« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013.09.30

金製品は、売らずに持っておきましょうと繰り返し言っている、根拠の一つ



催事の疲れで、頭が回りませんが…

金製品は、売らずに持っておきましょうと繰り返し言っている、根拠の一つはこんな感じです。

豊島逸夫による金市場の解説 > 2013年 > 長期金価格トレンドについて



「要点は、年々金の採掘コストが上がっているという点」

価格が上がれば、リサイクルで金が還流してきますが、その量も限度がありますからね。

繰り返しになりますが、持っている、金製品は売らずに持っておきましょうね。

それを踏まえてお売りになりたいという場合は、それはそれでいいと思います。

それこそ、金が生きるときだと思います。

>> 金、プラチナ 地金製品 質入れ&買取

>> 地金製品 ネックレス、ブレスレット、指輪 販売





2013.09.28

第178回 全九州質屋大バザール 2013/9/29までっ!



報告遅れてすみません。

あと一日がんばるっす!!

全九州質屋大バザール







2013.09.24

宗田源造作 博多人形





Img_3902

Img_3903

生地、面、髪等の質感が良く表現されています。

やっぱり、こういうものは大事に扱いたいものですね!





御庭焼 市川光春 組紐文皿 買取



Img_3893

Img_3895

Img_3894



御庭焼の組紐文のお皿

クールジャパンなんか目じゃない、日本の意匠

この文様が生まれたのは江戸時代ですが、現代においても全く色あせずデザインの力を保てています。

ちなみに、こちら手描きです。

いわゆる有田焼と違って、鍋島は、販売目的で作られたのではなく、献上用に作られたものですので、頭のてっぺんからつま先までピシーッと、品格が漂っています。

鍋島のDNAを色濃く受け継いだ窯元は、品格を大事にしますので、見えない部分などに手抜きや雑さを出さずに、淡々と素晴らしい作品を作り続けています。

櫛高台も、持ち上げてわざわざ見ないといけない部分も、とても丁寧に描かれています。

これ見よがしな自己アピールもせず、淡々と品格のある作品を作り続ける。

そのあたりの姿勢もいいですね。

お売りいただきありがとうございました。

>> 陶磁器査定&買取、肥前屋質店



ひとり外商 手巻きの古い時計&作家ものの博多人形編



女性ものの、手巻きの古ーい手巻き時計の在庫のお問い合わせ。

Img_3697



残念ながら、既に当店に在庫がなく、旅立っていましたが、

宝石を探す過程の中で、ちょこちょこ、そういう時計を見かけるので、ちょこちょこ仕入れています。

うーん、これはなんだかかわいいし、自分が思っている価値よりも相場的な評価が低いように思う。

って、ものが、お問い合わせがあることで、

自分の感覚が間違っていなかったことが裏付けられてうれしかったです。

ブームとか、世間で人気とかではなくていいんです。

いや、むしろ、日の目を浴びていないからこそいいのかもしれない。

誰も見向きもしないもの。そこに光を当てる・・・・・





そういえば、博多人形もそう。

先日、2点ほど納品させてもらいましたが、

Img_2316

Img_2318



いいものも、そうでないものもいっしょくたに取引ではなく、

「お、これは!」というものは、価値をお分かりいただける方にお届けしたい。

他の誰でもなく、自分にしかできないことって見つけようと思ったらいくらでもある。

誰かがやってくれる仕事は、誰かにどんどんお任せするとして、

自分にしかできないことを、もっともっとガンバロ。

※無料相談※
こんな品物探している、こんな品物売りたい、どこでどうやって処分したらいいかわからない・・・
等、お気軽にご相談ください。




2013.09.23

トルコ絨毯、ヘレケ産シルク 玄関サイズを宅配便買取



トルコ絨毯、ヘレケ産シルク 玄関サイズを宅配便買取でお売りいただきました。

Img_3888_2



福岡県内でも、交通アクセスなどを考えると、宅配便買取をご利用いただいた方がいい場合も多くございます。

お気軽にお問い合わせください。

>> ペルシャ絨毯 宅配便買取 肥前屋質店





ペルシャ絨毯、タブリーズの玄関と、ヤラメの廊下敷き 買取



Img_3830

Img_3832



ペルシャ絨毯、タブリーズの玄関と、ヤラメの廊下敷き。

買取時点では、変色、傷み、が結構ありましたが、何とか再生できました。

何とかレベルではありますが・・・

中古のペルシャ絨毯だと、メンテナンスをした場合どのくらいのコストがかかって、どの程度復活できるかを想定して買取価格が決定するという場合もあります。

ちなみに、トライバルラグはあまり扱わなかったりもしますが、今回は大丈夫かなと思い、買取させてもらいました。

お売りいただきありがとうございました。

>> ペルシャ絨毯 宅配便買取 肥前屋質店





2013.09.21

中古 アメジスト 真珠取巻き ペンダント兼ブローチ K18枠



Img_3882

Img_3883

Img_3884



昭和っぽくも見えますが、おそらく平成のような気がします。

カボションカットのアメジストを覆輪留めして、周囲を小粒の真珠で取巻いております。

しっかりとした感じの安心感はあります。

アメジストの表面はほんの少し小キズがあります。

仕上げ済み

>> ご購入はこちらをクリック!

