのだろうか??

http://www.full-full.jp/

田んぼが隣接していて、米の成長を楽しめる。 今は蓮華の花が綺麗です。

そのうち、田植えがあり、おたまじゃくしがカエルになり、稲穂が実っていって、収穫・・・

こうやって、1年があっという間に過ぎるんでしょうね~

2013.04.23

陶 新たな表現者たち 2013年5月8日~14日 大丸 福岡天神店 6F

Img_2326


Img_2327


博多大丸創業60周年記念
陶 新たな表現者たち
-津金日人夢・庄村久喜・鬼丸尚幸-


津金日人夢さんと、庄村久喜さん
個人的にも大注目している作家さんの展示なのでとても楽しみです。

現役バリバリの作家さんの作品の良いところは、
例えば、人間国宝の※※さんなどのように、評価の定まっている作家さんではなく、
現在進行形で評価が高まっている点という所にもあると思います。

どのような表現をしていこうかもがきながら作陶をしていらっしゃいますので、
こちらとしても、次に、どのような作品を出してくるのか?
という、ワクワク感もあります。
何でも許されるような若手感を脱し、何を表現するのかという見る側の期待も高まってきているので、
そういった緊張感も作品に見え隠れしているのかもしれません。

私が思う、津金日人夢さんの作品の良さは、
全てを捨てて、青瓷を選んだ覚悟のようなものが、作品に現れているという点にあります。
大作にも、食器にも一貫した迫力があり、
小さなお湯のみのようなものでも、ビシっと品格のあるものを作られています。

庄村久喜さんの作品の良さは、
磁器とは何か?という事を上辺の部分ではなく、根っこの部分から問い直し続けているという点にあります。
有田に生まれ、有田焼きの作家さんの家で育ちながら、
「有田焼」を意識せざるを得ない(というか、影響を受けない訳にはいかない)環境にいながら、
「有田」という枠から離れ、「磁」「磁器」を再構築しようとしているその過程が作品に現れているという点にあると思います。

お二人に共通するのは、「要領の良さ」とか、「気楽さ、緩さ」とは無縁の、ある種の「ストイック感」というか、それぞれに課した「律」のようなものが作品に見え隠れしているような点にあるかもしれません。

お二人の作品を、現在進行形で追いかけることができるのは、とてもエキサイティングで、ラッキーなことでもあると思っています。
鬼丸尚幸さんも、福岡、小石原の作家さんなので、どのような作品を見せてくれるか楽しみにしています。

同世代でもありますし、今後の活躍が楽しみですね!

2013.04.21

続、中古の宝石は気持ち悪い?

中古の宝石は気持ち悪い?

のアクセスが、何故か増えているので追記というか、補足を・・・

美しい宝石を探し求めている人は、自然に中古の世界に足を踏み入れます。

何故なら、人工的に作れない、量産できない、産出が少ないからこそ宝石だからです。

新たに産出される絶対数が少ないために、過去に掘り出されたものを探すという選択肢も重要になるからです。

そこに、中古だから嫌だ とか、 中古でしか買えない とか、 

そういうネガティブな感情はあまり入る余地はないような気がします。

美しい宝石は、中古であろうとなかろうと、見つけると嬉しいものです。


クリスティーズとか、サザビーズの品物だってほとんどが誰かの所有物だったものなんです。

富豪の方々もそれをわかって入札してます。

中古で我慢しようかな?

とか、

中古だけど仕方がない

等思う方は、考え方を根本から変えてみるのもひとつの方法かもしれませんね。


宝石に依存するのではなくて、その逆で、

宝石を見出す、感覚というか・・・


うまく説明出来ませんが・・・

あ、そう言えば、

宝石は、探しだすものなのかもしれませんね。

2013.04.19

高島屋新宿店に「金」専門店オープン 6億円の金塊など展示

高島屋新宿店に「金」専門店オープン 6億円の金塊など展示
SankeiBiz 2013/4/19

デパートで金を販売かー


過去を振り返ると、金は随分高くなったけれど、

未来を見ると、資産を守るために金を買いたいという需要は大きい。


資産家は、デパートで金を買えたとしても、

なかなかそんな人は多くない。

手に入れた金製品は、売らずに持っておく。

現金がどうしても必要なときに、現金化する。

それでいいのではないでしょうか?


