« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013.11.30

from 広島等



ものが生きているうちはものとして全うさせてあげたいですね。

広島から、お送りいただきました。

ガラーンとあいていた棚がだんだんと賑やかになってきました。

今後は、http://mada-mada-tsukaemasu.blogspot.jp/

こちらに更新していきますので、よろしくお願いいたします。



>> まだまだつかえるこーなー by ひぜんやしちてん





Img_4273

中古なら何でもいいってわけではなくて、やっぱり思い入れできるものに限られますけどね。



Img_4270

Img_4271

065



決して品物をけなしているわけではなくて、もちろん喜んでお買取りさせていただいております。

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。



写真だけでは分からないと思いますが…

まず、石の魅力が…

透明感はありますが、エメラルドの色が若干薄いです。

そして、作り。

裏抜いているのですが、皮膚に接する部分が細いので、着けてみるとざらざらして、いたかったりします。

そして、爪。 これは、何かの拍子に引っかかって浮いているのではなく、最初からやっつけ仕事感のある爪だろうと思います。

残念ながら、こういう品物は、「お!いいんじゃない?」って思える余地が少ないので、WEB上で紹介に至らずにいます。



※言っときますが、もっと粗悪でひどいものは沢山あります。

むしろ、エメラルドも、それなりに透明感ありますし、ダイヤもそこまでひどくないし、悪くないんですよ。

ただ、あえて、「これいいよね!皆さんに紹介したい!」って言うところまで達していないというだけで…



最近、中古中古書いていた気がしますが、良いもの、良い仕事のもの、はその他大勢のものと分けてあげなきゃいかんでしょう。というか、そうしていきたい。

っていうお話です。

066



ちなみに、こちらの爪。

愛されるには理由があるというか、石にしっかり爪が寄り添って、支えているんですよね。

上の写真の爪と、こちらの爪、職人さんの意識というか、呼吸感が全然違います。

見た目には、ほんのちょっとの違いなのですが、伝わってくるものが全然違ってくるのです。

まったくもって派手さのない部分ですが、こういう細かな仕事をきちっとやってくれているところから伝わってくる、安心感が違うのです。

当たり前のように丁寧に作っているこの感覚。



ご理解いただけるかなー???この感覚・・・

ジュエリー買取の世界では、職人さんの仕事、力量は、無視され、虐げられているに等しいのですが、私は、そこを何とかしていきたいと、最近さらに強く思いますのですです。

>> CLASSICS HAKOZAKI -Jewelry-

 



秀和レジデンス



最近、建造物などに興味があるのですが、

たまたま目についたのがこの言葉。

「秀和レジデンス」

どんなんだろうと思って調べてみたら・・・

今も愛され続けている日本のヴィンテージマンションなんだそうだ。

う~ん、なんだか親近感。

秀和レジデンス 画像検索

秀和レジデンスマニアさんによるサイトも!
I LOVE SHUWA


Oh~ 福岡にもあるじゃないっすか?!

秀和詣でを近々したい。

秀和警固レジデンス 画像検索



単なる中古のマンションか、今でも愛され続けるヴィンテージマンションか

何が違うのかをわかってもらえなければ伝わらないこともあると思うけれど、

>> 昭和ジュエリー 千本透かし

こんな、ジュエリーを扱う身としては大変参考になる。

何が魅力か?、何がいいのか? もっと、もっと 伝えていかねばなー と、思った次第。



>> CLASSICS HAKOZAKI



2013.11.29

欠けた宝石が不吉だと思っているジュエラーっているのか?



ヒビが入った宝石は不吉だから…

とか、いう考えが一般的というか、それで当然な考え方のように思われていますが…

ジュエラーさんなら、「リカットすればいいじゃん」と、ドライに考えています。

何千万、何億、何十億等でオークションで落札されるダイヤモンドなども、研磨しなおしてグレードを上げて販売するという流れも多いです。



まっとうなジュエラーさんで、この石は不吉だから、近寄らない方がいいとか言っている人はいるのかな??



ダイヤモンドだって力の入る方向によっては割れるんだから、当たり前の話なんですけどね。

不吉とか、運とか、そういう考え方を否定はしませんが・・・





たまに、この石綺麗だなー と思っても、このキズがあると売れないだろうなぁ…、

でも、ここで製品として買ってあげないと、潰されちゃうんだろうなぁ

っていうものも、よくあります。

そこに、枠から外して、リカットして、売るほどの高単価のものではないので、割と「残念」と思いながら見過ごすこともあるのですが…

本当に、宝石が好きならば、そこを何とかしてでも「手に入れたい」と、思うものではないだろうか??

売れないからといって、そうやって見過ごしていっていいのか? っていう、思いは自分の中で自問自答しています。

どんな宝石でも、長年経てばちょっとはキズ入ったりしますのです。 ハイ。

あ、そうだ。

宝石研磨が趣味な人、連絡ください。

情報交換しましょう。

>> CLASSICS HAKOZAKI -Jewelry-



>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。





2013.11.28

入荷しました



Img_4217



うーん、昭和の香り漂ってますねー。

コンディションいいのもあればそうでないものもあります。

状態がいいのは普通にイイですし、結構使い込んでいるものも、ものとして愛でられてきた感じがいいですね。

1点1点ゆっくりと紹介していきたい気持ちはあるのですが、

そういうことが長年実現できませんでしたので、とりあえず情報の断片だけでも上げていくスタイルで、新たにブログ立ち上げています。



http://classics-hakozaki.blogspot.jp/

http://senbon-sukashi.blogspot.jp/



持つべき人に納めることができました



いろいろと、紆余曲折はありましたが、

持つべき方に、品物をお届けできました。

この方が求めているまさに「コレ」というものを納めることができたときの喜びは何にもかえがたいですね。



宝石などで何を買おうかと迷っている方は、たくさん迷っていいと思う。

というか、ついつい買ってしまう 等はあまりしない方がいいと思う。

私が欲しいものはまさに「コレ」というものは出てきますので…

迷いながら買ってみて、結果ラッキーなこともあろうかと思いますが、

基本的には、迷う位なら買わない。

そのくらいで、いいのではないでしょうか?