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

>> CLASSICS FUKUOKA -Jewelry-



【管:S50729_6



価値観なんて、半世紀もすればずいぶん変わってしまう



価値観なんて、半世紀もすればずいぶん変わっているものだ。

ダイヤモンドは永遠の輝きというけれど、

メレダイヤモンドに、合成石がどんどん紛れ込んでいけば、

小粒の、ダイヤモンドなんて、いちいち鑑別撮るのも割に合わないし、特に珍しいものでもないから・・・

という、価値観になってしまうかもしれない。

(現代はともかく、50年後の話ですよ。)

エコエコな時代なので、

環境破壊がなく、誰でも楽しめる合成石の方がいい、石よりも職人技に対価を払いたい って人も増えるかもしれない。

天然、無処理の宝石の奥深い輝きに魅力があるのは事実なんだけど、

なんせ採れる量が少ないので、少数の人しか楽しめないというのも事実なんですよね。

宝石を売るものがこんなこと書いちゃうと元も子もないんだけれども・・・

まぁ、それでも、人の技にも、天然の宝石の奥深い輝きにも、惹かれてしまう魅力はありますね。

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

>> CLASSICS FUKUOKA -Jewelry-





2013.09.20

昭和ジュエリー 千本透かし(打ち抜き) アルマンディン・ガーネット K14WG リング #12



Img_3873

Img_3874

Img_3875

Img_3876



どこかで紹介したような気もしますが…

改めてご紹介。

おそらく、打ち抜きタイプです。

K14WG 仕上げ済みで、ロジウムメッキを行っております。

ガーネットの表面に凹みがあります。

おそらく、もとからあったもので、ガーネットでも当時は貴重だったのかなと思われます。

040

Img_3877



石の真下の部分(指の甲側)など、製造時の仕上げをもう少し頑張ってほしかったなぁと思う部分はありますが、14金であるというこから考えて、コスト意識というか、ビシーッとしたものを作るという意識が少し少なかったのかもしれません。

全体的なシェイプはいい感じかなと思います。

これはこれで、かわいいですよ。



お声かかってページを見直しましたが写真があんまりでしたので撮りなおしました。

Img_1962_3

Img_1963

Img_1964

Img_1965

Img_1966



>> ご購入はこちらをクリック!

>> CLASSICS FUKUOKA 昭和ジュエリー

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。





昭和ジュエリー 千本透かし(打ち抜き) 合成サファイア(紫) カボション #11.5



Img_3871

Img_3868

Img_3870



千本透かし、打ち抜きタイプ

アメジスト と思いきや、合成サファイアです。



このくらい、アメジスト使ってよ。

という、気持ちもありますが、当時と今では、状況も、価値観も違ったのでしょう。

千本透かしのジュエリーは、合成石が多いなと、改めて思いました。

でも、プラチナは、天然石が多いかな。

天然石を使った、キャストのジュエリー

ハンドメイドの、合成石のジュエリー

どっちがどうってこともなく、それぞれの価値観ですかね?



>> ご購入はこちらをクリック!

>> CLASSICS FUKUOKA 昭和ジュエリー

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

【管:K50827_1_1



中古 バイカラートルマリン10ctUP Pt900 ペンダント



Img_3865



Img_3867



うーん、この色

過去にお取扱いさせてもらった、トルマリンの色に似ているところがある。

こちら、おそらく無処理です。(違ったらごめんなさい)

深みがあって、微妙な中間色的なピンク味のあるトルマリン結構いいですよ。

石をぐるりと取り囲んでいる枠がハンドメイドで、ネックレスを通す部分(ミル打ちのあるところ)は、キャストだと思います。

バイカラートルマリン

日独宝石研究所ミニ鑑別書付

>> ご購入はこちらをクリック!

>> CLASSICS FUKUOKA -Jewelry-

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

【管:K50907_7



昭和ジュエリー 唐草 突き抜ける青空のようなトルコ石のリング #15.5



Img_3855



Img_3854

Img_3851

昭和ジュエリー 、 唐草  のリングです。

スコーンと突き抜けるようなスカイブルーのトルコ石。

ぼんやり色のムラはありますが、

あまりにも鮮やかすぎて、不安になって鑑別出してみたらOKでした。

ただ、完全なナチュラルではなく、無色透明材の含浸が行われています。

今まで、あまり、気にしたことはなかったのですが、

トルコ石への含浸は、比較的多く行われているようです。

色を付けた着色ではないので許容範囲かな?

市場に出回っている、トルコ石のどの程度が処理されているものか知ることは、今後の課題ですね。

唐草

ハンドメイドで作られております。

昭和に作られているものかなと思いますが、古さを感じさせないのは何故だろう・・・

Img_3858



枠の台と、石がちょっとずれてるかなー と、気になって職人さんに聞いてみたところ、

上から見て、石から、枠がはみ出ていないので許容範囲かな?

とのことでした。

Img_3859



Img_3862



雑さはなく丁寧ですよ。

日独宝石研究所のミニ鑑別書付。



>> ご購入はこちらをクリック!

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

【管:K50827_6



2013.09.19

中古 K18 3.3g ペンダント D0.07 ネックレス 40.5cm



Img_3848

Img_3850



ネックレス、ペンダント 共に 「K18」 刻印

メレダイヤモンド 計0.07ct

仕上げ済み

>> ご購入はこちらをクリック!

