« 日本のデザイン 原研哉著 感想文 その2 | トップページ | 藤の花 2013 »

2013.04.15

金買い時かも? のお話。

Dgold_graph_bg
田中貴金属 1ヶ月金価格推移
※画像は翌日(2013/4/16)のものです。

金価格が暴落!

さあ、買いどきを探そう!!と言われても、なかなか買えませんよね。

だったら、慌てて売らずに持っておく、少しでも金製品を手元に残しておく。

バランスは必要でしょうが、資産で金の比率が多すぎるという日本人は殆どいないでしょうから・・・

暴落前の高値圏ですら、将来を見据えて俯瞰すれば買い時のような気もします。

なんせ、アメリカも、日本もじゃんじゃんお札印刷してるんですから・・・

それは、さておき金買い時かも? のお話。

シビアな、金買取ビジネスの世界で、今日のような下落は正直、質屋さんなどには辛いと思います。

質屋さんは、ビジネスで金買取をされてますので、ずっと貯めこむわけにはいきません。

ですので、買い取った分はどこかで売らないといけません。

暴落前の価格で金を売っとけば~~~

という、質屋さんも多いでしょう。


そういう質屋さんに、18金なら1グラム4,000円で買いますよ。

と、回れば売ってくれそうな気もします。

さすがに、素敵な製品は無理と思いますが・・・

いわゆる、「潰し」といわれるような、材料以外の価値がないような品物でも、金は金。

将来のリスクに備えた資産。

と割り切る、思考の切り替えも必要かと思いますが・・・

つまり。

ある意味、金の買いのチャンス到来です。

じわじわ上がっている時にそういうこと言われても、もう少し待ちたい心理が働くかもしれませんが、

こういうタイミングだと喜んで売ってくれそうな気もします。

気軽に、質屋さん巡りしてみてはいかがでしょうか?

「そんなもんはない!」と言われたりとか、

異常に怪しまれるとか、不快な思いをさせてしまった場合は申し訳ございません。

金は持っていたほうがいいとおすすめしながらなんなんですが、

金価格の行方は誰にもわかりませんので、自己責任でおねがいしますね。

« 日本のデザイン 原研哉著 感想文 その2 | トップページ | 藤の花 2013 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本のデザイン 原研哉著 感想文 その2 | トップページ | 藤の花 2013 »

フォト

TEL:092-651-2197

当店連絡先(予約制)

広告