« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013.10.31

細かいことが気になって申し訳ないですが、手作りだったら何でもいいってわけではないんです。 千本透かし(穴透かし)笑っちゃうくらいテキトーな作りの、カーネリアンリング #12.5



Img_4019

Img_4020



おいおい、頼むよ~

しっかりしてくれよ~

と言いたくなる、作り…

昭和の職人さんによるハンドメイドの・・・

とかいう、言葉で踊らされちゃぁいけないよっっ!

やっつけ仕事感満載の穴透かし!!!

「どやっ!!」



051

050

049

048



久しぶりに笑わせてもらいました。

・・・貴方、透かす角度を考えずに、とりあえず穴開けていったでしょ?

何も考えずに透かしていったでしょ?!!!

考えていることは、形になって表れるんですよ!

いやいや、多くは語るまい。

あと一言、言わせてもらえるならば、

「しっかりしてください」

と言いたい。

それは、作る側も、売る側も、買う側も…



くすっと笑えるこのリング、おひとついかがですか?

って、お前も売るんかいっ!

って、突込みは無しってことで…



っていうか、千本透かしとは言えないか、32本透かしだね。これは・・・





2013.10.30

肥前屋 秋の皿祭りSPECIAL!!



Img_4013_2

Img_4011



Img_4012

料理店をされていたから、使わなくなった食器類のお持込があり、無料コーナーの棚に追加しました。

っていうか、はみ出てますね(笑)

捨てるにはもったいないですね。

まだまだ、使えますよ。

未使用品もありますし…

ちょっと、入りきれない感じなので、減ったらまた追加しますが…

ってことで、

肥前屋 秋の皿祭りSPECIAL 開催ちうっっっ!!!

土鍋もあるよ。

店の外にも置いてます。どうぞ、お気軽に。

・・・と、いいますか、ちょっと、いっぱいいっぱいな感じなので、どんどんお持ち帰りいただけると嬉しいです。

お持込点数と、お持ち帰り点数、スペース

この先、バランスが保つ事が保つことが課題かな?

>> en∽ 使わなくなった食器を生かします。





納品済:409:この、普通に「良い」という感じが大事なんだと思うんだ。 昭和ジュエリー ロードライトガーネット 唐草 リング #9.5



Img_4008

Img_4009

Img_4010

047



なんていうんですかね?

石がすごいとか、細工がすごいとか、デザインがすごいとか、

まぁ、そういう感じではないのですが、

石は「うーん」と、思うことなく普通に綺麗ですし、

細工は、ロウ付けの跡が残っている、ハンドメイドの安心感、ちょっと雑なんじゃないの?と、思うこともなく、逆に、「うおっ、これはすごい!」と、思う部分もないですが、普通にピシーッとして、熟練の職人さんが作ったであろうことがモノを通してわかる安心感。
うん、そうそう、こういう感じいいよね。

と、いう感じ。(って、どんな感じ?)

デザインも、何かが斬新ということもないのですが、「これ変だよ」と思う部分もなく普通にいい。
高さはありますが、そこは「唐草」の見せ場ってことで・・・

何か、煽って褒め称えるような感じではないけれども、

地に足付いた良さ≒安心感 的な部分はポイントかな?



有名ホテルの食材が!!!

という、ニュースがありますが、箔とか、ブランド、とか、有名だから、とかそういいう名前や、他人が決めた評価に依存しすぎている面もあると思う。

普通に、自分の舌で感じた、近所の無名かもしれないけれども美味しい店をリスペクトしていきましょうよって話。

絶品ロールケーキ! とかいって、そのクリームは、動物性なの?植物性なの? とか、

天然、産地直送、無添加です! とかいって、美味しいと言わせるだけの質、鮮度はあるの? とか・・・

ビルマ、モゴク鉱山産、非加熱ルビーのピジョンブラッドの表記のある鑑別付きです!
ビルマ産、ロウカンの翡翠です!  とか言って、嘘じゃないのかもしれないけど、その石、本当に綺麗と思ってるの? ずーっと眺めていて本当に飽きない?

