« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014.01.30

月日は百代の過客にして・・・



学生時代、ヒッチハイカーだったので、長期間旅行するためには、宿泊費をいかに抑えるかってところが肝だったりしていましたが、

家族を持つと、体力とか、それぞれのスケジュールとか、いろいろで、そんな旅行もなかなかできなくなりました。

スケジュール的に遠方の旅行は難しくても、

宿泊費をぐっと押さえれば、近場でも、日帰りではなく、宿泊で旅行気分を味わえるんだなという事を発見。

子供が、小学校高学年なので、根性の宿泊っぽい感じもありますが・・・

http://www.kamenoi.com/

大人2名で、8,000円 + 小学生添い寝 1名 1,300円x2 =10,600円

これで、朝食ついているんだから、安いと思う。

まぁ、部屋は狭いし、風呂ももちろん狭い。ビジネスホテルなので、ゆったりとはできないけれど・・・

旅に求めるのはまだまだそこではないので、宿泊ができて、「非日常」が味わえればそれでいい。

別にこのチェーンでなくてもいいんだけれども、いろいろ調べる時間もないので、そういう意味でもチェーン店というのは強いというか便利というか…

民宿とかにも行きたいんですけどね。





2014.01.29

求めているのは、工業製品ではない。

Img_4701



先日、業者さんから売ってもらった古いガラスのグラス

写真では伝わりにくいですが、現代の量産されたガラスとは違った魅力を放っています。

何が違うかというと、吹きガラスなので、ガラスが均質に透明ではなく、ゆらゆら揺れているということだったり、一見わかりにくいですが、そういう部分が、その物の良さに奥行きを与えています。

Img_4704



工業製品、量産品で考えると、ちょっとした気泡でも、規格外として市場に出ることなく廃棄されるかもしれませんが、

気泡は無いに越したことはありませんが、あったところで、それが欠点というよりは、まぁいいじゃん的な…

047



優先順位が、キズがないもの、均質なものではなく、魅力があるかどうかが先にあるべきだと思う。

そういうモノの良さは、ハンドメイドの方があるのだろうと思う。



工業製品の美しさを否定しているのではなく、量産品に囲まれて生活しているからこそ、こういう品々を見て、あぁいいなと、思う気持ちを忘れないようにしたいと思う。

宝石に置き換えてみると、インクルージョンの無い宝石がいいのであるが、その宝石に魅力があるかどうかが重要だったりする。

例えば、ルビーでも、並べてみると色が結構違う。(他の宝石にも当てはまることですが)

なので、「こんな感じいいよね」「この色が好き」から始まらないと・・・ っていう話になってくる。

工業製品なら、同じ型番の品で選ぶならキズがないほうがいいよね って話になるけれど、

宝石は違う。。。

あら?ガラスの話のはずが、いつの間に、宝石の話に??

>> CLASSICS HAKOZAKI -Jewelry-





2014.01.28

24hours happy & dance dance dance!



Dance2

Dance_2

Dance3

Dance5

Dance09

Dance91

Dance10

Dance11

Dance112

Dance01

Dance32

Dance15



http://24hoursofhappy.com/

1種類の曲を24時間延々とループさせつつ、その曲に合わせて様々な人々が躍るサイト。

日本で、これやったら相当怪しげだけれども、

曲に合わせて気持ち良く踊っている姿を見るのは、楽しいですね。

仕事しながら、BGM、BGVで開いています。

曲は飽きてきますが・・・

まぁでも、楽しそうでハッピーな映像ですね。

他人の視線よりも、自身の心に忠実なこの出演者の方々に拍手!!

http://24hoursofhappy.com/



2014.01.27

おめでとう



第56回グラミー賞:ダフト・パンクが主要2冠もヘルメットでだんまり



以前ブログで取り上げた、ダフトパンクさん グラミー賞受賞したようだ。

>> 今週のヘヴィロテ Daft Punk - Lose Yourself To Dance

賞を受賞したからと言って、作品の価値が上がったりも下がったりもしないけれど、

こういう、曲が評価されるというのは、意外という気もするし、当然だという気もする。

上の世代には懐かしいし、下の世代には新しい。世代を超えて楽しめる。

「ランダム・アクセス・メモリーズ」が年間最優秀アルバム、「Get Lucky」が年間最優秀レコードを獲得。

の、2部門! といっても、毎年グラミー賞を楽しみにしているわけではなく、たまたま知っただけですが…



賞をとった、ゲットラッキーよりも、





こっちの方が、ループ感というか、グルーブ感というかそういうのがあっていいと思うんだけれど、まあいいか。どちらも、あげあげになりすぎず、じわじわーっとくる感じが良い!