経験ある方と無い方といらっしゃるかもしれませんが、

「いくらでもいいからこれが欲しい」

という、ものは存在します。

そういうものが出てくるまでひたすら待ってみるのも楽しいかもしれませんよ?

話が脱線してしまいましたが・・・

とにかく、お届けできてよかったです。

この度は、ありがとうございました。





博多リバレイン・イニミニマニモ2階に 『FORZA LIMITED MUSEUM』がオープン!



メールした建築家の方にお返事いただいて、イベントの事を教えていただきました。

っていうか、11/30まで といったら、もうすぐなんですけどね・・・

2013年10月9日(水)〜11月30日(土) 10:30〜19:30
プレオープン:10月9日(水)
グランドオープン:10月23日(水)

開催場所

博多リバレイン イニミニマニモ2F(福岡市博多区下川端町3番1号)



せっかく教えていただいたので、是非足を運んでみたい。

建築家さんは不在でも、12月半ばまではあるようです。(要問合せ)





ものが生きる空間ってどんなんだろう??



昭和は、ものが少ない時代で、ものがあれば売れたし、ものに価値があると思われていた。

でも、現代は、ものは捨てるほどあるし、もののありがたみが薄れているような気もする。

だから、空間とかそういうことも考えないといけないのではないかなーってもやもやをどうやって晴らしたらいいかわからないので、建築家の方にメールしてみました。

お返事がなくてもいい、というか、突然のメールだったので面食らうだろうと思う。

送ってしまって公開する手紙みたいなものか、※※さん 変なメール送って、すみません・・・。



質問の内容はこんな感じです。

建築に興味を持ちだした理由は、いろいろな要因があるのですが、私の好きな陶芸作家さんに※※※※さんという方がいらっしゃるのですが、

光に対してとても繊細な見せ方をするのですが、

※※※などでの展示では、強い光を浴びせられたり、空間として「もの」を演出する装置になっていないのでは?

という疑問からです。

質屋ですので、職業柄、「もの」を扱う仕事なのですが、

ものを生かす、空間とはどういうものだろうか?

というもやもやが何とか晴れてこないかなと思い、メールさせてもらいました。

お忙しいようであれば、お返事も特に不要です。



とまぁ、このようなメールだったのですが、唐突すぎたかなぁ・・・



例えば、宝石。

天井が高い とか、 そうでなければ天井が黒い 光源は蛍光灯ではなく、白熱灯的な感じのもの

もしくは、自然光

等だと、すべてではないですが、多くの宝石が輝きます。

(例えば、ダイヤモンドに天井の白色が映り込まない とか、紫外線がそうさせるとか、そういう理由です)

宝石好きな人であれば、宝石がより生きるような空間を欲しいと思うでしょうし、

そういう、空間も含めての「もの」かなぁとか思ったりもします。



だから、空間についてもなにか知りたい欲求が潜在的にあったんだけれども、最近顕在してきた感じなのです。

空間を生み出すのは、やっぱり建築家なのかなぁ? と・・・



建築家の方でもなくていいので、この本読んでみたら、とか、あれば教えていただけるとありがたいです。





職人さんと、打ち合わせ&学ぶ



ブログの時系列の順番が前後しますが・・・

職人さんに出来上がりの品を受け取り、&加工の依頼と、いくつか質問。

P1000001

千本透かしの、加工方法がわからないものがあったので、聞いてみました。

何故、このような形状になるのか、分かりました。

って、細かい部分ですが、鋸の入り方とか、ろう付けの仕方とか・・・

鋸でどのように透かしたかも、痕跡として違いがあります。

出来上がったものを通して、作り手の存在が浮かび上がってきますね。

この辺りのお話は、そのうちに・・・

P1000002



>> 爪を加工依頼ちう

この続き。

P1000107

びふぉ~はこんな感じといっても、細かい部分だからわからないか・・・

何かをお願いするときに、できること、出来ないこと、

他にも、爪の先は細くなっているのか?、丸いのか?等、イメージと出来上がりの差はあったりする。

ってことは、依頼する度に感じることではある。

なので、「出来ました!どうです?素晴らしいでしょう?!」

って言う前に、爪は先細りではなく、針金のような感じで先が丸い感じが良かったかな?とか思ったりするけど、

実際やってみると、あれ? ってこともありますし、

まぁ、良しとしときましょうか。

細かいようですが、本当に、爪の形一つで表情もかわりますので、難しいですね。

P1000003



サファイア1.09 唐草 Pt850 M-style(仮)卒業生作とおもわれるリング #14

ろう付け外れた部分を修理する依頼をしました。



P1000004



千本透かしの櫛タイプと読んでいるものの正式名称はあるのですか?

と、職人さんに聞いてみたら・・・

鋸刃透かしとか、千本透かしとかいろいろ呼んでいたとおっしゃっていましたが、

改めてジュエリーの辞書で調べてもらったら、特定する名称は見つけれませんでした。

鋸刃透かし と呼びたい気持ちもありますが、 穴透かしも鋸を使うので、混乱するかなーとか・・・

とりあえずは、櫛タイプ と呼ばせてもらおう。



>> CLASSICS HAKOZAKI



2013.11.27

Cafe de Jewelry & Art  vol.6 @スタバ 天神南渡辺通り店 2013/11/26



いままで、行ってきた中では、雰囲気的には、ここが一番いいかな?