とか、考え出すときりがない。

でも、肉のすき間に油を詰めたって・・・

パサパサの硬いお肉が好きな自分にとっては、どうにも理解できない。

素材の良さを生かしていくという発想ではないよね。

あれ? 何が言いたいのかわからなくなったけど、極力宝石紹介していきたいっす。

仕上げの後納品です。

仕上げ済み

Img_4744

Img_4745

Img_4747

051

050

049



↑仕上げ後の写真

>> ご購入はこちらをクリック!

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

>> CLASSICS FUKUOKA 昭和ジュエリー





from 大阪



Img_4007





大阪の方に、源右衛門さんの食器類を中心にお売りいただきました。

15年ほど前に購入されたそうです。

特に源右衛門さんの食器類は「使われる」ことに重きを置いた、モノづくりをされています。
絵付けが、ピシーッとなっていないところは、あえてそう描いていますし、古伊万里を思い起こさせる深みのある染付の色も源右衛門ならではのこだわりであったりします。

それはさておき・・・

食器類は、価格の上下かかわらず、使われるために生まれていますので、基本的には使ってあげるのがその食器にとっては一番いいことだと思っています。

いろいろな事情で、使わない場合は、

使う予定もなく保管していると、そのスペースも生かしていないことになりますので、

今後も使わないであろう、という判断をした場合は、使ってもらえるよう何らかのアクションを起こすことをお勧めいたします。

それが、人に譲るでもいいでしょうし、フリーマーケットや、バザーに出品するでもいいと思います。

使わずに眠らせる。

これは、モノも、場所も生かしていませんので、「モノも場所(住居スペース)も生かす」という考えを頭の隅に入れていただくといいかもしれません。

断捨離のような、「切り離す」ではなく、「生かす」という視点から見てみると違った発想になるかもしれませんね。

高かったものだから、手放したくない という場合は、どんどん使ってあげたらいいと思います。

もったいないからと、しまい込むのは一番もったいない気がします。

寝かせておいて、価値が上がっていくものはこの世にはほとんどございませんので…

陶磁器は、捨てられたり、割れたりしなければ、人の寿命より長く生きます。

自分の所有物、という視点が強いと見えないものが、陶磁器側の視点に立ってみると、誰に所有されているかというより、使われているか?というところが大事な事だったりするかもしれません。

ただ「存在している」「スペースを埋めている」のではなく、「使われるために生まれたものが、ちゃんと使われる」「モノがモノとして、道具が道具として生きる」という視点でモノを見ると、使ってもらえる人に譲る。そういう考え方の方もありかもしれません。

大事に、使っていただける方々へお渡ししていくのが、当店の役割の一つでもあります。

使うあてがないものがある場合は、お気軽にご相談ください。

お売りいただきありがとうございました。



>> 陶磁器査定&買取、肥前屋質店

>> en∽ 使わなくなった食器を生かします。





2013.10.28

EVER GREEN なデザイン 今右衛門 しだれ桜絵 銘々皿 買取



Img_3999

Img_4002

Img_4003



「うぅ・・・、何も言えねぇ・・・」

















で、終わってしまうわけにはいかないので書きますが…

関西の方に、宅配便買取でお売りいただきました。

十数年前に九州旅行をした際に購入されたけれども、なかなか使うことがないので・・・

(20年位前かも?というようなことをおっしゃっていたような気もしますが、おそらくそこまで前ではないと思います。)

ということでした。

ということはさておき、伝統的な鍋島様式のように見えて、たぶん今右衛門窯さんが生み出した文様だと思いますが、十数年前にもかかわらず、なんとデザインのみずみずしいことか…

この、デザインの力も裏付けがありまして・・・

一枚一枚手描きであるということは当然のこととして、線のゆがみのなさ、線の太さの一定さ、赤絵の色の美しさ、グラデーションの美しさであったり、表面的なデザインだけではなく、それを支える背景そのものがしっかりしているというか、安直ではないというか・・・