おめでとう!



グラミー賞のパフォーマンスあったから、のっけておこう。

新しい ではなく、文化的な 成熟 を感じさせてくれる。 

若い層にどう受け止められているのか気にはなるけど…

ちなみに、このかっこいいボーカル、私と同世代らしい。

カッコいいなぁ~



うーん、いいね。

あげすぎか? 

この辺で…



2014.01.26

価・値・観



045

>> トリプレットオパール

一般的に、処理された宝石はあまり好まれないというか、程度によりますが基本NGだったりする。

宝石、「宝」と名乗るからには、まぁそうだろうと思う。

それはそれでいいのですが、

今、ショッピングモールや、百貨店などに行くと、洋服がたくさん売られている。

その、カラフルな色は、草木染の天然原料ではなく、大抵合成の染料だと思う。

あまり、衣類のことはわかりませんが… たぶんそうだろうと思う。

そういう目で見てしまうと、色とりどりの服が何故だか虚ろに見えて仕方なくなってくる。

たとえて言うならば、

「着物」を画像検索した場合と、

「着物 草木染」で画像検索した場合の違いというか…

色とりどりの服が、合成の宝石と重なって見えてしまう。



絵画だって、絵の具の材料が、合成の絵の具か、天然の顔料か等あまり気にしない。

でも、それでいいのかな? と思うようにもなってきた。

天然だからよくて、合成だから悪いという意味ではなく、天然のものの、表面的ではない奥行きのある美しさにもっと気づかないといけないんじゃないか的な…

だからと言って、自分に合成染料の衣類などを避けながら生きていく財力はないので、どうするというわけでもないのですが・・・

そんなことを考えていると、合成の染料で染められた洋服を着ている自分に、合成の宝石を全否定する資格はあるのか?

的な事を考えてしまう。 そんなことを考えてしまうのは、第二の思春期なんだろうか?



今できることといえば、ナチュラルの宝石をリスペクトするように、合板ではない家具や、草木染の着物をリスペクトするくらいならできそうだ。

そう考えてたら、むら雲の羊羹が食べたくなってきた…

なんのこっちゃ!!!



>> CLASSICS HAKOZAKI -Jewelry-



2014.01.25

色石の魅力は、名前ではなく美しさだねぇ







中途半端な、ダイヤモンド、ルビー、エメラルド、サファイア、パライバトルマリン、アレキサンドライト、なんかよりも綺麗。

綺麗なものは、探し継続中ですが…

あぁ、いいなぁ と、理屈ではなく、素直にそう思える、そういう感性を大事にしていきたいと思う。

>> 376:唐草 シトリン リング P.m900 昭和ジュエリー



2014.01.22

使わなくなった絵本も引き取ります。



Ehon



コラボ企画!

絵本カフェ ごろにゃんママ さんとのコラボです。

オーナーの村山さんは、手作り絵本のスペシャリストでもありますので、ご興味がある方は是非!  >> 世界にひとつだけの絵本/福猫の羽


引き取った絵本は、ごろにゃんママさんにお渡しします。

絵本を修理できる技術もあるそうですので(本当にボロボロなものはできないとおっしゃっていましたが)、少々傷んでいるくらいのものでも大丈夫みたいです。

絵本なんて、本当に思い出の品ですから、捨てちゃうのは、ホントかわいそうなんですよね。

引受先が見つかってよかった。

いきなり大量に引き取りしても、対処できなくなる可能性もありますので、様子を見ながら小さく始めていきたいと思います。

とりあえずは、当店でも絵本を引き取りますので、お気軽にご相談ください。

直接、ごろにゃんママさんに持ち込む場合は、一度お電話をしてみてください。

5628mama / ごろにゃんママ TEL:092-692-5646

>> まだまだつかえるこーなー by ひぜんやしちてん



2014.01.18

2014年度 カレンダー沢山!! from 東京



先日設置していたカレンダーも旅立ち、

>> 使わないカレンダー募集中です & 置いています。

Img_4648



スペースが空いているなーと思っていたところに…・



東京からのお電話で、無料コーナー用のカレンダー、30点程送りますとのお電話。

カレンダーは、喜ばれるので嬉しい!!

でも、本当に送料かけてまでお送りいただけるのだろうかと思っていましたら…

到着しました!

Img_4646



ありがとうございます!!