椅子が固いのと、若者で賑わいすぎているので、ちょっと違うかなーと思いますが、

まぁ、ここかな?

席が空いていればの話ですが…



っていうか、スタバの賑わいはすごいですね。

近くのマックはがらーんとしているのに、スタバは席を探すのが大変なくらい。

2

1



とりあえず、出来上がった真珠の指輪と、珊瑚の千本透かしを眺めてニヤリ。

>> 爪を加工依頼ちう

会といっても、一人なんで、あとは考え事…

次回は、12月入ってからかなー?

明日、行うとすれば入荷品紹介DAYになりますが・・・。時間が取れるか微妙…

場所も決まっていないし、ゲリラ的に行っているので、今日は、やってるかなー?とか、参加希望者はケータイにお電話下さい。



あ、そうそう、この時間帯行けないという方は、

朝、8時15分から、30分くらいは、パンナガタ箱崎店の2階でっていう事も可能です。

http://www.pannagata.com/hako.html

ホントは、お店で行えばいいんでしょうけど、同好会というようなノリで、継続します!

>> Cafe de Jewelry & Art



>> CLASSICS HAKOZAKI -Jewelry-





開眼



最近、思春期の頃のように考え事をするというか、

あえて、自分を振り返る時間を作っています。

・・・なんか、見えてきたというか、もやもやしていたものが晴れてきた感じ。

自分はこれを求めていたんだと、開眼した気分。

人生、「何故」「何故」「どうして」と、自分に問いかける時間は必要ですね。

ガンバロー



&友人のジュエラーさんが新たに、ブランドを立ち上げようとしている。

その作品を見たけれども、とてもいい感じでした。

紹介したいけれども、まだGOサインが出ませんでした。

from fukuoka to the world! って感じで羽ばたいて欲しいな。

是非とも成功してほしいし、力になれることがあればお手伝いしていきたい。

自分も、周りもなんだか楽しくなってきそうだ。



>> CLASSICS HAKOZAKI -Jewelry-



2013.11.26

中立かどうかわからないけれども…



作り手でも、売り手でも、業界の人間でもないから縛りが少ないのかもしれない。

そういう視点で、今生み出されているジュエリーを見てみようかなと思ったり…

でも、そんな時間あるかなー

まぁ、でもそんな状況でも続けられるかどうかが、好きかそうでないかのフィルターかもしれない。

手探りでもいいから始めてみよう。

ちょいと、おもうところあって、名前も変えてみました。

>> CLASSICS HAKOZAKI -Jewelry-





2013.11.24

種はまいてみた

働く、はたらく という言葉の由来を

傍を楽にする という意味からきている、 と聞いたことがあるが、

自分にはあえて、「はたらきかける」と、してみようと思う。

はたらきかける、

知ってもらう、知らせる。

口下手とか、そういう言い訳せずに、継続して知ってもらう努力を続けよう。

そういうイメージで…

はたら(きかけ)まっせー!

ガンバロー





2013.11.22

Cafe de Jewelry & Art  vol.5 @サンマルクカフェ 福岡天神地下街店



Photo



ジュエリーってよりも、今日は単なる考え事でしたが・・・

まぁ、でもこうやって考え事する時間ってこの歳になると貴重。。。

十代の頃は、考え事ばっかりしてたような気がするけれども・・・

Vol.6 は、11月26日 の予定 Vol.7 は、11月28日 の予定です。

急遽変更になるかもしれないので、事前にご連絡いただけるとありがたいかも・・・

特に、28日は新入荷分があるかも・・・いや、ないかも・・・



>> Cafe de Jewelry & Art



2013.11.21

Cafe de Jewelry & Art  vol.4 スタバ ツタヤ福岡天神店 にて &Vol.5 は、本日です。



Photo



おっと、そういえば、報告を忘れておりました。

今回は、場所を変えて、ツタヤ福岡天神店で行いました。

行いましたって言っても、一人かつ、朝から出張でこの指輪位しか見るものが無かったのですが…



ここは、雑誌が見れるのでいいですね。

本日も、Vol.5 行います。

場所は・・・、電話してみてください。

Vol.6 は、11月26日の予定です。





2013.11.20

肩ひじ張らずに、リサイクルを楽しんでみる。



まだまだつかえる品物だけど、買取金額付かないものについての徒然の

専用の、ブログを作ってみた。

http://mada-mada-tsukaemasu.blogspot.jp/

& ページも気楽な感じにしてみた。

http://www.0926512197.com/home/mada-mada-tsukaeru



やってみて思ったことは、ちょっと真面目に考えすぎてたかな?

ってこと、

ものを生かす、とか、食器を生かす とか、相当偉そうで、恥ずかしい・・・



基本、楽しいことなので、

固く考えずに、楽しみながら続けたいと思います。

Img_4113



棚にぽつんと、ボタンの箱を置いてみた・・・

棚が、がらーんとしてるので、品物引き取りオーケーですよ。

今後の、新規情報は、こちらのブログをちぇけらっちょでございます。
http://mada-mada-tsukaemasu.blogspot.jp/

>> まだまだつかえるこーなー by ひぜんやしちてん





2013.11.18

4Cでは測れない美しさ



Img_4100_2



Img_4103_2



人知れず、業者さんに卸そうかと思いましたが・・・

やっぱり、皆様に愛でていただこうかな??

エドワーディアンの、ダイヤモンドとプラチナのブローチです。

現代の評価だと、カット評価は良くないになりますが、

4Cでは測れない美しさがありますね。

うーん、うっとり・・・

うちのような店に売っていただくというのは若干恐縮でしたが・・・

お売りいただきありがとうございました。

納品前に撮影追加。追加の写真はこちら

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

>> CLASSICS FUKUOKA -Jewelry-



アルビオンアート ケース&作品説明書付 

>> ご購入はこちらをクリック!