確かな技と、伝統と名声の上に胡坐をかくことなく、絶えず進み続ける姿勢があっての事かなと・・・

ポピュラーミュージックの名曲などにエバーグリーン等という表現を使ったりしますが、そんな言葉が浮かびました。

お売りいただきありがとうございました。

>> 今泉今右衛門作品 査定&買取



2013.10.26

映画 福岡・天神 時間旅行 / 大人500円、高校生以下無料という価格設定が実に良い。



Head_top_02



2013年11月11日(月)~

KBCシネマにて公開

なんだそうだ。



家族でミニシアターへ、という経験も、非日常的でいいかもね。

チケットが安いというのが実にうれしいし、

自分たちが住んでいる土地についての情報を共有できるということは多分いいことだと思う。

福岡・天神 時間旅行

西日本最大の繁華街となった天神の明治維新から現在に至るまでの約150年間をプレイバック。

主演 牧瀬里穂 監督 小栗謙一

予告映像↓
福岡・天神 時間旅行 予告





2013.10.25

げ、ブログの更新が…



生きてますよー!

たまたま、NHKラジオ で、かかった曲がめちゃ渋くて、探してみると、

たどり着いた。

David Hazeltine さよならブルース という紹介だったので、たどり着くまで結構大変だった…。

http://www.venusrecord.com/v2/release/VHCD-1066.html

↑この1曲目。 

んで、付随して知ったのが、須永辰夫さんの夜ジャズ!

こういう切り口で、っていうその切り口が素敵だ。

昔、その名を聞いたような気もするが、そのころはまだ若かったのか?耳にする機会がなかったのか?



こんなサイトもあるのか。

http://www.jjazz.net/programs/yorujazz/



いいねー。

こんな、ジャンルに惹かれる年頃になったのか?

いや、根っこに流れるグルーブ感が好きなんだろう。

まぁ、でもいいよねぇ。

渋いというか、心が震えるというか、

よくわかんないけど…

幾つになっても、感受性は保っていたい。

こんな、曲のかかるイベントがあれば、足を運んでみたいものです。

宝石関連はもう少しお待ちください。





2013.10.21

ファイヤー? メキシコ産オパール D付千本透かし #8



Img_3990

Img_3991



一般的な、千本透かしというよりは、

046



取巻き千本透かし と、同列な感じです。

繊細な仕事ぶりが楽しめます。

取巻き千本透かしという名前から、D(ダイヤ)付千本透かしと名前を改めた方がいいのかも・・・

石は、ファイヤーとつくかつかないか微妙なところです。

>> 406:ファイヤー? メキシコ産オパール D付千本透かし #8

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

>> CLASSICS FUKUOKA 昭和ジュエリー





新入荷のオパール紹介



Img_3983

Img_3984



右から、オパール 3.36ct Pt850 #8.5

色が詰まって、青系の遊色もあっていい感じですよ。

オレンジ系の遊色が綺麗です。



オパール Pt850  #9 細かな斑がびっしり詰まったオパール

青系の遊色もあります。

透かしがぐらぐらなっている部分もありますが、それだけ薄く透かしているとも言えます。

044



フォローとして、ぐらぐらなっていない部分の写真っす。

045



千本透かしを多く扱って、わかってきたのは、K18 は、合成石などが多く、

PT枠、850 が多いのですが、これは、材料費をケチっているわけではなく、当時の日本のプラチナ製品は、850 が標準だったということです、

昭和50年代に入ってくると、PT900 が標準になります。

ちなみに、海外は、950 が標準である国が多いんですけどね。

一番左はまた今度。

とりあえず、右二つがおススメっす。

もういっちょ。

Img_3985

Img_3988

Img_3989



青系が多く、紫も見えたり、足踏みしたくなる感じです。

説明はそれだけかい!オイ!