質屋のお客さんといえば、宝飾品や、高級品を預けられる方もいらっしゃいますが、

結構切り詰めた生活をされている方もいらっしゃいます。

今年は、当店にはカラープリンターは置いていないので、レーザープリンターで印刷した白黒のカレンダーを置いてみましたが、それでも結構人気でしたが・・・。

でも、白黒のカレンダーは寂しいですよね。

誰かのためというものでなくても、使われずに処分されるのはもったいないので、使ってもらえる人にお届けします。

2014年度のカレンダーまだまだ募集しておりますし、カレンダー必要な方お気軽にご来店ください!!

Img_4649



2015年度は、12月中に無料コーナーにカレンダーを置きたいと思っていますので、本年度末に来年度のカレンダーをいただけるなら、ありがたいです。(まだ先の話ですが…)

写真に写っている、昭和の鏡台もどなたか…是非…

>> まだまだつかえるこーなー by ひぜんやしちてん

>> まだまだつかえるこーなー by ひぜんやしちてん ふぇいすぶっく



2014.01.16

楽器別・中南米音楽入門 NHK ラジオ

録音しっぱなしで、気づくのが遅かったですが、とても興味深い講義でしたのでご紹介。

楽器別・中南米音楽入門
講師:ケペル木村(ブラジル音楽研究家/音楽ライター) 
http://www.nhk.or.jp/r2bunka/ch03/

全12回の2回目まで終わっていますが、これから、楽しみ!





2014.01.15

日本伝統工芸展60回記念「人間国宝展 @東京国立博物館 2014年1月15日(水) ~ 2014年2月23日(日)



伝統工芸展 60回を記念した展覧会が、東京国立博物館で行われるようです。

日本伝統工芸展60回記念「人間国宝展―生み出された美、伝えゆくわざ―」



「人間国宝」作品展 開催へ 東京
NHK NEWS web

伝統工芸というと、昔のもの というイメージが強い方が多いと思いますが、

伝統工芸展に関しては、キーワードは「現代」「創造」であり、こなれた技法や作品が求められているのではなく、

新しいものが求められ、そういった作品が賞をとっていきます。

ですので、過去の賞をとった作品を「すごいねー」と見るよりも、

毎回、伝統工芸展に足を運んで、

「え、そう来たか!」とか、「うゎ、これは斬新だ」というような、驚きを楽しみにする方が面白いと思っています。

List_3875



これは、1996年に13代今右衛門さんが生み出した、吹墨、そして薄墨という色、技法を応用した作品ですが、文様も含めて、江戸時代のの鍋島の模倣ではありません。

鍋島ではない画像もありますが、ざっくりとこのような感じ…。

>> 「盛期鍋島」 画像検索。

過去の、技法、DNA、を踏まえつつ、新たな「鍋島」を生み出そうとした、その姿勢も含めて、素晴らしい作品なんだと思います。

突然この作品が生み出されたのではなく、それまでの試行錯誤があってたどり着いた作品なので、

作品自体も素晴らしいですが、そこに至るまでの経緯、作者の葛藤を知っているかどうかで、見方はずいぶん違ってくると思います。

ですので、私的には、偉大な先代を意識しつつ、先代の模倣ではない、現代の鍋島を生み出そうとしている、十四代(当代)が、模索しながら生み出してくる作品を追いかける方が、楽しさという意味では、何倍もあると思います。

ってなわけで、

東京国立博物館の展示だけではなく、各地で行われている伝統工芸展に足を運ばれることをお勧めします。

日本工芸会の展覧会情報

そして、1回だけ行くよりも、毎年足を運ばれることをお勧めします。

誰かが決めた人間国宝よりも、自分で凄いと感じられる、感動できる、作品、作家さんがきっと見つかると思います。

んでもって、振出しに戻る感じになりますが、「今」の作品を楽しむためのそれまでの流れを知るためにも、東京国立博物館に足を運ばれることをお勧めします。

過去と、現在を結ぶ何かがきっとあると思います。

私は行けませんが…

なんだか、文章が支離滅裂になりましたが…

是非!!



2014.01.14

たまには映画の話でも… 「永遠の0」





先日、家族で映画を見てきました。子供は、高学年と低学年。

子供も高学年になってきたので、家族全員で映画を見に行くのは人生の中で最後かもしれないなと思いながら…

でも、子供向けの映画はヤなので(子供たちよスマネェ!)、大人?の映画に付き合ってもらいました。

選んだ映画は・・・・ 「永遠の0」

永遠の0 オフィシャルHP

小学生でもいけるのかな? とちょっと心配でしたが、低学年の子も、高学年の子もなんとか観れました。

低学年の子には刺激が強すぎるのかなと思いながらでしたが、途中何度も涙していたので、何か伝わってくるものがあったのでしょう。まぁ、でも家族で最後という思いがなかったら見せなかったかな?低学年にはちょっと早いかも?

