« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014.03.30

つまるところそういうことか?



地球、自然そのものや、その産物に対するリスペクトと、

それを、最大限に生かすために何世代にもわたって培われた伝統的な技術だったり、それらを超えるために生み出された新しい高度な技術だったり・・・。

そういう物を追い求めているのかもしれない。



現代アートは頭脳ゲーム的なイメージが強いので別にして、

美術、工芸、食べ物、大抵のものはそういう切り口で考えたら、わりとすっぱりと判断できるかなーと…



ところで、先日 お客様にいただいた、青葉ロールというロールケーキがとても美味しかった・・・

自分の中の、ランキングに変動が…

くるみの木

ここかな?多分…

でも、青葉ロールという名前で、フルーツは入っていなかったような気がするけど、あれ? 気のせいか?

僕が食べたのは、九州の恵ロールだったか??何か違うような・・・・。

うーん、ここも何だか気になるし、これは 足を運んで、確かめに行かねば・・・

これは、お菓子屋さんに言いたいことなんですが…

お菓子に過度の甘さは要らないと思う、ほとんどのお菓子はちょっと甘いと感じるし、甘さが足りないと思うお菓子はあまり見かけない。

砂糖は、素材の味を引き立てるための補助的な役割で十分だと思う。

そうでないと、沢山食べることができないし…

生クリームの味だったり、卵の風味だったり、自分はあまり感じないけれど突き詰めていけば、小麦の香りの違いとかも出てくるのでは?と思う。

「お!いい小麦つかってるやん!」、「この小麦のチョイス渋いねぇ~」 みたいな・・・

いや、そういう食べ物ってそういえばたくさんある。

その流れはまだまだ小さいけれども、それが大きくなっていけば、

単なる値段で判断されるのではなくて、もっと、対価に対する支払いの姿勢も良くなっていくのでは?

と、思ったりもする。

おっとっと、食いしん坊ぶろぐではなくて、言いたいことは、

食べ物に限らず、美術、工芸その他もろもろのものにもとめられるのは、そういう材料選び、それを生かすための工程 であって、そういう認識が広まっていけば、現代になかなか物が売れなくて困っているモノづくりの方々にももっと光がさすのかなー

そういうものではないかなーと思ったりもする。

中古もいいですが、現代ものも売れていかないと、遠い将来にまで残って行くものがないのも、同時代を生きる人間として、寂しすぎる そんなことを思ったりもします。

実際、※※さんの作品等は、売れまくっているようですし、

※※さんも、ぐんぐんとその階段を駆け上がっているようですし、

僕が心配しなくてもいいのかな? という気もしますが、

もうちょっと、そのムーブメントが、すそ野の部分にまで広がっていけばなー

と、思ったりもします。



2014.03.29

探し続ける



ずーっと、ずーっと探し続けていないと見落としてしまう物って多い。

他の人にとってはどうでもいいものでも、私にとっては大事なものだったりするもの

例えばこちら・・・

明治期(だろうと思われる 香蘭社) ご縁があって即納品済(後ろ髪引かれるくらいがちょうどいいのかな?)

Img_5193



はっきりと、自分が求めているのかはまだ確定はしていないけれども、

はっきりわかる状態になるには、やっぱりリスクを負わないと行けなかったりもする。



いや、こういうことを書きたかったわけではなく、とあるものを入手できて、「ついに見つけた」という体を包む喜びに浸り中。

10年かかった。多分誰にも分ってもらえないと思うけれどもそれでもいい。

長かった・・・





2014.03.26

ちょこっと改名



地味な中古宝石屋 CLASSICS HAKOZAKI

思うところありまして、ちょこっとサイトの名前を変えてみました。

量産品を、沢山売っているわけではないので、

どんなに、言葉で飾っても、お渡しできる人はお一人なので、

言葉の飾を極力排除して、

そういう部分を乗り越えられて手にされる方は結構いらっしゃるわけで、

ご縁がある方に納めるという発想でいえば、おそらくそういう派手な感じではなく、地味な感じの方が、いいのかな?と、勝手に思っています。

タイトルを変えて、何が変わるというわけではありませんが、

とりあえず、タイトルを変えてみましたというお話です。



こんなブログを書く前に、更新して!!