岡倉天心が見出した「日本の美」 / NHKラジオ第二



岡倉天心が見出した「日本の美」 / NHKラジオ第二

ファインアートと、工芸を分けなかったお話や、

Asia is one で始まる本の話など、結構面白かったですよ。

インド、アジャンタの壁画 と、 法隆寺金堂の壁画 の共通性を発見した話など・・・

12月も、お話の続きがありますので、是非。



いままで、教育を受けた範囲内では、あまり岡倉天心の事など触れてこなかった気がしますが、彼の事を知れば知るほど、現代日本人にいろいろなヒントや示唆を与えてくれているような気がします。



岡倉天心の映画も公開されるようですよ!

http://eiga-tenshin.com/



http://eiga-tenshin.com/theater/

福岡がないっすね・・・



2013.11.17

おや?  M-style(仮)か?



お父様の代まで宝石商をされていた方からのお買取り

この方も、それなりのご年齢ですので、お持ちいただく宝石は、昭和な感じのものばかりです。

Img_4098



?左のルビーのリング、キャストではなく、手作り?

ロウ付けの跡などもあり、鋳込みではなくパーツを組み合わせた手作りっぽい。

昔は気にならなかったけれども、今となっては、そこは結構大事なポイントだったりします。

しかも、M-style(仮)っぽい。

職人さんに聞いてみよう。

Img_4131


もう一つの、おそらくトルマリンのリング

こちらもハンドメイドですが、あまり見かけない感じ。

刻印と、作りがちょっと素朴というか・・・。

pm や、 Pm850 なんかなら、そうだよねー となるけれども、

Pt900 。

ルビーのリングと、サファイアのリングをお持ちいただいて、それらはかつて商品だったらしいですが、

この右側のリングは、お母さまが使っていたらしいです。

雰囲気的に、売り物っぽくないので、宝石商だったお母さまが、職人さんにオーダーしたものだろうか??

そんな想像をしたりします。

買取 → はい 潰し! ではなく、当時の時代の空気感や職人さんの手技の形跡など、残していきたいものです。

お売りいただきありがとうございました。

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

>> CLASSICS FUKUOKA 昭和ジュエリー

>> CLASSICS FUKUOKA -Jewelry-





2013.11.16

不思議なこともあるものだ



納めるべき人に納めることができた。

ものすごい偶然というか、なんというか・・・

本来、残っていくものは、受け取る人がある程度わかっているのかもしれないと思った。

僕ら業者が、そのつながりを、切っちゃうのか、つなげるのか問われているような…

そりゃ、効率だけ考えれば、潰して材料として売った方がいいけれども、

やっぱり、これは大事にしたいというものは残していかないとね。

こういう偶然を知ってしまうと、嬉しいですし、何かに背中を押されているような気になります。

&ありがとうございました!





2013.11.15

11月22日(金) D&DEPARTMENT FUKUOKA オープニングパーティ



オープニングパーティ

って、響きいいですよね。

オープニングパーティ!!

http://www.d-department.com/event/event.shtml?id=8519116205628962







本当に良い造りのジュエリーをお探しの方へおススメ




↑裏側の写真ですよ、表ももちろん素敵ですが、こういう裏取りの製品はなかなか見ることができません。

『HIROUMI Happiness』 期間限定オンラインストアopen!(2013年12月25日まで)

この、裏取りの丁寧さわかります? ビシーッと、目に見えない部分にまで気持ちが届いているのがわかりますよね??

高い意識と、それを実現可能にする技があって初めて出来るものですね。

ヒロウミさん

といって、このブログの読者さんでは、半分くらい?ピンと来られるかな?



広告費をかけた、ブランドイメージになびくのではなく、こういう作り手にリスペクトを送りたいものですね。

「私、作りが良いものが好きです。」

という方は、廣海貴晴さん このジュエラーさんの名前を是非、脳裏に焼き付けておいていただければと思います。 ちなみに、お父様もすごい方です。

本当に良いものを探していけば、それを提供できる方はは本当に限られてきます。

で、このHIROUMI jewellery さんは、間違いなく、その限られたジュエラーさんの一つです。



大事な人に贈れば、気持ちは伝わるでしょうし、

自分にご褒美でもいいと思うんですよね。 仕事に対する姿勢とか、そういうものが元気をくれるというか、背中を後押ししてくれるというか・・・





爪を加工依頼ちう



P1000107

P1000106



真珠のリングの自己主張が強すぎる爪を加工依頼中。

宝石に寄り添うような、そっと支えるような爪になればいいのですが、ある程度の強度は必要なわけで、

でも、まあ、現状だとちょっと余分なものもあるかな?ってわけで、爪をもう少し細くしてもらえるように依頼中です。

枠はキャストですが、そりゃハンドメイドがいいのですが、時代的なものもあるわけで、キャスト全盛の時代に、わざわざ、ハンドメイドでオーダーする人は少なく、

でも、このリング綺麗だよね。

ってことで、ちょいと手を加え中です。

一工程加えるわけで、コストがかかっちゃいますが、残すための無駄な事では無いと思ってやっています。

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

>> CLASSICS FUKUOKA -Jewelry-





2013/11/14 Cafe de Art & Jewelry vol.3 報告 & vol.4 テーマは陶芸 2013/11/19 のお知らせ。



ジュエリーだけに絞らず、幅広くってことで、  Cafe de Art & Jewelry と名前変えました。

今回は、市内某所・・・・

カフェではなかったのですが・・・

ジュエリーオークションの相場を無言でひたすらチェック(笑)

P1000111_2



グラフの1ct、オーバルのダイヤモンドリングが※※※万円・・・

安くない?悪くないかも・・・

ただ、これに乗っかると、どこまで行くかはわからないわけで・・・

でも、入手した人はラッキーだったかもね。

ラウンドではないからなんだと思いますが、ファンシーシェイプのダイヤモンドも悪くないですよね?