金、売りどき売りどき!と、言い続けてきた業者さんが、

ここ数日の暴落で、

金は今は売らない方がいい と、言ったでしょうか?

そのあたりを、よく観察していれば、永くお付き合いできる業者さんかどうか分かるのではないでしょうか?

生・涯・現・役!

マック値上げ。
インフレの足音が日々大きくなってる。

質屋やってるとわかることだけど、
浪費せずに、まじめに生活してきた老人が困窮している現状がある。
本人の予想以上に長生きをするし、予想外の病気にもなる。もらえる年金は限られているのに、物価も上がっていく・・・

つまり、豊かな老後を送ることが困難になりつつあるってこと。他人事ではなく・・・

何が言いたいかというと、定年後もある程度でもいいから、収入を得る方法を持たないと、老後がかなり厳しくなりそうです。ってことです。

豊かな老後を生きようと思うならば、

極力病気にならないようなライフスタイルを身につけることと、

生涯現役として生きていく方法を早いうちから模索しておくことをオススメします!

肥前屋 春の皿&お人形祭り 2013 その後

肥前屋 春の皿&お人形祭り 2013
↑ビフォー

↓アフター
Img_2267

お陰様で、随分減りました! 写真じゃわかりにくいかな??でも結構減りました!

ある人にとっては、不要なものでも、ある人にとっては必要なものであったりするわけで、

要らないものは、捨てて快適に過ごしましょうという気持ちはわからないわけではないですが、

「もの」は、極力大事にしたい。

そういう気持ちは持ち続けていたいなと・・・

昨日のブログの続きだけれど・・・
金塊とハンバーガー

上がらない給料、年金支給額

でも、物価は上がる・・・

これだと、現状生活が厳しい方々がますます厳しくなるであろうということが見えてきているように思える。

ばら撒くだけでは、景気が復活しないとはいえ、アベノミクスで、上がるのは株価だけではなく、日本経済が大きく脱皮して、実体経済の勢いを取り戻さないと、本当に厳しい未来が待ち構えているような気がする。

約束された未来があるわけではなく、薄氷の上を歩いているような状況が現状ではないだろうか?


2013.04.18

金塊とハンバーガー


金急落、日本人投資家は買い一色
日本経済新聞 web 2013/4/18

マクドナルド、ハンバーガー100円から20円値上げ
日本経済新聞 web 2013/4/18

インフレの足音が大きくなってきている気がする。

時代の雰囲気が値上げに向いている気はする。

特に輸入品は・・・

吉野家は値下げしたみたいだけど、米国牛肉だから、厳しいのではないだろうか??

いつまでもつかな?


それはさておき、アベノミクスバンザイと言ってられない。

2013.04.16

藤の花 2013

Img_2258


Img_2259


Img_2257


今年は、ちょっと水をあげすぎたのかな?
今年は去年より咲いたかな?と思ったけれど、写真を見ると去年のほうが咲いてそうだな。
以前は咲かない年もあったので、咲いてくれるだけでも嬉しいです。
寒さを凌ぎながら、咲く準備をしている、冬の蕾もいいなぁと思うようになりました。

2012年http://www.hizenya.me/2012/04/2012-80e7.html

2011年http://www.hizenya.me/2011/04/2011-ab2d.html

2010年http://www.hizenya.me/2010/04/2010-96c6.html

2009年http://hizenya78.way-nifty.com/blog/2009/04/2009-4a97.html

2008年http://hizenya78.way-nifty.com/blog/2008/04/2008_96d2.html

2007年http://hizenya78.way-nifty.com/blog/2007/04/post_655b.html

2013.04.15

金買い時かも? のお話。

Dgold_graph_bg
田中貴金属 1ヶ月金価格推移
※画像は翌日(2013/4/16)のものです。

金価格が暴落!