>> 中古 地金製品 ネックレス、ブレスレット、指輪 販売

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。





中古 K18 7.3g ネックレス 42cm



Img_3846



Img_3847



薄い板を加工したデザインネックレス。

仕上げ済み



>> ご購入はこちらをクリック!

>> 中古 地金製品 ネックレス、ブレスレット、指輪 販売

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。





中古 Pt850 P.m850 28.9g キリコ ネックレス 66㎝ 昭和



Img_3843

Img_3845



昭和の香りのするキリコのネックレス。

結構な重量感あります。
機械でカットした、キリコと、チェーンをロウ付けしています。
仕上げ済み



>> ご購入はこちらをクリック!

>> 中古 地金製品 ネックレス、ブレスレット、指輪 販売

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。



【管:N504022



2013.09.18

ドキドキ  





所在が判明。工房も構えていらっしゃるようだ。

ドキドキ  

少し、時間をおいてどうアプローチしようか考えよう。

まずは、一歩前進

いいお返事いただけるといいんだけど・・・











手巻 ブレスレットウォッチ セイコー ユニバース 中古 レディース 腕時計



Img_3835

Img_3836

Img_3837





こちらの時計。

1960年代でしょうか?

現役でチクタク動いております。

金性が面白いですね。

プラチナ650 パラジウム350

つまり、プラチナ65% パラジウム35% で作られたケースです。

ステンレスのケースではありませんから、高級ラインの製品であったろうと思います。

ベルトは社外品。USA製

全体的に使用感、小キズあります。

文字盤かなり傷んでいます。

それでも十分魅力的ではあります。

古い時計なので、若干誤差はあります。



セイコー Universe

PT650/PD350 ケース

プラスチック風防

 

>> ご購入はこちらをクリック!





しばらく金が安くなるかもしれません



インドがゴールド宝飾品に対する輸入関税を10%から15%に引き上げ
https://twitter.com/BruceIkeGold/status/380118662373339136

自国の通貨ではなく、人々が金に走ると国は困るわけで、

このような事になるのかもしれません。

インドの需要が落ち込むと、金価格は下がるかなとは思います。

これは、買取価格だったり、投資用の金の価格であったりの話です。

製品の販売価格が、金の価格に連動して安くなるかというとそいう言うわけにもいかないので、

かなり安くなった場合は、インゴットなどを買うのがいいのかもしれません。(それなりにお金がある方は・・・)

製品は売ってしまったらそれっきりで、安く買い戻すことは難しいので、

今後、安値になるかもしれないけれど、というのを踏まえても、売らない方がいいとは思っています。

直近で、現金が必要だという方は、金価格が上がりにくい要因があるということを頭に入れておいた方がいいかもしれません。

しかし、あくまで予想に過ぎず、今後、金が下がっていくという断定もできません。

責任は負えませんので、最終的には各自のご判断でよろしくお願いいたします。

>> 金、プラチナ 地金製品 質入れ&買取

>> 地金製品 ネックレス、ブレスレット、指輪 販売





時間が過ぎていくのをぼーっと眺めている場合ではない



Img_3786



このリングを作られた方は、県外にいらっしゃるとまでは聞いていましたが、

実際に連絡をとってみたいという気持ちが高まり、

職人さんに、お会いできるか聞いてみたけれど、

残念ながら亡くなられているとのことでした。

残念。。。  ちょっと、動き出すのが遅かった…



でも、ひとつ望みがあり、

息子さんも、制作のお仕事を継がれているそうだ。

その方に連絡が取れるか、調べていただいている最中です。



この件にかかわらず、ためらって、時間が過ぎていくのをぼーっと眺めているだけではなく、

もっと、動き回らなければと思った次第です。

昭和のジュエリーを作り出された方々がまだお元気なうちに、いろんな方にお会いしてお話を聞いてみたいです宣言。

進展が無かったら、背中を押していただけると嬉しいです。

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

>> CLASSICS FUKUOKA 昭和ジュエリー

>> CLASSICS FUKUOKA -Jewelry-





2013.09.17

名付けて、 格子・唐草紋二段透かし指輪(リング) 的な感じ?



Img_3786

036

長々と続きますが…

だいぶ、疲労も取れてきたので頭も回ってきますので、続けます。

「べき」かどうか

こちらのブログに書かせてもらったリングなのですが・・・

私がよく取り扱う唐草と、ちょっと構造が違います。

唐草の上に、格子状の透かしがあります。

つまり、透かしが2段になっています。

陶磁器的に名づけると…

格子唐草紋二段透かし指輪 ってとこでしょうか?

ここまで、手がかかっているのに、何故サファイアのコンディションがこんなに悪いのか??

・・・それは、多分千本透かしのリングに合成石が多く使われているのと、同じ理由かもしれない。

当時の円安や情勢では、美しい宝石が、入手困難?高価?だったので、素材のクオリティーを落とさざるを得ない。

そのかわり、手間はかけることができるので、凝った細工を施している・・・・

という感じでしょうか?