って、突込みは無しで…

きちんと、販売サイト整えたいですが、時間的に難しいので、こんな感じでゆるゆると・・・

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

>> CLASSICS FUKUOKA 昭和ジュエリー

千本透かし

>> CLASSICS FUKUOKA -Jewelry-





2013.10.20

どーんと増えたよ 千本透かし祭り



じぇんぶ、新入荷っす。

Img_3981

Img_3982



業者間の取引では、一個づつではなく、まとめてドンと取引という場合があります。(今回は、7本まとめて というものがありました)

そういうチャンスに、躊躇している時間はないんすよね。

・・・てなわけで、千本透かしが一挙に増えました(嬉)

いらっしゃーい。

カンテラ(オパール)もあります。

ひとつづつ、紹介していきたいのですが、そういう時間もなさそうな気がするので報告まで…



>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

>> CLASSICS FUKUOKA 昭和ジュエリー

>> CLASSICS FUKUOKA 千本透かし

>> CLASSICS FUKUOKA -Jewelry-





2013.10.19

en∽ 肥前屋秋の食器祭り 2013 まだまだ続くよ編



このシステムの名前を、オウエンから、en∽ に変えました。

オウエンというと、どうも上から目線の感じがあるので、目線は皆同じにして、もっと、循環とか、ご縁とか、まぁ、そんな感じがいいかな?と・・・

∽ この記号は、無現大 ではなく、相似記号らしいですが、お掃除とひっかけて…

品物を提供する側、受け取る側、場を設ける側 みな、ハッピーなので、似ている というのは、強引すぎか…

まぁ、そんなことはともかく、

やっぱり、捨てるのはもったいないし、何か間違っている。

喜んでお持ち帰りいただく方がいらっしゃるんですから、続けますよ~~

ってことで、無料のお祭り開催中~~!!

Img_3969



減ってきたので…

補充しました!!

Img_3971_2



Img__3972_3



店内においてましたが、リピーターさんもおなか一杯になったようで、店頭にもちょいとおいてみました。

お持ち帰りの際は、一言声かけてくださいね。



>> en∽ 使わなくなった食器を生かします。





2013.10.18

何を大事にするか



Persistent reports that large amounts of synthetic lab grown diamonds are being mixed with natural diamonds in parcels of melee and pointers.

>> Market Comments 10/17/2013 ラパポート

メレダイヤモンドに合成石がまぎれていっている問題が顕在化してきたようです。

小粒のメレを一石づつ鑑別するとコストが膨大になってしまう。

今から作るものは、ともかく、

新品も、中古のパヴェダイヤモンドのダイヤモンド等がすべてナチュラルかどうか鑑別に出していたら、膨大な金額になってしまうので、多分そこまで対応はできない。

あまり神経質になりすぎると、再販するより潰しちゃえってことで、問題ない品物まで潰されちゃうのはよろしくない。

こうすればよい。という、割り切れる問題ではないように思う。

少々乱暴ですが、いくつかにタイプを分けてみると…

1・予算がすごく上がってもいいので、とにかくナチュラルがいい。おまけに、紛争ダイヤ、環境なども気になるので、履歴が追跡できるダイヤモンドがいい。  ハイクオリティーなナチュラル派

2・グレードは落ちてもいいので、鑑別に出さなくてもインクルージョンでナチュラルが確認できる。むしろキズがある方が安心感がある。 合成不可、キズ万歳派

3・メレダイヤなんて、合成石がまぎれちゃうかもしれない。そんなものだよね。 合成混入容認派

4・同じ炭素なんだから、キズがあるよりも綺麗な方がいいに決まっている。紛争や、環境の心配もしなくてよい。 合成万歳派

5・そういう心配するより、昔のジュエリーのダイヤモンドって、綺麗だし、合成の心配がなくって、いいよね。 昭和ジュエリーに興味を持ちだす派(すみません、調子に乗りました)