次回も、天神の南側近辺でやってますので、お気軽に声かけてください。

声かかり次第、スタバ天神地下街店近辺で、場所決めます。

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

>> CLASSICS FUKUOKA -Jewelry-





2013.11.14

ピンクドリーム 82億円



83億って言いたいのはわかるけど、

82億8000万なら、82億でしょ?

って、部分が気になる。

そんなことは、さておき。



ピンクダイヤモンド、史上最高の83億円で落札

金額はともかく、

このダイヤモンドの感じは、是非脳裏に入れておいていただきたいです。

ウルウルで、スキッと透明感がある感じ。

世間的に多く使われている写真は、

大粒ピンクダイヤ、史上最高83億円で落札

こちらで、使われているものをよく見かけましたが、

そのダイヤモンドの魅力を映しているのは上の方のリンクにある写真だとおもっています。

リンク切れしちゃうかもしれませんが…

こういうダイヤモンドはいいですね。

こういう感じであれば、ブラウンでも、ちょっと黄色っぽいものでもとても美しいです。

同じカラーグレード、クラリティーでも、ダイヤモンドによって違います。

一般的な4Cもわかりやすい基準かもしれませんが、4Cでは測れない美しさってありますよね?

数値も気になるかもしれませんが、

「感性」

これ、本当に大事ですよ。

まず、値段を見ない。数字を見ない。

そういうところから始めるといいと思います。



NHK高校講座 



NHK高校講座 中小企業はいま

最近好んで、高校講座を聴いたりしている。

予約録音しておけば、仕事しながら聴けるし、

こういうものを無料で聴けるってありがたいね。







2013.11.13

2013/11/14 Cafe de Jewelry vol.2 報告 & vol.3 最近の、ジュエリーオークションの相場をチェック のお知らせ。



vol.2 の報告ですが・・・

千本透かしの、打ち抜きと、鋸刃(櫛)の工程の違いをお伝えしたり、ネットでは報告できないことをお伝えしたり…。参加者様からは、アンティークのお店や、サフィレットというガラスの事を教えていただいたり、とても楽しい時間でした。


っていうか、昔扱ったあのイヤリング、サフィレットだったのかも・・・
無性に気になる。その都度、きちんと調べないといけませんね。
何事も、好奇心と探求心、その気持ちの強さが大事ですね・・・

Img_4091


っていうか、あの時間帯のスタバのお客の多さにびっくり。
みんな、カフェなんか行かずにご飯を食べようよ。
いや、もう食べてんのか?
席が埋まっている可能性が高いので、今後の場所の確保が課題だなー。

2013年11月14日 20:40~21:20
天神の南の方で行います。
フツー、晩御飯の時間ですよね。
変則的な時間で、すみません。
どうぞよろしくお願いいたします。

&飛び入り参加歓迎です。

テーマは・・・

Img_4090


最近の、ジュエリーオークションの相場をチェックってことで…
テーマはそっちのけで、雑談で十分と思うのですが・・・。
まぁ、多分参加者はいらっしゃらないと思いますが、興味のある方は、早めにご連絡ください。
飛び入り参加もOKですが、急遽場所が変わったり、中止になったりもしますので…


>> Cafe de Jewelry & Art





2013.11.12

2013/11/12 Cafe de Jewelry vol.2 天神地下街のスタバで、千本透かし友の会



前回に引き続き、テーマは千本透かしで行います。



Img_4075



>> こんな感じの会です。 前回の様子

2013年11月12日 20:40~21:20
スターバックス天神地下街店
で、行います。
フツー、晩御飯の時間ですよね。
変則的な時間で、すみません。
どうぞよろしくお願いいたします。

&飛び入り参加歓迎です。





気に入っていただけるかな?



Img_4088

Img_4085

Img_4087

オパールは職人さんからもモテていました。

人気が集中することもあるんだなぁ~と・・・

気に入っていただけるかな?

渕上清志のオパール観

>> 千本透かし

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

>> CLASSICS FUKUOKA -Jewelry-



2013.11.11

博多人形師 原田嘉平さん



博多人形は、掘り下げ始めたばかりで、知らないことの方が多いですが、

中古のマーケットが育っていないので、

無残にも捨てざるを得ない状況であったりするわけで、そこは何とかしなきゃいかんだろう。

というわけで、誰もやらなきゃオイラがやる。精神で、掘り下げてみたいと思います。

ちょうど、原田嘉平さんという方のお人形をお売りになりたいというお電話があり調べてみました。

原田嘉平さんという方は、 白水六三郎さんのお弟子さんで、小島与一さんと兄弟弟子であり、同時代を生きた良いライバルだったようです。

福岡市博物館で、過去に展示があったようですね。 知らなかった~。その時は、まだ博多人形に対する意識もなかったのですが…



363_02



このお人形見るだけでも、すごいお方というのが伝わってきます。
時間が止まっているというよりは、時間を切り取った感じで今にも動き出しそうなそういう生命力がありますね。うん、生きてる。


平成22年6月8日(火)~8月8日(日) 博多人形名品展─原田嘉平の世界─

http://museum.city.fukuoka.jp/je/html/361-370/363/363_01.htm

http://museum.city.fukuoka.jp/je/html/361-370/363/363_02.htm

平成23年9月21日(水)~ 11月6日(日) 博多人形名品展2 ― 小島与一と原田嘉平 ―

http://museum.city.fukuoka.jp/je/html/391-400/396/396_01.htm

http://museum.city.fukuoka.jp/je/html/391-400/396/396_02.htm



>> 博多人形 引き取り&買取



2013.11.10

川島政則さん ステンドグラス展 2013/11/15-11/17



http://kawashima-sg.co.jp/

和のテイストのステンドグラスが大変美しい、川島政則さんのステンドグラス展が、近々福岡市東区香椎の工房で開催されます。

和のテイストと、ステンドグラスがお好きな方は必見です!