さあ、買いどきを探そう!!と言われても、なかなか買えませんよね。

だったら、慌てて売らずに持っておく、少しでも金製品を手元に残しておく。

バランスは必要でしょうが、資産で金の比率が多すぎるという日本人は殆どいないでしょうから・・・

暴落前の高値圏ですら、将来を見据えて俯瞰すれば買い時のような気もします。

なんせ、アメリカも、日本もじゃんじゃんお札印刷してるんですから・・・

それは、さておき金買い時かも? のお話。

シビアな、金買取ビジネスの世界で、今日のような下落は正直、質屋さんなどには辛いと思います。

質屋さんは、ビジネスで金買取をされてますので、ずっと貯めこむわけにはいきません。

ですので、買い取った分はどこかで売らないといけません。

暴落前の価格で金を売っとけば~~~

という、質屋さんも多いでしょう。


そういう質屋さんに、18金なら1グラム4,000円で買いますよ。

と、回れば売ってくれそうな気もします。

さすがに、素敵な製品は無理と思いますが・・・

いわゆる、「潰し」といわれるような、材料以外の価値がないような品物でも、金は金。

将来のリスクに備えた資産。

と割り切る、思考の切り替えも必要かと思いますが・・・

つまり。

ある意味、金の買いのチャンス到来です。

じわじわ上がっている時にそういうこと言われても、もう少し待ちたい心理が働くかもしれませんが、

こういうタイミングだと喜んで売ってくれそうな気もします。

気軽に、質屋さん巡りしてみてはいかがでしょうか?

「そんなもんはない!」と言われたりとか、

異常に怪しまれるとか、不快な思いをさせてしまった場合は申し訳ございません。

金は持っていたほうがいいとおすすめしながらなんなんですが、

金価格の行方は誰にもわかりませんので、自己責任でおねがいしますね。

2013.04.13

日本のデザイン 原研哉著 感想文 その2


その1の続き?

ざっくりと読んでみて、過去に蓄積した、文化、歴史の価値。
そういうことに、気づかせてくれると思っていたら、
後半は、テクノロジーに話が進み、そういえば、テクノロジーも日本の資源だなと気づかせてくれる。
未来に向かって、いろんな窓が開かれたような読了感があり、なかなかおもしろかった。

目次を俯瞰してみると・・・


1.移動 - デザインのプラットフォーム
2.シンプルとエンプティー - 美意識の系譜
3.家 - 住の洗練
4.観光 - 文化の遺伝子
5.未来素材 - 「こと」のデザインとして
6.成長点 - 未来社会のデザイン
あとがき


で、構成されている。


話の流れが、「現在」「過去」「未来」という大きな流れがあるようにも思える。

いずれにせよ、日本は資源がない。
という、話はよく耳にするが、

歴史、文化、テクノロジー、そしてそれらを生み出してきた「人」という資源があるではないか。
という事を、気づかせてくれたような気がする。
そして、このどん詰まりのような日本の現状は、
過去の踏襲、現状維持ではなく、未来に大きく視点を向けることで可能性が大きく広がるような
そんな気持ちになれました。

肥前屋質店

CLASSICS FUKUOKA JEWELRY

2013.04.12

浪江町 ストリートビュー

グーグルが、浪江町のストリートビューを公開したとのこと・・・

このストリートビューで見る町並みは、地震直後から時間が止まったままの異様な空間が広がっています。

復興しようにも、人がそこに住めないので復興のしようがない。

町ごと、帰る場所がなくなるというのは恐ろしいことです。

地震被害の復興と、放射能被害の対策は全く別物で、放射能の恐ろしさをあらためて思い知らされます。

こういう景色が今も現実に広がっている ということを忘れてはいけないと思いました。


View Larger Map

追記
もう少し調べてみると、浪江町町長のメッセージを見つけた。

福島県浪江町のストリートビューの公開によせて
2013 年 3 月 28 日
Posted by: 馬場有/福島県浪江町 町長

↑より抜粋

『震災後も、世界は未来へと進んでいます。日本も、東日本大震災を教訓にしながら復興へ歩み始めています。しかし、浪江町は震災から時が止まったまま、原子力災害のため 2 年が経過しても応急的な処置しかできません。町の現状をご覧いただき、その重さを感じていただければ幸いです。