という、言葉がたくさん来そうですが…





2014.03.24

そこそこの男



先日、
私の表現は、「そこそこのダイヤモンド」という表現が多いという話になりました。(笑)

確かにそうかも…(汗)

めっちゃきれい とまではいかないものは、

「そこそこ」

で、済ませていたような気が…

でも、結構便利な言葉で、

言葉に煽られやすい人をこの「そこそこのダイヤ」という言葉がフィルターにかけてくれているのかもしれません。

選ぶ方にしてみると、不安にさせる言葉かもしれませんが…

まぁ、そこそこきれいだねというものを、「大変素晴らしいダイヤモンドですよ~」言葉巧みに煽っていくのも性に合わないですし、

どう言葉で飾っても、ダイヤモンドの質が上がるわけではないので、

思ったように書くしかないのかな?という気がします(笑)

そういえば、以前、自分もネットで宝石の掘り出し物をgetしようとしていましたが、

コレクター心をくすぐる巧みな表現と、実物からかけ離れた画像処理に何度も泣かされてきた、ネット業者さんに対する怒りみたいなものが、若干辛口コメントの原動力になっているのかもしれません。

って、ことを思い出しました。





2014.03.22

装飾品、実は露皇帝のイースター・エッグ



装飾品、実は露皇帝のイースター・エッグ 産経ニュース 2014/3/20

2014.3.20 15:51 [米国]

 米国のくず鉄業者の男性が骨董品店で8千ポンド(約135万円)で買った装飾品が、実際は2500倍の価値がある2千万ポンドの作品であることが分かった。

 英紙によると、正体はロシアの宝石師ファベルジェがロシア皇帝のために制作したイースター・エッグ。男性は約10年前に、いずれは溶かして金を抽出するつもりで買ったという。

 男性はエッグを特集した記事を読み「もしや」と思い鑑定に出した。エッグは数年にわたり台所に置かれていたという。(共同)







遠いお国の話だと思われるかもしれませんが、日本国内においても結構ありがちな話。

日本人の、貴金属、宝石買取従事者は、ほとんどが、まず見るのが刻印。

そして、重さをはかる。

刻印の段階で、手がかりが得られないものは、わからないもの、価値があまりないものという判断になりがち。

何金かわからないけれど、ある程度見当つけて、値段をつけようとする場合、

石を外してきっちり重さを計ることが誠意だと思って、悪意なく、善意で製品を破壊している輩もいる。

ジュエリーを材料代としか見れないのであれば、それはとても悲しい事。

古くてわからないものには手を出さないで。 と言いたい。

実際、無残にバラバラになった、アンティークジュエリーの残骸が当店に持ち込まれた時は、心が痛んだ。今でも、その時感じた感覚が残っている。

潰していいもの悪いものがわかっていない買取業者さんが多すぎる。

では、私が値段まできっちり見れるかというと、そうではないですが、少なくとも壊したりはしません。

早く、アンティークジュエリーが無事に還流できるような、環境の整備が求められるのだと思う。





2014.03.21

きっかけ



先日、ひょんなことから、導かれるように訪れた、時代布と時代衣装の池田さん。

時代布池田 公式ホームページ

時代布池田ブログ



こういうものを見てしまうと気持ちが上がるというか…

Img_5124



なんだか、この生地に呼ばれている気がしたということと、もっと、着物を理解したい という思いもあって購入。

大正時代の帯地の端切れ?

すごく細かい織りで、草木染?天然の染料の表面的ではない、奥行きのある色彩。

パワーストーンショップに行ってもパワー湧き上がってきませんが、

この生地を見ているだけで、気持ちが上がってきます。

いいものはいい。

理解するにはまだまだ遠い道のりですが、好きになるくらいなら今からでもできる。

いつも目につくところに置いておこう。

095

096



手で丁寧に織ってんだよ。素晴らしいとおもわねぇか?!(独り言)

豊かさとはこういう事だろうと思う。

Img_5127



お店の方々もまたおいでとおっしゃってくださいましたし、

そう遠くない将来是非、またあの素敵な空間に浸りに行きたい。

ありがとうございました!!



2014.03.20

導かれて…



傘もなく、濡れながら、パンを食べる場所を探していたら、

前から行ってみたかった、鍋島松濤公園に期せずしてたどり着いた。

東京の喧騒もなく、人もほとんどいず、静かに雨が降る中で水車が回っている公園を眺めるのがとても心地よかったです。

私以外の人にとっては、雨にぬれた男が、トイレの屋根の下で(もちろん中ではなく、外ですよ)パンをかじってるという怪しげな空気漂ってたと思いますが…

そして…

Cafe de Jewelry 東京 の後、参加者さんが、帯留のコレクションで有名な、池田重子先生のお店に行くという事で、のほほーんと、ついて行ったら…

そこは、思いがけず、古布や帯留、着物がかわいく佇んでいる、素敵な空間でした。

雑誌などで見る、池田先生から想像して、華やかな世界で、自分とは縁が遠そうな、キラキラした世界という、勝手な想像とは違って、

私でも気軽に入れるような、カワイイ古い布が沢山佇んでいる、とってもいい空気の漂う、素敵なお店でした。

そしてまた、思いがけずに池田先生がいらっしゃって、ついでにサインまでいただきました。

Img_5126



昭和のジュエリーを掘り下げ続けることも、くじけそうになることもありますが、

こういう場に導かれたという事は、やっぱり何か自分にやらなきゃいけないことがある という思い込みを刷り込んで・・・

これからも、コツコツ頑張っていこう。

そんなことを思いました。







豊かさ



横浜の馬車道駅。

レンガは、見せかけではなくて本物っぽいがどうだろう?