M-style(仮)にしては、材料があまりよろしくない、仕上げがちょっと荒削りなどというのは、

私がよく見てきたものよりも、少し時代がさかのぼっているからだろうと思う。

今は、そう思っています。

このリングの作者さんと思われる方に、勇気を振り絞って、このリングを作っていた時代背景や、いろんなことを聞けたらいいなぁ 

なんて、思っています。

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

>> CLASSICS FUKUOKA 昭和ジュエリー

>> CLASSICS FUKUOKA -Jewelry-





2013.09.15

このリングじゃなきゃいけない理由



Img_3786

Img_3787

036




石のコンディションが悪かろうと、このリングでなきゃいけない理由があったりもします。

気の利いたことを書きたいけれども、今日は頭が回らない…

紹介する前に保留になっちゃいましたが、アルバムなどには残したいと思います。



2013.09.12

がんばろう

尊敬する、目利きな方に再び選んでいただいた。

励みになります。

がんばろう。

2013.09.11

ジョージジェンセン フュージョンリング 買取



セットリングと言えば…

ジョージジェンセン フュージョンリング

Img_3779

Img_3780



カルティエ、ブルガリ、ティファニー、ハリーウィンストン、

のような、超ビッグなブランドジュエラーさんではなく、

ジョージジェンセン、ニーシング、コルロフ、ファベルジェ、カレライカレラ、マリエラ 等も買取いたしますよ。

カシケイ、ミキモトなどの、日本のジュエラーさんの品ももちろん買取いたします。

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。





セットリング



Img_3777



Img_3778



PT900 と、 K18 のセットリングです。

メインのダイヤモンドは、0.1半ばの小さなものです。

でも、綺麗ですよ。

そして、組み合わせたときに、地金の境界線が当然のことながらくっきりしています。

そういう、くっきり感はとくにセットリングでなくても、求めたいものですね。

真ん中の、PT900 リングは、11.5号

両サイドのK18リングは、サイズ棒で測ってみると、10~11号でした。

ハンドメイドで、メレダイヤも裏側から光が入りやすい構造で、いい感じではあります。

037

038

039



品の良さというか、筋の良さというか、現代ジュエリーでも、こういう作りはいいですね。

作りがものすごく丁寧という意味ではなく、見ていて、正直というか、安心感があります。

仕上げ済みですが、深い傷、へこみは残っています。

前のユーザー様が気に入って使っていらしたのでしょう。

使いたくなる気分。それは、すごくよくわかります。

お売りいただきありがとうございました。

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

>> CLASSICS FUKUOKA -Jewelry-



>> ご購入はこちらをクリック!





「べき」かどうか





タグホイヤーや、ドレクセル

等で使われており、「HERITAGE」って、言葉がなんだか気になる言葉だな・・・と、調べてみると…

ヘリテージ【heritage】

受け継いだもの。また,代々継承していくべきもの。遺産。

kotobankより

heritage

【名詞】【不可算名詞】
[また a heritage]
1世襲[相続]財産.
2a先祖伝来のもの; 遺産.
用例
a rich cultural heritage 豊かな文化的遺産.
b(未来に残すべき)自然環境遺産.


weblioより

なかなか、良さげな意味でいいね。「べき」ってところが、能動的で素敵。

たまたま、遺りました。ではなく、残すべきだから。とう、理由、意思が先にあるところがいい。

私も、その精神をぶれないようにしていきたい。

ヘリテイジ デザイン、ヘリテージ スタイル、ヘリテージ ジュエリー、そんな感じで、

どこかで、使ってみようと思っていたら・・・

オリンピックのヘリテッジゾーン&東京ベイゾーンと、いうゾーンがあると知り、

ちょっと、乗っかった感じで使いにくいなぁ・・・

と、思ったことはさておきまして。



先日、入荷した品物。仕上げを依頼していまして、職人さんのところに、仕上げの出来上がりを取りに伺ったら…

これ、※※製デス。(製造元をここでは書けないので、私が勝手に呼んでいるM-style(仮))。の☆☆さんの作です。

と、作者さんまで特定されてびっくり。

「☆☆さんは、唐草が独特で、くるくるくるって巻いちゃぁですもんねぇ~」との事。

「で、これ二段になってますもんね。」

と、言われて、気づきましたが確かに二段です。

035



仕上げが荒削りっぽいところが、気にはなっていましたが、アンティークジュエリーも似たようなところがあって、細かく見るよりも、全体で、トータルとして魅力を放つというか、そんな感じです。

ルーペで見る世界が大事という方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、大事な部分を抑えさえしていれば、肉眼で見てオッケーなら、オッケーですよね??

んでもって、作者さんもわかって大満足です。

私が満足すれば完結するってわけでもないですが、

中古のジュエリーはブランドでない限り作り手がわかることはほとんどないので、その中で、作者までわかってしまうと、運命的なものを感じるというか、他の誰でもなく、埋もれて、忘れられて、もしかしたらスクラップされてしまいそうなこれらの作品群に再び光を当てることができるのは、他の誰でもなく今のところ、私しかいない。

と、勝手に熱くなってしまうのです。



やっぱ、これらの唐草リングも、残す「べき」ものではあるなと・・・

ヘリテージを口に出してはいきませんが、心の中では、これは「ヘリテッジ」だね。これは違う。



と、





唱えていきません。(爆)