そういえば、川島さんの記事書いたのは、何年前だっけなーと思っていたら…

2007年でした・・・

店長のつぶやき パン屋さんと、ステンドグラス界の巨匠

なんと、6年前っ

時がたつのは早いですね~~

2



何度見ても、ステンドグラスで、この余白の取り方は素晴らしい~!



2013.11.09

福岡大丸 名陶の世界展 2013/11/6-11/11



先日の、三越

佐賀県陶芸協会展
10月29日(火)~11月4日(月・振)


紹介できずに終わっちゃいましたが・・・

メチャよかったです。

印象的だったのが・・・

奥川俊衛門さんの花瓶

ザ・轆轤技 というような、見たこともないような形でした。

14代今右衛門さんの花瓶も今までの、引き算の美とは思いっきり方向性の違う感じが驚きでした。

リアルタイムで作品を追いかけるライブ感の楽しみを、皆様にも味わっていただきたいです。



で、現在開かれているのが・・・

福岡大丸 名陶の世界展 http://www.daimaru.co.jp/fukuoka/hdm/newtop/201311/meitou/#0

2013年11月6日~11月11日

北部九州を中心とした作家さんの作品を大量に見れます。

庄村久喜さんの、食器と作品の方向性がくっきり分かれてきた感じ

井上萬二さんの、遊び心が増してきている感じ

その他いろいろ・・・

なかなか、あんなにたくさんの作家さんの作品を身近に見れませんよ。

ご興味のある方は、是非。



いろんな作家さんが交代で会場にいらっしゃいまして・・・

先日、奥川俊衛門さんと初めてお話しさせてもらいました。

で、大丸の会場に、三越の時の花瓶がなかったので、あの花瓶について聞いてみましたら…

作るのも難しいけれども、焼くのも大変で、3つ作って1つしかできなかった的なことをおっしゃっていました。

!という作品は、もうちょっとじっくり見ないといけないなぁと、いうことと、

焼成というのは、完全にコントロールすることができないものなんだなぁという思いを新たにしました。



>> 陶磁器査定&買取、肥前屋質店





ジュエリーが生きるということは、例えばこういうことかも・・・





考えてみると当たり前の事なんですが、多くの皆さんが気づいていないことが・・・

「ジュエリーの寿命は、人の寿命よりも長い」

ということ・・・・・





P1000101_2



スタイリストを生業とする方が、

以前、私の、昭和ジュエリーに関する記事を読んで、共感いただいたそうで、

先日、昭和のジュエリーを身につけられていたのを、お見せいただいた。

ジュエリーは、ご自身のルーツを示せる数少ない装身具ですし、

人前に立って公演したり、顧客である年上の社長さん等にレクチャーするプレッシャー等もあろうかと思いますが、

その指輪は、きっとこの方に寄り添って力になってくれるものだと思います。



一つは、お母さまからいただいたものだそうで、そのお母さまも、お母さまのおばさまから譲ってもらったものだそうです。

もう一つは、ご近所の方から譲っていただいたそうで、その指輪は、その方のご主人か、おじい様だったかにプレゼントしてもらったものだそうです。

ルーツ、自分が何者であるか?

彼女は、身近な方が使用していたジュエリーを身に着けることでそれを表現していたわけで、

納まるべき人の元で、ジュエリーが多くの人の目を楽しませてくれるということも、ジュエリーにとってはいいことではないかと・・・



別に、私が指輪を納品したとかそういうことでは全然ないのですが、納品できた時と同じように、とても嬉しかったです。

昭和のジュエリーを大事にしましょうとか、こういう考えの賛同者は超少ないですが、全然いないわけではないということを知ることは、明日への活力になりますね。

さぁ、がんばるぞー!!

ってことで、皆様からの昭和ジュエリーの写真を募集しまーす。

気軽にメールくださいな。



>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

>> CLASSICS FUKUOKA 昭和ジュエリー

>> CLASSICS FUKUOKA -Jewelry-





2013.11.08

Cafe de Jewelry vol.1 テーマは、千本透かし!





ジュエル○フェ??

いやいや、違います。

夜の喫茶店で、宝石眺めてニヤついている怪しい男がいれば…

そいつぁ~きっと、オイラです。



ジュエリー友の会みたいな事をやりたいなーと、ずっと思っていたけれども、なかなかできなかったので、

発想を変えて、1週間のスケジュールの中に組み込んでみることにした。

ってことで・・・

それはともかく、夜もスタバって賑わってんですね。

あの、開放的な感じよりも、もっとこじんまりした、個室的な感じがいいかなと思いつつ、

しばらく試してみます。

場所は、スターバックス天神地下街店

試しに、持って行ってみた、千本透かしコレクション

札を取っ払えばもっと訴えてくるものがあると思いますが…

数の魅力ってありますよね。

というか、若者たちの中に紛れて、ごそごそとこういうものを取り出して写真撮っている自分は、ちょっと異様だったかも・・・

今回のテーマは、千本透かし!

Img_4075



これだけまとめて、千本透かし見れるとこって、そんなにないかもねー(笑)

今後は、数をキープしつつ、蒐集ではなく、拡大志向ではなく、品質の良い千本透かしを集めていきたいと思います。

現在、試行錯誤のお試し期間ですが、

だいたい、時間は、

火曜か、木曜 20:40~21:20 位で考えています。

場所は、天神の南側近辺…

別のお勉強をやっている場合もありますので、事前に電話かメールでご連絡いただければ助かりますです。

当日にケータイにお電話いただいても構いません。

来週の火曜日は、事前告知はしませんが、お声がかかれば行います。

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

>> CLASSICS FUKUOKA 昭和ジュエリー

>> CLASSICS FUKUOKA -Jewelry-





2013.11.07

何かの暗示か?