鉄の質感と、レンガの質感と、開放的なデザインがすごく心地よい。

大理石風とか、レンガ風とか見せかけではない部分に、豊かさをとても感じてしまう。

日常的にこんな駅を利用できるだけでも、羨ましい。

駅が素敵だからという理由で、この近くに住んでみたいくらい。妄想の世界の中の話ですが…

どういう経緯で、この駅のデザインが企画され、どなたがデザインがした駅なんだろう?

そういう部分が気になる。


こういう雰囲気は、ここの駅だけではないと思うし、

私の選ぶ品に横浜、神奈川の方々に多く共感いただいているのも、

こういう街の背景があるのかな?

それだったら嬉しいな

と、そんなことを思いました。

目的地と駅の間しか見てないですが、ゆっくりウロウロしてみたい・・・









2014.03.13

Cafe de Jewelry vol.11&12 Yokohama & Tokyo





スケジュール決まってからお知らせしようと思っていましたが・・・

19日に横浜に行く用事がありましてついでに…

日も近づいてまいりましたのでとりあえず日程だけでも・・・

Cafe de Jewelry vol.11&12 Yokohama & Tokyo

横浜は 2014/3/19

お昼の部:横浜ベイホテル東急 の喫茶店? ?時~12:20 多分長時間はできません。
羽田 着 10:25 ですが、何時ごろつくかわからないので、お昼の部は実現可能かわかりません。
開催できなかったらごめんなさいという、無茶な企画ですみません。

開催できそうにないので、すみませんこちらは中止で…
どうしてもという場合は一度お電話ください。
会場に私が到着していれば、可能かもしれません。


夜の部 横浜ベイホテル東急 の喫茶店? ソマーハウス 20:15~

はっきりと明記できずスミマセン。

19日、夜の部終了しました。
ご参加、ありがとうございました。
思った以上に、薄暗かったですが、皆さんと宝石を愛でることができて楽しかったです!
東京は 2014/3/20

渋谷です。

9:00-10:00 スターバックス渋谷文化村通り店
http://www.starbucks.co.jp/store/search/detail.php?id=9

朝の部は、申し込みもありませんでしたので、一旦、中止と致します。
希望される方がいらっしゃいましたら、朝8:00以降お電話ください。

12:30~13:30 渋谷 カフェ ミクロコスモス
http://www.microcosmos-tokyo.com/index.html

渋谷は、人が多いんですね。

ちょっとなめてました・・・

私も、千本透かしのリングを見せていただいたり、私の千本透かしコレクションを眺めていただいたり、楽しい時間を過ごせました。







そんな感じですので、希望者は、メールか、お電話ください。

080-3977-7815

アバウトですみません!

上京のメインの目的が、今回のイベントではないため、

急遽中止になる可能性もありますので、

あまり期待せず、軽い感じでお願いします。

沢山持っていくわけにはいかないので、テーマは、ルビーかな?

千本透かしとか、翡翠とか

他にご希望があれば、お知らせください。



>> Cafe de Jewelry & Art



2014.03.11

宝石再生プロジェクト  2013年10月~2014年3月 報告



208162_201110573242694_1852366748_2
宝石再生プロジェクト


あれから3年。

自身が、昭和のジュエリーの価値に気づき、指輪枠から宝石を外す行為もほぼしなくなりました。(立爪のダイヤモンド等は別ですが…)

その時代、その時代の技や技術をある程度理解していくことで、潰しといわれる、「材料代」ではなく、一つ一つ個性を持ったジュエリーとして価値を見ることができるようになれたのだろうと思います。



千本透かし &  唐草

小さなものでも、製品としての価値、違いを伝えることができるようになれたという事は、

中古のジュエリーを扱う者として自信をもっていいことなのかな?

とちょこっとだけ思います。





前回の報告から半年もたってしまいましたが、

このプロジェクトの報告はやめようかと思っていましたが…

月に1度くらい、福島、東北の方々を思い出す という行為は、やはり必要なのかな?

とも思います。

ジュエリーを潰す罪悪感からは、その行為も減ったため、ずいぶん解放されてきましたが、

原発事故、震災の被害にあわれた方々に、何ができるというわけではないけれども、自分の中で終わった感がないので、

宝石再生プロジェクトは終了せずに継続しようと思います。

ついでに、できるならば忘れずに月1の報告を自分に課したいです。



宝石再生プロジェクト

Img_5098







有事に売る「金」 持っていますか??