というのは、冗談で、いかないというか、いくというか・・・・

カタカナ語ではなく、売れる、売れない。人気がある、人気がない。ではなく、

「残すべき??」「残すに値するか??」

かどうかを、シンプルに、自問自答していこうと思います。

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

>> CLASSICS FUKUOKA 昭和ジュエリー

>> CLASSICS FUKUOKA -Jewelry-





2013.09.10

373:オパール 千本透かし(櫛タイプ) 14K 天一? リング #14



追記:
こちら、櫛タイプでした。 上から下に透いています。

櫛の上に横一直線にロウ付けの線が確認できますが、オパールの石の下に張り付けた板の線でした。

つまり、

櫛の上に板を貼って、その上にオパールを留める台座を乗せたという構造です。

翡翠ならたまに見ますが、オパールの下を地金で覆うというのは、珍しいですね。

私は、中華圏のジュエリーではないかと思っています。

ミクロな視点になっていくと、気になるところがちらほら出ていますが、それは、どのジュエリーも同じというか、人が作るものですし、天然の石を使っているわけですから、完璧でないものを扱っています。

ってことで・・・





Img_8012

Img_8003

Img_8005

033



034



アルバム:373


これは、笑っちゃうくらいへたくそな千本透かしだなー

と、思いながら仕入れました。

何故かというと、オパールに魅力があるからです。

小キズだらけで、表面ざらざらですが、ほんのり青みを感じさせる事と、オレンジ系の遊色が鮮やかです。

高品質志向の方には、コンディション、作り的におすすめしませんが、

昔のオパールっていいよねー って方には見ていただきたいかも。

枠は、「14K」 「天一」? というような刻印があるので、

日本っぽくなく、アジア系のジュエリーかな? という気もします。

アジアだろうと、日本だろうと、雑は雑な作りなので、

千本透かしでおススメというよりは、オパール好きな方おススメ という感じでしょうか?

写真は、あまりうまく伝えきっていませんが…

仕上げ済み



>> ご購入はこちらをクリック!

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

>> CLASSICS FUKUOKA 昭和ジュエリー

>> CLASSICS FUKUOKA -Jewelry-

渕上清志のオパール観





374:千本透かし(打ち抜き) アメジスト リング #10



Img_8031

Img_8026

アルバム:374


千本透かし

、打ち抜きタイプ

アメジストは、なかなか深みがあっていい色です。

ちょっとわかりにくいですが、下部は、平らではなく、ファセット面があります。



>> ご購入はこちらをクリック!

【管:S50729_4

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

>> CLASSICS FUKUOKA 昭和ジュエリー

>> CLASSICS FUKUOKA -Jewelry-





2013.09.09

中古 指輪 K18 ムーンストーン D0.04 2.4g #9



Img_3773

Img_3769

Img_3771

032



正式には、地金製品ではありませんが…

石がどうの、技がどうのという視点では語れませんので…・

裏抜きで、着け心地ざらざら感ありますが、

ハートの透かし、ムーンストーンかわいいですよ。

当店で、簡単に磨き、洗浄しました。

仕上げご希望であれば、+500円 です。

>> ご購入はこちらをクリック!

>> 地金製品 ネックレス、ブレスレット、指輪 販売

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。





中田一於作 釉裏銀彩 ぐい呑 買取



Img_3756



九谷の作家さんです。

釉薬の上ではなく、下に銀箔が張られていますので、

銀箔が劣化していくということがありません。

劣化しないというよりは、劣化のスピードがかなり緩やかと言った方がいいかもしれませんが。

高温で焼成しますし、焼成時には収縮しますので、技術的にはかなり難しいと思います。

Img_3757



それと、こちらも磁器ですが、有田焼の磁器の色と違います。

有田焼の材料は、もともと泉山で採掘していたのですが、ほぼ枯渇状況にあり、

現在は、天草陶石を使っているところが多いです。

それに対し、九谷焼は、地元の材料を使っているようです。

若干グレイな色ですが、地元の材料を使い続けているという点は、有田焼と九谷焼の大きな違いかもしれません。

(有田焼にも、泉山陶石を使った作品を作っている窯は現在でもありますが・・・)

>> 陶磁器査定&買取、肥前屋質店





親から子へ、子から孫へ



この商売やってて、最近ぼんやり思うのは、

親から子へ、子から孫へ 受け継がれていくものが少ないというか、

そういう意識を持っている人が少ないというか…



高額品とかそういうものでなくていいから、みんなそういうもの持とうよ。

と、思う。

モノ を、大事に扱うということは、

物質というよりは、その背景であったり、そのモノに付随する 心というか、精神性というか、そういうものだと思う。



商売の事だけ考えれば、売りと買いが活発になる方がいいのですけどね・・・





それでも、やっぱりという場合は、お気軽にご相談ください。





2013.09.08

柿右衛門窯 染錦 柿文 一輪生 買取



Img_3748



久しぶりに、陶磁器つぶやこう。

ご本人策ではなく、柿右衛門窯の作品

乳白色の素地に赤が映える柿右衛門手ではなく、

こちらは、青みがかった磁肌に深みのある染付のライン。

「有田焼」を強く感じさせてくれる作品。



結局のところ、柿右衛門窯はずーっと、柿右衛門様式だけを作り続けてきたわけではなく、時代に合わせて求められるものを作ってきており、この品格のある有田焼を作るのも、柿右衛門窯の一面ということですね。

Img_3749



ホントにもう、この青の線なんか見ちゃうと、胸キュンですね。

実に、浮ついていなくて、技術的に高いんだけれども、ちょっと控えめなたたずまいがイイですね!