私達大人は、先人達から受け継いだふるさとを子ども達へ渡していかなければいけません。そして、福島の原発事故を知らない世代へも、その姿と、営々と築き上げてきた歴史と文化を伝えていくことが、我々の世代に課せられた責任だと思います。ストリートビューによる発信が、未来の世代にも、東日本大震災と原子力災害が引き起こしたありのままの姿を伝えてくれることを願っています。

最後に、私達は約束します。原子力災害からの復興には、長い年月と多くの人々の協力が必要です。しかし、私達はふるさとを取り戻すことを決して諦めません。 』


そうだ。
これで終わりではない。
自分に何ができるかわからないけれど、自分と関係のない話ではないんだと思う。


肥前屋質店

CLASSICS FUKUOKA JEWELRY

2013.04.09

ジュエリーの永遠性

ビフォー

0926
 
 
 
 
 
ビフォ~~~
 
 
 
  

0927


 
 
 
 
 
 
 
 


アフター!
 
 
 
 
  

 
 
 
 
  

Img_2110


使ったデジカメの性能が全然違いますが、

パリっとしましたね~

仕上げをしようかしまいか迷いましたが、今回はしてよかったかな?

40年前くらいに作られたものなんですよねー、

例えば、40年後同じように薄汚れても、仕上げをすれば、大きな傷が入っていない限りは、パリっとなります♪

それが、ジュエリーの持つ永遠性。

人間の寿命より間違いなく長生きです。

こんなリングが、ジュエリー買取りショップでは、問答無用に潰されていってる・・・・

残すべきものは大事にして行きたいものですね。

こういうリングをお持ちの場合は、売らずに持っておいて下さいね。

アンティークへの道をゆっくりゆっくりと進んでますから・・・

肥前屋質店

CLASSICS FUKUOKA JEWELRY

風向きの変化

最近、ちょっとした変化があります。

以前は、「金 売り時」 的な、キーワードが結構多かったのですが、

今でもそれは多いですが、

「金 売らない」

的なキーワードで検索されている方もチラホラと・・・


世の中、売り時、売りどきという煽り表現にあふれているので、金を売りたいと思う人がでてくる事は、いたし方はないと思いますが、

本当にそうなのか?金は売っていいものか?

と、お思いになる方々がチラホラと出てきているように見受けられます。

これだけ、金価格が上がってこの雰囲気ですから、空気ってすごいというか、

そのうち、「金 買いたい」 とか、そういう方々が増えてくる可能性も見えてきた。

株価が、8,000円 → 13,000円超えた! とか、言ってる間に、

円が、1ドル 80円 → 99円 になってる!


つまり、、、 以前は、80円で買えたものが100円近くになってるってこと・・・

これからじわりじわりといろんな物の値段が上がってくると思います。

給料はそんなに上がらないのに、辛いですよね。

逆の視点から言うと、100万円の円貯金の価値が目減りしている というように見ることもできます。

眠らせておくリスクとでも言うのでしょうか?

現金は絶対的に必要なものですが、これからの時代は、それだけだとリスキーであると思ってもらってもいいかもしれません。

儲からなくても、減らさない努力的なものは必要かと・・・


ここで、一つアドバイス。

金のネックレスもいいのですが、10万円金貨はすごくいいです。

ヤフーオークションなんかでは、10万円を超えて取引されていますが、

なんせ、10万円という価格を国が保証して下さるのですから・・・

損をしたくない日本人にピッタリ。

金と、貨幣の2面性をもったスーパーコインですね。

その昔、銀行で行列して買ったという方は、手放さずに持っておくことをオススメします。

出処がはっきりしているものは、「売らない!」持っておく。これオススメ。

今から増やすのは大変なので、もってる金を減らさない、買取店舗に流されない、そんな努力をしても、損はしないような気がします、儲かりもしないかもしれませんが・・・

売る機会がなければ、残った人たちに残してあげましょうネ。

お札が紙切れになるってことは、歴史上いろいろ事例はありますが、

金が、ただの塊になったってことは、人類史上ありませんから。そのことをお忘れなく。

で、10万円金貨。
最近危ないコピーがあるのか無いのかあまり聞きませんが、パッケージに入っていたら中身は嘘ついてないか確認は難しいので、入手するとしたら得体のしれない所ではなく、きちんと信頼の置ける人から入手してくださいね。

※危ない事例をチラホラ聞いているわけではないですが、今後どんなものが出まわるかわかりません。
実はただの塊だったってことになりませんように。


肥前屋質店

CLASSICS FUKUOKA JEWELRY

2013.04.08

ログ

たいした文章書けませんが、もの書くのは苦ではないので、ついつい書いてばっかりに・・・

いろんなことを書きたいが、時間がなーい。

そんなことは置いといて・・・

あまり、商売にはなりませんが、根本的に、中古が嫌いじゃないというか、むしろ好き♪


で、当店で、こんなイベントやってます!