え?私? そりゃ、まぁ出ましたよ。大量に…



悶々と、漫然と生活している現代の青年が、その彼と同じ年で亡くなった(でしたよね?)、彼の祖父を調べていく中で、彼が成長していくそんな青春物語。 というだけではくくれない、多視点な物語。

戦争で亡くなられた方々、戦乱の中を生き抜いてきた方々、

生きること、死ぬこと、いろんな視点で見ることができるし、答えも一つではない、いろいろと考えさせられる映画でした。

単に涙しました。よかったです! だけではない映画なので、

映画について、あーだこーだ話したかったのですが、まだそれはちょっと早すぎたようです(笑)

5年後?10年後? 子供たちとこの映画について話す機会があれば、それはとても嬉しいことかも。

今までそんなことを思ったことはなかったのですが、この映画は、私の、父、母にも勧めたいと思ったので、世代を超えて受け止めることができる映画かなと思いました。



岡田君の役作りも鬼気迫るものがありそれも、この映画の良さに大きく貢献している気もします。



自分の祖父の晩年は、自分もふらふらしている状態で、時間もたっぷりあったので、戦争の話を、同じ話を何十回も聞いたなぁ。ってことも思い出しました。

その後の人生も波瀾万丈だったのだろうけど、戦争の話ばかりするということはやはり強烈な体験だったのでしょう。

そういえば、国を担うような優秀な若者が戦地にやってきたけれども、戦死した話を何度も聞いた。

そうか、それが学徒出陣ってやつだったのか? (海軍ではありませんでしたが)

いや違う。確か卒業していたはずだ。

いずれにせよ、当時はあまり意識していなかったけれども、祖父は、若くて優秀な才能を持つ者が、戦争で死んでしまった彼のことを、亡くなるまでずっと惜しみ続けていたんだろう。と思う。



美化しているようで、反戦的な視点があったり、祖父の代の視点や、子、孫の代の視点があったり、

100人いれば100人受け止め方が違う映画だと思いました。

日本が未来に向かって飛躍するために、一度世代を超えてもう一度過去を振り返る そういうタイミングに出た映画なのかも?

是非、劇場で。



RKBラジオ 山本 真理子 キネマの天使

この番組で、「永遠の0」にお客さんが入っているということを知って、その映画の存在を知ったのですが、若いころのように興味のある映画はなんでも観てみるというような時間もないので、この番組はありがたいです。







2014.01.12

古知屋恵子展「手のひらの 小さな しあわせ」@ブックスキューブリック 箱崎店



古知屋恵子展

「手のひらの 小さな しあわせ」

会期:2013年12月24日(火)~2014年1月19日(日)

    11:30~19:00(12/30~1/3、13休)

会場:カフェ&ギャラリー・キューブリック(ブックスキューブリック箱崎店2F)

    福岡市東区箱崎1-5-14(JR箱崎駅西口から博多駅方面に徒歩1分)



http://www.bookskubrick.jp/about-bk/topics/20131221-2491.html

お近くの方は是非!

Kk





2014.01.11

オパールオパールオパール



どういうわけだか、オパールばかり…

サンゴの千本透かしや、

面白いところでは、ピクエもありますが・・・



Img_4618

そういうこともありますね。

単品毎の紹介は、こちらにupしていく予定です。

http://classics-hakozaki.blogspot.jp/

upを待っているけれどなかなか出てこないという場合は、お気軽にメールください。



>> 宝石、ジュエリーを大事に査定&買取致します。

>> CLASSICS HAKOZAKI -Jewelry-





2014.01.08

ブランドとか、表面上のキラキラとかそういうのではなく



011



013



012



作り手の意図や、技に気づいたり、感じたり、そういう1年にしたいなと思います。

とりあえず、このリング、裏取りがとてもきれいに仕上がっています。

そこがいいといいますか、そこもいいといいますか…

パヴェ ダイヤモンド リング



2014.01.05

あけましておめでとうございます!



明けましておめでとうございます。

毎年、いろいろな目標を年の初めに立てていましたが、

11月に目標をたてたので、その継続という感じで頑張ります。

やることはやらないといけないのですが、

今年からは、何を「しない」かに、気をもっと使おうと思っています。

そうすれば、取り組む時間が増えるはずなので…

今年は、あまり意気込まずに淡々と時を積み重ねていければと思っています。

今年もどうぞよろしくお願いいたします!!



« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

広告


当店連絡先(予約制)

フォト

TEL:092-651-2197