お売りいただきありがとうございました。



>> 肥前屋質店 柿右衛門買取





写真追加しました。



いろいろコメント書きたいのですが、時間がないので写真だけです。

気になる方は、お気軽にお問い合わせください。

今回は、すべて画像処理なしです。

373


374


375


376


377


>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

>> CLASSICS FUKUOKA 昭和ジュエリー

>> CLASSICS FUKUOKA -Jewelry-





イタリアンジュエリー 750 エメラルド ダイヤモンド リング #12.5



Img_3745

Img_3747

029



イタリア製のジュエリー

裏を抜いているので、着け心地が若干気になるかもしれません。

それでも、悪い感じがしないのは、材料が綺麗なものを使っているということと、

丁寧に作られているということもあるかもしれません。

ホワイトゴールドと、イエローゴールドのコンビは、先に成型し、イエローゴールドの部分をマスキングして、ロジウムメッキをかけるという手法も取られるようですが

こちらは、イエローゴールドのパーツ、ホワイトゴールドのパーツを組み合わせていますので、境界線がはっきりと見えます。

しかも、こちらは、イエローゴールドと、ホワイトゴールドの境界線にすき間をあけています。

そのあたりの、うまさとうか、抑えるところはちゃんと抑えているという安心感はイタリアのジュエリーの平均値の高さを感じさせますね。

仕上げの後納品です。

お売りいただきありがとうございました。

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

>> CLASSICS FUKUOKA -Jewelry-



>> ご購入はこちらをクリック!





750 2ct パヴェダイヤモンド リング #14



Img_3741



028

Img_3744



ダイヤモンドも、留めている爪も綺麗です。

サイドにもダイヤモンドが留められているのは嬉しいですね。

ずいぶん高かったということですが、重量感と言い、質と言い納得です。

お売りいただきありがとうございました。

ちょっと測りにくかったので、断定できませんが、サイズは14だと思います。

仕上げの後納品致します。

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

>> CLASSICS FUKUOKA -Jewelry-



>> ご購入はこちらをクリック!





中古 K18 7.6g ネックレス 40cm



Ⅱという形をつないだネックレス。

滑らかに動きますし、よく見るタイプではないので、ちょっぴり高級感を感じていただけると思います。

チェーン幅は、1.5mm前後です。

仕上げ済み

>> ご購入はこちらをクリック!

Img_3736



Img_3737



>> 地金製品 ネックレス、ブレスレット、指輪 販売



東京オリンピック&震災からの復興



2020年 オリンピックの東京開催が決まったようだ。

再開発、広告、金メダル競争、金、金、金

で、浮かれずに、

このオリンピックの成功は、福島をはじめ、震災からの復興とセットであるということを忘れてはいけないと思う。

とか、偉そうなこと言える立場ではないけれど、

決まった以上は、是非とも成功したといえる状態になってほしいです。





2013.09.07

入荷速報



Img_3731



古い腕時計

片方のみのイヤリング

昭和のリング

昭和の水晶ネック



Img_3734

Img_3735

時計ですが、ベルトはメイドインUSA

別にそれはどうってことないのかあるのかわかりませんが…

ケースが、プラチナ650(65%)/パラジウム350(35%)で、割っているというもの。

Img_3732

片方のみのイヤリングは、どげんすると?

と、お思いの方も多いかもしれませんが、

こちらは、ジョージジェンセン(66)

ハンドメイドな細工がかわゆいのです。

日本の家紋等に影響を受けてる感じがしますね。

玉の部分は、カラーストーンではなくシルバーです。

裏側を作り変えて、ピンにしたい気もするけれど、さすがにいじっちゃいけないか?

さて、どうしよう・・・

売れなかったら考えよう。

Img_3733

027

昭和のダイヤリング。サイズは変形してわからないけど8前後か??

太陽のような彫りは、なんていう名前だったか…

ダイヤがとてもきれいで、自分の小指につけたい!思いながら買ったものの、サイズ直し等の事を考えると、やっぱり売らないとね。

等と、思い返し中。

この品物に限らず、自分が欲しいと思えないものは、売れないと凹むので、あまり仕入れません。

逆に、それだと、売れなくても一向に構わないので、それはそれでたまっていっちゃうんですけどね(笑)



水晶ネックは、安かったからという理由で、こちらは催事なんかで売れるかな?

二度と、このブログに出てくることはないでしょう。

多分…

完全中古品(要洗浄) 1,500円 送料別

で、ご希望の方がいらっしゃれば、メールください。いないよね。(笑)

その他、唐草スターサファイア、セットリング、アンティーク調のちょい古ネックレス等は、仕上げに出しました。

そのうち紹介できるかな?

できなかったらごめんなさい。





もうすぐ9年目?



2005年の9月末にこのブログを開始したようだから・・・

もうすぐ、9年目突入?