宝石に対する、精神的なことを書いたら、その直後に

自分が尊敬するジュエラーさんから、久しぶりのお電話が。

ケータイ変わっていたので、お店の方にわざわざ…

単なる偶然かもしれないけれど、いい意味で解釈しとこう。

扱っているものが超高品質、繊細、トッピン!!!!!

予算関係なしで、美しいものを探している人がいらっしゃれば、紹介したいけれども・・・

そういえば、1年に1個以上この方に納品する事を目標にしていたことを忘れてたな・・・

昭和もいいけれども、びしっと、本筋、キリリとしたハイクオリティー、脳みそ、心、全身が痺れるような、中古のジュエリーを納品するために、じっくり探してみるかなぁ~

頑張れば、良い風が吹いてくる。

いろんな意味でガンバロー

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

>> CLASSICS FUKUOKA -Jewelry-





コレクション



http://www.hizenya.me/2013/11/post-29cd.html

前回の、ブログで思いましたが、

宝石、宝飾品の魅力は、人を虜にするようなところがあります。

美しい宝飾品、宝石というのは何度眺めても飽きません。

上手にコレクションされている方は、本当に気に入るものを上手に集めていらっしゃいます。

本当にいいコレクションにしたいのであれば、ご自身の目に自信がないうちは買わない方がいいと思います。

「もう採れない」「値段が上がっている」「数が減っている」等、誘惑の言葉もありますが、

まず、ご自身で、「コレ!」と、決めることができる目、感性を養うのが近道です。

大事なのは、価格の高低ではなく、「貴方にふさわしいものかどうか?」だと思います。

いいコレクションにしたいのであれば、美しさを見極める感性を高めてから、貴方の感性を高めてから、コレクション始めるといいと思います。

あわてなくても、宝石は納まるべきところに納まりますので、逆説的にいいますと、感性を高めていけば、宝石の方から寄ってきます。(パワーストーンには否定的な私ですが、この感覚は持っています。)

いい宝石が見つからないのであれば、宝石が自らやってくるその日を待って、感性を高めていきましょう!

※どなたかを想定して書いているわけではありませんので、心配ご無用っす。

>> CLASSICS FUKUOKA -Jewelry-





M卒業生作と思われる、キュンと来るサファイアのリング



典型的な感じではないけれど、たたずまい、細かい部分が、M-style(仮)やな~

と、いう感じ。

職人さんに聞いてみたら、Mではなく、Mの卒業生の可能性が高いということ。

サファイアも、いい感じのブルーで、ダイヤモンドも綺麗というか、枠にすき間のあるデザインなので、地金の詰まった感じが無くて、イイ。

最近、千本透かしを集めようと思っていたら、とりあえず数に比重を置きすぎて、石の質や、作りの部分を目をつぶることが多かったけれど、ある程度たまったので、今後は厳選していきます。



集めてみてわかったけれども、

自分が感動できるものを集めていかないと、モチベーションも下がってくる。

やはり、宝石は、自分が追いかけたくなるものを追いかけていく。

というのが、基本なのだろうと思う。

そうなると、安定的な仕入れもできないけれども、宝石の本質はそんなものだ。と、思うしかない。

無いときは無い。

言葉で表現できないし、数値化ももちろんできないけれど、忘れかけていた感情を思い出させてくれるような出会いでした。

その出会いをきちんとモノにできた自分を褒めよう。



って、写真も無しかよオイ! って突込み来そうですが…

宝石、宝飾品は、気持ちですね。気持ち!

よし、ガンバロー!

>> 詳細はこちらをクリック!



>> ご購入はこちらをクリック!

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

>> CLASSICS FUKUOKA 昭和ジュエリー

>> CLASSICS FUKUOKA -Jewelry-





2013.11.06

変わらないなら環境を変える



とあることを覚えたくて、テキスト買ったりしていたのですが、なかなか進まない。

って、事で、朝の時間に、某所へ通うことにしてみました。

このことについては、飽きたらやめるではなく、継続が要だろうから、継続することを最重要視しよう。

もう一つ二つ始めたいことがあるけれども、息切れがこわいので、様子を見ながら始めるとしよう。

水は、そのまま置いていても変化は緩やかだけれども、

火にあて続けることで、沸点が来たら大きく変わる。

人も多分そうだろうと思う。

沸点が来るまで、火から離さない。

アラフォーにして身に染みてわかっている事だが、自分はそこが甘い。

始めることよりも、継続重視で…

続けるぞー! オー!





2013.11.05

キャストなんですが



Img_4073

リピーター様から、お買取りさせていただいたリングですが、

キャストなんですが、なんだか、こう訴えてくるものがあります。

054



部分的に、後付しているような、ひと手間かけているような感じもありますが、

どうなんでしょうか?

職人さんに聞いてみます。

先日の32本透かし(笑)のようなリングもあるように、

手作りなら、ハンドメイドなら何でもいいってわけではなく、製品のクオリティーは大事ですよね?

その点、このリングのメレダイヤモンドは綺麗なんで、

単にコストダウン志向が強いもの とか、そういう感じでもありません。

こういう「?」は、大事にしたいと思います。

>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

>> CLASSICS FUKUOKA -Jewelry-





2013.11.04

「リ」





BGMは、アイニカモーゼのヒアカムザホットステッパーのカバー

そうそう、この90年代中頃~のサウンドもいいんだよね~

気持ちが上がる。

ポピュラーミュージックも、膨大な曲が生まれ、消費され、消えていく。

イイものが、自然に埋もれていくよりも、忘れられてしまう前に、またこうやって光を当ててもらえると、再発見というか、音楽も消費消費って感じではなくていいよね。

ってことで、今日も一日がんばりましょう! なんのこっちゃ。





2013.11.03

近所のお菓子屋さんが注文制に… 是非お試しを。



近所のお菓子屋さん。

ルニダベイユ さんが、11月から、注文制になっていた…

えーーーー!