肥前屋 春の皿&お人形祭り 2013


イベントと言うよりは、これ目当てというより、ご来店いただいたお客さんが喜んでお持ち帰りになる

という、流れなのですが・・・


最近減りが遅いので、人助けと思って、引取りに来てくださると嬉しかです。


で、タイトルの「ログ」

その時短のために、ちょっと今までの仕組みを変えました。

雑な携帯メールからちょっとアップグレード&時短。

なれないカメラだけど、感じは良い。

時間が短縮された分、もっと仕事をガンバロウ。

肥前屋質店

CLASSICS FUKUOKA JEWELRY

2013.04.06

宝、芸術、ファッション・・・

飽きたら、潰される

譲るといっても、使わないからいらない、処分する

というような作品は、宝でも、芸術でもないんですよね。

幾世代にも渡って、残るものこそが芸術であって、

そうではないもののほとんどはいくら作り手が芸術といっても、芸術作品としての力が弱いのでは??

あえて言うならファッションか??

そんなことを思う今日このごろです。


たま~に、宝を潰して処分してしまう不届き者がチラホラいるけれど、

そんな悲劇は減らさにゃいかん!


肥前屋質店

CLASSICS FUKUOKA JEWELRY

2013.04.05

そんなこと言われても買えないよねー だったら、売らずに持っとくほうが賢明ですね。

金を高い時に売って安い時に買うなんてことは、相当な財力がないと効率良く出来ません。

製品を売って、製品を買うなんてことでは実現できず、

売って買って儲けたい人は、インゴットなどを使って売買しているのですが・・・

昨日の午前中が金の絶好の買いのタイミングだったようですが、一気に円安モードへ突入!

昨日の午前中のどこまで落ちるんだろうか?というような雰囲気の中で、

買うことが出来る人はそうそういません。

買ってた日本人も結構いるみたいですが・・・

だとすると、高値圏で売るとかそういうことはせずに持っておく。

そもそも、製品をそのような売買の対象物とは考えない方がいいです。

Mgold_graph_bg


2年前の、金買取ブームの時に売っても結局このような感じです。

例え、今がピークだったとしても、製品が安値で出回ることはないので、手放したものは戻ってこないと基本的には思っていただいていいのではないでしょうか?

無理に、貴金属製品は売らない。

どうしても現金が必要なときに換金する。

そういうスタイルがいいと思います。

先々のことはわかりませんので責任は持てませんが、

日本政府、日銀もお金をジャブジャブ印刷するぞ!という姿勢を見せているんですから、

色んな物の値段は上がっていくことと思います。

現金を大事に持っていても、その価値が目減りしていく・・・

時代はそういう方向を向いているように思います。


円高のタイミングを狙ったわけではないのですが、たまたまドル建てでお買い物をしました。

安い買い物ではなかったので、1日ズレなくて良かった~

円を持っててもじわじわ価値が下がってく・・・

損するのが嫌で、タンス預金、銀行預金をしているその鉄壁のスタイルが逆にリスキーな世の中に突入・・・

だったらどうする?って事が問われてる時代なんですねぇ・・・

2013.04.04

待ったなし

大きな時代の変革の足音。

日本人は、この数年で生き方、働き方、学び方を含め大きく替わらないと、未来はない。

そんなメッセージなのかな?

決まった作業ではなく、その中でも、新たな価値を生み出していく働き方、生き方・・・

今日、この日を忘れないようにしなければ・・・

とにかく、向上していくしかない。


« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

広告


フォト

TEL:092-651-2197

当店連絡先(予約制)