飽きっぽい私にしてみると、「よー続いた。」

と、いいたくなる。

これだけ書いても、書きたいことありすぎて、書けないのがフラストレーションになるくらいなのですが、

ほどほどにしないとね。

まぁ、でも自分は、学生時代に日記を書いていたり、

書きながら考えるタイプの人間なようなので、

今後も、ブログは続くかな?と・・・

人様に読ませるというよりは、自分の脳内を整理するという内向きな無茶苦茶な文章だったり、

商品アピールだったりしますが・・・

まぁ、質というよりも、「続いた」という事実になんだか安堵感がある。

久しぶりに、自分を褒めよう。そうしよう。





2013.09.05



025



ちょい、昔。

40年くらい前?

鬼爪で、枠も古いですが、もともとあったリングを作り変えたそうなので、

石の由来は、この枠よりもさらにさかのぼるということになります。

この、ダイヤモンドのガードル

多面でカクカクしていなくてすりガラス状

最近のダイヤモンドは、カラーグレード上げるためにガードルがカクカクしています。

ガードルの形状が、価格に影響することはないのですが、

素な子と、要領のいい子 的な感じで、

この、素 な 感じがいいですね。

鬼爪ファンは、なかなかいらっしゃらないかなと思いますので、

申し訳ないですが、こちらは、枠とルースはバラバラになり、

ダイヤモンドのルースと、プラチナ という、材料として生きる事になります。

ネットで業者さんを探したけれど、以前利用した肥前屋さんを信頼して・・・

との言葉が嬉しかったです。

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

お売りいただきありがとうございました。



お詫び



当店のジュエリーの写真ですが、

画像処理について、スタッフに聞いてみたら、シャープはかけているとのことでした。

今まで、偉そうに書いてきた自分に反省です。

シャープとは、境界線をくっきりさせる処理です。

処理しているのはシャープだけで、

色調、明るさ、などについては、扱っていないとのことでした。

(ジュエリー以外の写真については、別のスタッフの撮影で、こちらも確認します。)

あまり、気軽に書かずに、何事も、ちゃんと確認してから書かないといけませんね。

他店は画像処理しているけれども、うちはやっていない的な姿勢は反省すべきですし、

私の文章を頼りにされている方も多いと思いますので、このあたりの姿勢は、今後自覚をもっと持ってきちんとしないといけないと思います。、

申し訳ございませんでした。





過去の写真ピックアップ パライバトルマリン編



画像処理について、記事変更してましたら、こんな画像を発見。



そっか~

5年ほど前のブログの写真ですが、

パライバトルマリンの在庫が割にあったんですね~

こうやって、ずらりと並ぶとなかなかいい眺めですね。

>> 福岡の質屋肥前屋質店が貴方のお役に立てる365のこと その132 パライバトルマリンの色

5年の歳月が早かったのか長かったのか

あの頃と、自分も周囲もずいぶん変わった等々。

いろいろ感慨深いっす。





例えばこのルビー



367




撮影スタッフによる、ルビーの撮影。

ちょっと、環境が明るすぎるみたい。

ってことで、もう少し暗い中で撮影してみて、綺麗に撮れなかったらそれでいいから。

という、指示。



このリングも、



このリングも、同じリングなわけで、

単に、デジカメの設定や、撮影環境が違うだけ。



写真でお伝えするには限界があるということです。

大事なことは、実物を気に入っていただけるかどうかかな?と・・・

この石は、こういう条件下ではこのように見えるのでは?などという、変換能力的なものや

写真の向こう側に見える、撮影側の意図を読み取る力

があると、いいのかもしれないと思いました。

ルビー





安く言うのは簡単だけど、そうはいかないけれども、価格が伸びない場合もあります。



出張買取。

基本、出張買取は致しておりませんが、条件次第ではお伺いすることもあります。

元業者さんで、在庫品を大量に買取させていただいたのですが、

元の価格を知っているだけに、

買取価格がかなり厳しめで申し訳なかったです。

品物を見ずに、箱数x単価だったり、激安だったり、そういうことを言うだけなら簡単だけれども、そうはいかない。

でも、一品一品見せていただいても、なかなか高額査定できない場合もあります。

それを、承知でリピートしてご依頼いただいているのですが、こんな価格ですみませんという、気持ちにはなります。

当店の価格にご納得いただいてお売りいただいているので、申し訳ないと感じることもないのかもしれませんが、高値で売れさえすれば、買取価格も上げれると思いつつ、なかなか現実は・・・

さて、これからメンテと、準備で大変だ…

亡くなられたご主人の時からのお付き合い。

この方も、お元気ですが、かなりご高齢。

品物を取り扱う姿勢も、他の方には申し訳ないですが違ってきます。

品物を通して、亡くなられたご主人と向き合っているような気になります。

奥様もいつもおっしゃっていますが、実にいい人でした。

※※さんに、対して恥じない姿勢を保ち続けねば…

いつもご利用いただきありがとうございます。

Photo



&新鮮なお野菜や、卵。いつもありがとうございます!!



2013.09.04

写真追加



ちょいと、綺麗に写りすぎたかな?

まぁ、元がいいからこういう写真になるのかな?ってことで・・・

スナップ写真と、お見合い写真の、お見合い写真みたいなものですかね?