初めての方の目に触れる機会が・・・

例えば、使っている松の実なんかが、輸入品ではなく、日本産で

かつ、それをわざわざ売りにしていなくて、聞いてみるとそういうことだったり、

今はやりの、偽装とは真逆の、もうちょっとアピールしてもいいかも? 的な姿勢のお店なんです。

こだわりの云々とか、厳選素材とか、そういう嘘くさい自己主張ではなく、

淡々と美味しいものを作っていらっしゃいます。

工芸品でも、何でも、誇張はもう要らない。

普通にイイもの それがいい。

焼き菓子もおいしいですし、ロールケーキなども美味しいですよ。

ビー・スピーク もいいが、ルニダベイユもいい

そのくらい、いい。

材料がいいお菓子をお探しの方は是非!

電話番号は、今度載せていいかどうか伺ってみます。





5周年 おめでとうございます! 近所の本屋 ブックス キューブリックさん!

アマゾンで本を注文するのは、楽なんだけれども、

近所にせっかくいい感じの本屋があるのに、それが無くなることは絶対それは良くない

って、事で?

極力、キューブリックさんで注文(殆ど、希望の在庫がないので)してます。

で、本日5周年のボールペンをいただきました!!

何故だかわからないけど、めっちゃ嬉しい!

Img_4069



大した量も買わないので、本当に微力なんですが、自分の気に入っているお店が長続きするのは嬉しいですね。

5周年 おめでとうございます!!

すごく、雰囲気のいい本屋さんですので、お近くの方も、そうでない方も、是非足を運んでみてくださいっっ

Books KUBRICK Hakozaki / Cafe KUBRICK
http://hakozaki.bookskubrick.jp/

ありがたや



とある分野で、世界一の方からのメール

そういう方に名前を憶えていただいているのも恐縮なんですが、

じゃぁ、自分はいったい 何やってんだ??????

と、冷静に考えてしまう自分がいる。

一生懸命やってきたつもりが、結果、何かを目指してやってきたわけではないので、自分が何者なのかわからないでいる。

ここ数年は、淡々と掘り続ける感じだったけれども、もっと情熱的にならなきゃなー と・・・

40代も情熱的に、50代も情熱的に、60代も情熱的に、熱をもって取り組めればいいな と、改めて思った。



目指す方向を見失わないように、進んでいこうと思う。



忘れるなよ! 自分!!





2013.11.02

秋の皿祭り おおむね終了!



昨夕から、出張で、朝、出社してびっくり!

ずいぶん減ってる~!

昨日やってきたカップ&ソーサーも早速旅立っていってました。

店先に並べだしたことによって、何かが大きく変わってきたようです。

ラストスパートってことで、店の外に並べてみました。

Img_4039



・・・で、これだけ減って不思議に思うのは、

こっそり、たち吉のカップなどがあるのに、残っちゃってるということ。

ほかにも、え?これこんなにいいのに残っちゃうの?というものもあったり…

店内の棚に並べてみました。

Img_4037



Img_4038



雑貨屋風というか、うつわshop風・・・

イイんじゃないスカ?

0円コーナーという紙がなければ、結構いい感じかも(笑)

これが無料ってのもアレなんで、対価をお支払いになりたい方はコチラヘ的に募金箱設置しようかな。



久しぶりに、すっきりした棚を見てすがすがしい~♪



あ、そうそう。先日、「いっぱいもらって、なんかもうしわけないけん・・・」

P1000095

と、おっしゃって、ビールをいただきました(大汗)

託される方々は、遠方から、送料をかけて送っていただいたり、遠方からガソリン代をかけてご来店いただいたり…

お持ち帰りいただく方々のなかには、こういう方がいらっしゃったり・・・

なんていうんですかね。

「安いから」とか、「無料だから」とかではないんですよね。

心が豊かな方々に囲まれてありがたいというか、あやかりたいというか、自分の内面も成長させていきたいなと・・・

自分も、ガンバローって気になります。

ありがとうございます!!!



今日も一日がんばるっス!!!

ってことで、不要だけれど、捨てるには惜しい食器類受付ちうっす!

>> en∽ 使わなくなった食器を生かします。





2013.11.01

en∽ from 東京 カップ&ソーサー等追加



Img_4030

Img_4032_2



結構お皿があふれていましたが、

昨晩、飲食店の方に、沢山お持ち帰りいただきました。

で、本日、お皿を楽しみにして来られた方に沢山お見せできず残念…

そして、東京から段ボール一箱分入荷してます。



当店のある、路地裏のとおりは、ものすごく人通りが少ないのですが、

そんな路地裏でも、

この無料コーナーを中心に、人の流れが出てきている感じが面白いです。

ずいぶん減ったので、受付OKな状態です。

せっかく来ていただいたのに、申し訳なかったので、大量入荷の際は、案内メールを検討ちうです。

それと、残念なことに、せっかく東京からお送りいただいているのに、割れているものがあり、残念でした。

それなりの梱包はされていたので、途中での落下が原因だと思われます。送料をご負担いただきながら、手間をかけてお送りいただいているものなので、運送会社さんに一報いれさせていただきました。

品物を提供くださる方、譲り受ける方双方が、笑顔になれる仕組みでありたいので、輸送途中の破損は本当に残念ですね。

残った分は、皆様にお使いいただければと思います。

>> en∽ 使わなくなった食器を生かします。





« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

広告


フォト

TEL:092-651-2197

当店連絡先(予約制)