こんな、単純に分けることができないけれど、価値観はその人その人に分かれてくるように思います。



そりゃ、ナチュラルで、クオリティーが高いものがいい

というのはわかりますし、私もそうです。

そうではないものを否定したい気持ちもわかりますが、

でも、頭の片隅に置いておいてほしいのは、天然でも、合成でも、どのようなジュエリーも、留めている爪は、機械ではなく、職人さんが留めています。キャストだろうと、何だろうと、そこに人の手によって留められている。

仕事ぶりにもよりますが、人の手で作られたものは全否定はできないかなと思います。

新品でご注意いただきたいのは、ナチュラルのダイヤで作ったパヴェダイヤで鑑別をとって、販売時は、同じ形の合成ダイヤのものを売る的なよからぬ業者さんも出てくるかもしれませんので、

あまり、鑑別をありがたがるのもいかがなものかと思ったりします。

Aだから、Bという割り切れる問題ではありませんので、

とりあえずは、混乱せず、事の成り行きを見守っていくのが肝要かと思います。

そのうち、新品でも、中古でも、大まかなルール的なものが形成されていくと思われますので。

私の予想としては、メレダイヤは、合成がまぎれてしまうかもしれない、そんなもの。的な価値観に、今後なっていくのではないかなぁと思います。残念な話なんですけどね。

そのかわり、ナチュラルのダイヤモンドを楽むなら、大粒のものという需要が出てくるのかな?とも・・・

とりあえず、つらつらと書いてみただけですので、考えが変わる可能性は大いにあります。

もう少し考えてみたいと思います。

>> CLASSICS FUKUOKA -Jewelry-





2013.10.17

よ~し



仕入れのための出張。

宝石沢山見ると、エネルギー注入されますね。

残しておきたいハンドメイド系 

美しい色石系

その、どちらも兼ね備えた本筋系 等など・・・

良い品入りますように!





宝石沢山見ると、脳が興奮するので、体が疲れていても眠くならないんですよね~







>> 宝石、ジュエリーを大事に質預かり&買取致します。



2013.10.12

よくできました◎



大人の学力 日本は世界トップ 「読解力」「数的思考力」で突出 OECD調査

なんだかちょっと嬉しい。

海外経験はあまりないけど、

日本は、人的資源?インフラ?が整っている っていう理解でいいのかな?

労働力の流動性が高まって、社会全体で、この財産をもっと活用できればと思う。

少子高齢化は目に見えているので、足りないものを補うのは、大人たちでしかないんだから、

この、優秀な大人たちが、各所各所で、知恵を補い合えば、日本の抱えるいろんな問題も解決できるのでは?

と、思ったりする。

暗い老後よりも、明るい未来を目指したい。





十四代今泉今右衛門さん作のお皿



Img_3933

Img_3934



十四代と言えば、墨はじきが有名ですが、

金彩ではなくプラチナを使ったり、結構斬新というか、前衛的な面も持ち合わせています。

鍋島というと、伝統というか完成された様式というかそういうものを連想しますが、今右衛門さんの作品はいい意味で、期待を裏切るような作品を出してきますので、追いかけていて面白いです。

で、この墨はじき。

墨を塗った部分に染付や、墨色がかからない白抜きの技法。

そして、驚くことに、白地に墨はじきをしています。

お皿の左側をじーっと見てみてください。

14代の作品は、大抵こういう形で白地に、墨はじきが入っています。

ぱっと見た目の華やかさではなく、あとからじわじわくる感じですね。

こういう技法を成立させるためには、おそらく4、5回は焼成していると思います。

素焼き、墨色、白地、赤絵、プラチナ 順番はわかりませんが、おそらくそれぞれの工程で焼成していると思います。

・・・で、今右衛門さんがすごいのは、何回焼成しているとか、この工程では薪窯を使っているとか、絵の具の調合が大変だとか、手間がすごーくかかる部分をアピールしていないというところ。

作品がすごい。黙ってて素ですごい。よく見るとすごい。

裏で超努力している。

そういうところも今右衛門さんのよさの一つだと思っています。

お売りいただきありがとうございました。

>> 今泉今右衛門作品 査定&買取、肥前屋質店





2013.10.11

手にできるのは一人だけ



ちょっと、辛口にネガティブなことばかり書きすぎたかなーと思っていて、

この説明じゃ誰も買わないよね、と思い。

業者さんに売っちゃおうかと思っていた品物が

あっけなく納品になりました。

どんなに、ネガティブなことを書いても、「これ!」と、思われる方はいらっしゃるし

どんなに、言葉で飾り立てたところでも、おひとりの方にしかお届けできない。

どうせお届けするなら、直感的に「!」と思っていただき、いろんなハードルを乗り越えてくださった方にお届けした方がいいのかな?