あまり写真で判断せず、写真の向こう側にあるものを見ていただければと思います。

まぁ、でも、綺麗だなぁ~~

エメラルドでは苦労するのになぁ~。

369


370


371


372
>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

>> CLASSICS FUKUOKA 昭和ジュエリー

>> CLASSICS FUKUOKA -Jewelry-





2013.09.03

ひとり外商 携帯電話番号変わりました編



最近ブログがジュエリーばっかりだ…

そのうち、落ち着くでしょう・・・。



アコヤ真珠一連のネックレスをご希望とのことでしたので、納品させてもらいました。

尊敬する方々からお声がかかるのは素直に嬉しいです。





あ、そうそう。携帯電話番号変わりましたので、登録変更お願いいたします。



今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。



似てるが違う、そして思い出す。



Img_3724

Img_3722

Img_3723



唐草の先端が綺麗だったので、お! M-style

かな?!

と、思って、職人さんにお見せしたところ…

地金の刻印が違うとのこと・・・

なるほどー。

でも、あそこで修行して独立した可能性もゼロではないようです。

唐草を追いかけ続けていると、いろんなことが見えてきます。



それと、それと・・・

この、シトリンの色と、輝き!!



このリングを、思い出します。



昭和ジュエリー シトリン12.89ct PT900 リング

今回の石は、カットの面数が多いので、輝き方は違ってきますが、

とても似た石だと思います。

あの石は、今も元気に輝いているでしょうか??

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

>> CLASSICS FUKUOKA 昭和ジュエリー





感想:中古 手巻き ウォルサム マキシム SV925 ブレスレット ウォッチ



名前(ペンネーム):lady myaa様

感想:
可愛いです。
シルバーでも、しっかりジュエリー感があります。
これで、wg  金無垢 ダイヤありサファイヤありなら、
0が二つほど余計についていたかもしれません。

綺麗にケースに納められてキラキラと輝いていました。
渕上様のお人柄でしょうね。
いつも安心して購入しています。
きっと可愛いと思う感覚が似ているのかもしれません。

>> 中古 手巻き ウォルサム マキシム SV925 ブレスレット ウォッチ



店主コメント: ブログでの記事掲載から、納品まですごく早くてびっくりしました。

何度もご購入いただいており、感謝です。

古い手巻きの時計は、ジュエリーとは違った魅力がありますよね。

ありがとうございました。





感想:357:昭和ジュエリー ファイヤーオパールリング 唐草



お名前(ペンネーム):rain様

感想
手にしてみて、時間が経てば経つほどこの細工の造形美に惹かれています。

美しいです。何時間でも眺めてしまいそう。

光りすぎない石との組み合わせもこの細工にふさわしく、まさに日本のジュエリーだなと思います。

以前は指輪の高さって石を大きく見せたいだけじゃない?と思っていたのですが、見方がかわっただけで「素晴らしい」と見せびらかしたい位になる私ってかなりゲンキンです。

このような素晴らしい細工の工芸品を手にしていきたいです。今後ともよろしくお願い致します。



>> 納品済:357:昭和ジュエリー ファイヤーオパールリング 唐草





店主コメント:

その昔、製造時に、上から見たデザインは、指定されており、横の部分は割と自由だったそうです。

唐草の部分は、バンドでいうと、ソロパートみたいなもので、

その、職人さんの技や、個性がよく表れているように思います。

今回納品させてもらったこの唐草のレベルのものは実はなかなか無いのですが、

レベルにかかわらず、ハンドメイドの職人さんの技が光るものの魅力を皆様に伝えていきたいと思っております。

ありがとうございました。





写真撮影しました



365


367


368


>> CLASSICS FUKUOKA ジュエリー紹介一覧



2013.09.02

宝石再生プロジェクト  2013年9月報告



Img_3715_2



この問題を、直視することを避けようとしている自分がいる。

日常の事ばかりに目を向けようとしている自分がいるが、

それではいけないと思う。

この活動は、そういうことを思い出させてくれる。

思い出すだけでは足りない。

>> 宝石再生プロジェクト



地金製品 出品速報



試験的にメルマガ作ってみました。

18金、プラチナ製品の出品の際に発行予定です。

ご興味のある方、頻繁にブログをご覧いただけない方は、登録してみてください。

品物はこのような感じです。

http://www.hizenya.me/cat23560754/index.html

登録も、解除もお気軽にどうぞ

>> 金、プラチナ 地金製品 質入れ&買取

>> CLASSICS FUKUOKA 昭和ジュエリー





電話回線復旧いたしました。

電話回線復旧いたしました。

お騒がせいたしました。

中古 ネックレス K18/PT850 コンビ ジュエリーマキ 6.1g 40cm



Img_3712

Img_3714



当店にて洗浄済み

仕上げは不要だと思います。

イエローゴールド2本、プラチナのチェーンを三つ編み状に編んでいます。

>> ご購入はこちらをクリック!

>> 金、プラチナ 地金製品 質入れ&買取

【管:N502041



納品済:中古 昭和ジュエリー キリコ ネックレス Pm850 6.0g 40.5cm



Img_3708

Img_3709

Img_3710

Img_3711



 ・・・この雰囲気、キャストではなさそうなんだけど、いままでそのあたりはそこまで気にしていなかったから、職人さんに聞いてみよう。

直線と曲線の鏡面光沢で構成されており、シンプルなようでいて多彩な輝きを見せてくれます。

仕上げ済み

>> ご購入はこちらをクリック!

>> 金、プラチナ 地金製品 質入れ&買取





« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

広告


フォト

TEL:092-651-2197

当店連絡先(予約制)