有事の金は「売り」  豊島逸夫による金市場の解説 2014/3/4 の記事

日本人の多くは、有事に売るための金を手放してしまっている。

無いものは仕方ないですが、持っている人は、あまり売ろうとせずに、金製品は持っておきましょう。

こんなこと言っても儲けは出ないので、誰も言わないだけで。

金買い取りでしのいでいる会社は、金相場に関係なく「金買います、金売り時!」というしかありませんからね。

金製品は、腐るものでもないですし、キロ単位でなければ、持ち運びも楽ですし。

重たいインゴットであれば率はいいですが、売買とか、申告とか煩わしかったりしますが、

チョコチョコとしたものを小分けしておけば、まとめて売るのも分けて売るのも気軽にできるので、いろんな部分でメリットはあると思います。

有事というのは、個人的な家計面でも言えることで、急な出費、ATMが使えない時等にも当てはめることができると思います。

特に、現役で働いている人等、収入が多い方々はいいですが、

20年後、30年後、貯金も少なく、年金でやりくりするような状況になった場合、お葬式などの急な出費、急病の時などにも、役に立ったりします。

東京オリンピックまではいいとして、その後、10年後、20年後も、日本は安泰なんて誰にもそんなことは言えないはずです。

今後の、日本の行方と、個人的な人生の行方を思いめぐらしながら前もって準備をしておく必要はあると思います。

有事に売る「ゴールド」 持っていますか??



2014.03.09

鳥肌

開催中の全九州質屋大バザールにご来場のお客様。

ペルシャ絨毯をご検討されているその指に・・・・

パ、パ、パ、パライバトルマリンのものすごく力強く輝いていました。。。

正直、鳥肌たちました。

お話をうかがってみると、20年前にルースで見かけて惚れ込んで購入されたそうです。

そうでしょうね。

このレベルは、もう無い。 と、絶対にそうかとは言えませんが。

それに準ずる位のレベルでした。

年間数万点の中古のジュエリーを見ますが、まず見かけませんし、

ジュエリーショーなんかを、歩き回っても、多分無いでしょう。 と、言える位のものでしたので・・・


宝石と出会って、決断できる決断力がまず素敵だと思いますし、

決断力があっても、残念な宝石ではなく、本当に素敵な宝石をチョイスされているその感性のが、まず、やっぱり大事なんだと思いました。

宝石で、鳥肌がたったのは、初めてかもしれない・・・

予想もしない場所で、すごいのを見せていただいたので、びっくりしたんでしょうね。多分・・・

こういう宝石を見れただけでも、本当にいい一日だったと思います。

自分にもまだ、感受性は残っているんだという確認ができてよかったです。

その後、お客様とのアポを忘れてしまい、超反省でしたが・・・ 自分のばかばか!

パワーストーンと、言われると懐疑的な自分ですが、美しい宝石には力があるというのは、本当に同感できますね。

全九州質屋大バザールも、9日で最終日。 がんばっていこー






反省・・・

お客様と査定のお約束をしていたのに、そのことをすっかり忘れてしまっていた・・・

超反省です・・・

本当に申し訳ございませんでした。

あー、自分のばかばか!

2014.03.08

全九州質屋大バザール 開催中でございます。2014年3月9日まで

全九州質屋大バザール開催中です。

会場内をウロウロしているかと思いますので、お気軽にお声かけください。

色々な品物があって、楽しいですよ。

全九州質屋大バザールHP

会場内の様子などは、こちらをご覧いただく方がいいと思います。

全九州質屋大バザール Facebookページ

2014.03.03

修行



修行じゃ。

全然嬉しくない、むしろこれでよかったのか?これでいいのか?と、問う場合が多い。

この感覚が大きいほど、喜んでいただきやすいかなとも思うし、

とにかく良いものに触れていたい。そこに焦点を当てるならば、この方法もありだろう。

若干苦痛が続くけど、嫌いにならない程度の道を歩んでいこう。

多分、別の喜びも出てくるはず。

修行、修行。



2014.03.02

このルビーも、見といて欲しい。



Img_4997



沢山の中からでも、これを抜き出して、「このルビーいいよね。」 と、言い合える仲間が欲しいなと思う。

Cafe de jewelry 最近やってないけど、いろんな方に、このルビーの美しさがどこから来ているのか?をお伝えしていきたい。 そんな時間あるのか? って話になるけれど願望として…

この輝きを脳裏に焼き付けていただければ、品物を選ぶ時の基準にはなるかな?とは思います。

写真ではその魅力は全く伝わっていませんが~。

>> 422:ルビー 0.3ct PT900/K18 #11



« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

広告


当店連絡先(予約制)

フォト

TEL:092-651-2197