と、思ったり…

何を書いても、わかってくださる方には届もんですね。

お買い上げありがとうございました。



2013.10.10

肥前屋秋のお人形&ガラス&陶磁器食器祭り 2013



Img_3931



買取のついでで、値がつかないものが沢山ありましたが、処分されるとのことでしたので、なんだかかわいそうで、こちらに並べさせてもらいました。

食器を必要とする方、お気軽にご来店ください。

無料コーナーに無料でお渡ししています。



>> -オウエン- 使わなくなった食器を生かします。





2013.10.09

from 東京 博多人形 美人三姉妹編



Img_3914

Img_3915

Img_3917

事前のお電話で、

「残念ながら、お値段つけることができないと思います」

「東京からということは、送料のご負担をいただくことになりますし、あまりお勧めしません」

というお返事をさせてもらいましたが、

買取価格がつかなくてもいい&送料負担も構わない ということで、お送りいただきました。

髪の毛の線は、一本づつ筆書きですし、

着物の生地の質感、絞りの凸なんかも、再現されているわけで、

こういう、丁寧に作られた伝統工芸品を、どんどん捨てちゃっているのが現代の日本人

買ってくれるところがないのは致し方ないとしても、何とかならないものですかね?

絵付けのあと、焼成して、色の劣化や、水洗いできるようになれば、劣化にも強くなり、良い気もするのですが…

残していくというよりも、劣化して、また新しいものが作られていくというサイクルもいいのかな?

そんなことはともかく、こちらのものはまだまだ捨てるようなものではありませんね。

右の2体は、量産品ではなく作品の高級品だと思います。

当店の無料コーナーに設置してます。

とりあえず、一体のみ置かせてもらっています。

Img_3923



将来的には、金額就けて販売できるのを目指しています。

そういう状況になれば、買取もできますので・・・

大事に、次のユーザー様にお渡ししたいと思います。

お送りいただきありがとうございました。

・・・と、思っていたら、いろいろ調べていくうちに、無料コーナーではかわいそうすぎるという判断で、やっぱり買取にさせてもらおうかと、お客様に打診中となりました。

そんな感じで、悶々&試行錯誤とする日々が続きます。

>> -オウエン- 使わなくなった食器を生かします。

>> 博多人形買 引き取り致します。



追記、2体はお買取りさせていただき、1体はお嫁入りほぼ確定です。

>> 副島辰巳作 春日 買取→納品



取巻き千本透かし 色と厚さが薄いオパール P.M枠 リング #8



しばらく、宝石ブログは書けそうにないと書いておきながら・・・

やっぱり、書きたいっすよね。

気分転換に、ストレス解消が、宝石ブログ・・・

このバランスが、いいのかな?

まぁ、でも、もっと宝石に時間をとりたい…



って、事は皆様にはどうでもいいこととして、

ごくたまに入荷しているもので、一つのジャンルにくくるのも少なすぎるけど…

と思っていましたが、やっぱり、違いがあるわけで、違いというのは言葉で分けないと分けられないので、名付けてみました。

「取巻き千本透かし」

「取巻千本透」「取巻千本透かし」

・・・正式名称や、一般的な呼び名があれば、それに変えますが、とりあえずは、

「取巻き千本透かし」ってことで・・・

どういうものかは、こちらをご覧ください。

>> CLASSICS FUKUOKA : 取巻き千本透かし

あ、リング紹介する前に時間が…

とりあえず写真だけっ

追記:

リングサイズ #8

オパールのサイズは 縦x横 約15.0mm x 10.9㎜
厚みは測れませんが、薄いです。

裏側が透ける、無色系のオパールです。
青みがかって、黄緑色の斑が出ていますが、遊色はあまり出ません。



>> 購入はこちら

>> 千本透かし

>> 昭和ジュエリー

Img_3912

Img_3913





2013.10.07

ちょっと、ブログ滞ります…



催事後、待っていただいていた様々な買取を行いましたら、モノが増えすぎて大変なことに…

ってなわけで、ブログがちょいと滞りがちになるかも・・・

特に、ごく一部の方々に楽しみにしていただいている、ジュエリー紹介関連の更新したいところなんですが…

リクエストいただいているもので、ピッタリなものがありましたらご連絡致します。(できなかったらごめんなさい)

ジュエリーに没頭したい気持ちもありますが、こんな感じの私ですみません・・・

うーん、しかしこれだけ大量な品物どうしようか・・・

まぁ、誰でもできるような査定の品々ではありませんので、やりがいのあるお仕事です。

&待っていただきありがとうございました。

大事に、次のユーザー様にお渡ししたいと思います!

お売りいただいた皆様ありがとうございました!



>> -オウエン- 使わなくなった食器を生かします。

>> お気軽にご相談ください 肥前屋質店

>> 宅配便買取 肥前屋質店

>> ペルシャ絨毯 宅配便買取 肥前屋質店





2013.10.06

K18 古い真珠のリング #9.5



Img_3908

カワイイ真珠のリング

Img_3909



こんな感じっす。

041

真珠のコンディションが悪いので、真珠は、こんな感じで傷んでおります。


042



これを見ると、ロウ付けでくみ上げたものかなー?

と、思うのですが?

043



その裏側の写真ですが、これを見ると、鋸を使ってる?

もしかしてキャストなのか?

と、思ってしまう。

以前は、真珠のこのいたみ方はもう販売に向かないかな?と、勝手に判断して潰していましたが、

今は、何とかして残してあげたいなぁと、思う日々・・・

基本、かわいいんですよ。この手のリングは。

気に入って使っていた結果の劣化なので、そこを減点ではない視点で楽しんでいきたいっすね。

こんな感じで、日々悶々としております。

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

>> CLASSICS FUKUOKA 昭和ジュエリー





2013.10.03

無料コーナー from 東京 の食器追加しました!



Img_3907_3



ありがたいことに、東京から、お送りいただきました。

高額査定できるものが少なく、送料のご負担分を考えると、採算が合っていないと思いますが、

それを承知の上でお送りいただいたように思います。

しっかり梱包いただいていたのに、荷物が落下したのか、輸送中の破損もあり残念な部分もありましたが、

残りの分は、次のユーザー様に大事にお渡ししたいと思います。

ありがとうございました!

>> -オウエン- 使わなくなった食器を生かします。





感想:368:昭和ジュエリー(M-style(仮)) オパール ダイヤモンド P.m900 唐草 リング



お名前(ペンネーム):M.I様

感想:

どっしりとした迫力のあるオパールですね。

色々な色が楽しめて嬉しいです。

唐草は、初めて見るのですが、思った以上に繊細で驚きました。芸術ですね。

石も細工も、とても綺麗です。



商品詳細>> 368:昭和ジュエリー(M-style(仮)) オパール ダイヤモンド P.m900 唐草 リング #17



Img_3840



店主コメント: いつもありがとうございます。初めて唐草を納品させてもらいましたが、気に入っていただいたようでよかったです。

唐草はよく見ると、作り手の感性や、技が見えてくるのも魅力の1つですね。

このレベルのものはなかなか出てこないのですが、一つでも多く、こういった美しい唐草ジュエリーを皆様にご紹介していけばと思っております。

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

>> CLASSICS FUKUOKA 昭和ジュエリー



« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

広告


フォト

TEL:092-651-2197

当店連絡先(予約制)