« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014.05.29

西部伝統工芸展 2014年6月1日まで @福岡三越

以下 敬称略でございます。


そういう目で見るからそう見えるのかもしれませんが・・・

ろくろを改めて問い直しているような造形の作品が幾つかあったように思いました。

1098 朝日新聞社賞 白妙彩磁鉢 庄村久喜

口縁が波打っているのが印象的、三方向から押さえて、円形でない。
改めてそういう視点で庄村久喜さんの作品群を見つめ直して見ると、轆轤が目的ではなく、作品作りの手段としての轆轤の可能性を探って来た道程があってのこの作品に至っているようにも思えました。

1010 青瓷彫文壺 中島宏
細かい貫入、横にストライプ状に入った凹凸のラインが、色彩に変化を与えている。

十四代酒井田柿右衛門
十四代の作品がもう生み出されないのかとおもうと、喪失感のようなものが湧いてくる。
作品は、今後何世代にも渡って、生き続けるのだろうと思う。
そう考えると、果たして、本当の意味で、作家と言える作家はどのくらいいるのだろうかと考えてしまう…

1037 宮崎祐輔 釉裏紅銀彩八角鉢
作風変化をしたような??
幾何学的なデザインに、幾何学文様

1028 色絵薄墨墨はじき雪文鉢 十四代今泉今右衛門
渋い。渋すぎる。。。
夜に降り積もる雪を表現している?
墨はじきのひき算的な佇まいと、繊細さが、静けさを強調している。

1106 和紙染鉢 中村ゑ美子
轆轤で造形し、そこから削っている。
こういうアプローチが気になるのは、そういう目で見ているからか、
それとも、そういう作品が増えてきているのだろうか??


1059 和紙染組皿 「うたかた」 船越寛子
筆で描いたようなグラデーションの和紙染がいい感じ。

1052 shell 辻浩喜
タイトル通り、貝殻を題材というか、貝殻にインスパイア?された作品
ギザギザ、薄さ、真珠光沢を表現している。

1047 鉢「Rin」 畑石修嗣
墨のような乾いた黒で、脆さを表現 今後注目したい。

1093 青瓷壺 津金日人夢 QAB琉球朝日放送賞
丸い陶taiというところがポイント?
色絵は変化を出しやすいけれども、青瓷は表現が限られるので、新たな作品を生み出すというのは大変かもしれないと思った。
同じようなものを作るのではなく、作家として活動する限りは、作品に新しいものを求められるのは宿命というか、そういう部分で大変だろうなぁ
と、そんな事を思った。

1108 白磁角鉢 中村清吾
前回拝見した、鉢が二つ重なったような作品といい、
今回の角鉢といい、
轆轤を捉え直して、作品を構築しているように見える。

5013 花藍「夕照」 河野  OAB大分朝日放送賞
かわいい

4007 布目象嵌文鎮 「春映」 松永淳子
象嵌いいねぇ

4005 布目象嵌風露草文香合 鶴窪由紀
宝飾品の細工の一つとして、象嵌技法にちょっと興味を持ちはじめましたが、
福岡にこういう作家さんがいらっしゃるんですねぇ

7003 有線七宝草花文飾鉢 小西勝代

7008 有線七宝合子 内村文子

1051 白化粧線文蓋物 小川哲男
佇まいがいい

1741 青白磁六角組皿 池田正史
食器だけれども、訴えて来るものがある。
素地の材料もなんらかの意図を感じるし、
造形もいいと思う。
今後注目したい。

1133 濁手杜 草文深皿 十五代酒井田柿右衛門
赤を使っていない。これは、明らかになんらかの意図があってのことだと思う。
赤以外の色を使って構成した作品作り。 これも、創造的で作家性の生きてくるテーマだと思う。
次回にも注目したい。




ひとり cafe de jewelry & 新着情報@ピンタレスト



出張続きで、空いた時間に新たに入荷したジュエリーさん達を眺めているオジサンの図はさぞ、怪しげだったことでしょう…





試験的に、新着ジュエリーをピンタレストにあげています。

心情としては、値段が見えない方が見栄えがいいのですが、

ご質問に即答できない場合も多いので、載せております。

その他のお問い合わせもお気軽にどうぞ。

ピンタレスト 新着ジュエリー等

写真が適当すぎますので、後日改めて取り直した分を、ブログなどにあげていこうかな? と・・・

あくまで、お試し中です。

KIYOSHI FUCHIGAMI / 渕上清志 さんの Pinterest ボード「新着ジュエリー等」をフォローしましょう。

2014.05.23

福岡初 秘伝 極真焼を取り出す瞬間 「辻家 謹製の器」展@アクロス ~2014年5月25日まで!



Tsuji



江戸時代に、宮中へ陶磁器類を納める役割を担ったのが、辻家。

最高のものを納めるという意思の下、開発されたのが、極真焼。



噂には聞いていましたが、その密閉された真空状態の容器を割る瞬間を見ることができました。

説明を聞く前は、ただ容器を割るだけと思っていましたが、どういう理屈で真空状態になるのか、

真空状態になることでどういう現象が起きるのかなど知ることができました。

美しい磁肌と、染付の発色が素晴らしかったです。

詳細は、公式サイトをどうぞ。

>> 磁器誕生から400年 皇室が愛した有田「辻家 謹製の器」展



再び、極真焼を取り出す披露がなされるようです。

5月24日(土)・25日(日)両日とも14時~14時30分

「辻家秘伝の極真焼」の披露と当主 十五代 辻常陸による解説

が、行われるようですので、お近くの方は是非!







九州陶磁文化館 館長 鈴田氏による、

辻家の歴史と、精磁会社とのかかわりの解説も良かったです。



2014.05.20

メラメラの心

スタッフ君が卒業したので、その分も自分で頑張ろうと思っていましたが・・・

いっぱいいっぱいで、ちょっと無理っぽいので、

別のスタッフ君にきてもらえるか打診中。

以前、うちで頑張ってくれていたので、また再びと言った感じになると思いますが、

最近のに詰まった感じを打破したいので、

心、ワクワクというか、メラメラというか、そんな感じでございます。

頑張るどー

2014.05.17

私にとってのパワーストーン



この石にはこういう効果があるなどは、実感としてあまり意味を見いだせないというか、

そうやって売っている石や、店に限って、

ひどい処理石だったり、あまりいい印象が無いので、

パワーストーンという響き自体に近づかないようにしているのですが…



自分にとっては、綺麗な石、美しい宝石を見たら、気分があがることは間違いないですね。

それは、実感として感じてきましたし、

その価値観を人には押し付けませんが、

ウキウキするし、気分も上がる。

ただ、ここからが問題なんだけれども、

そういう物を、売ろうとするんだから、売りたくないというか、売れなくてもいいというか、

できれば手元に置いときたい。

とか、そういう意識が潜在的に働いてしまうので、

結果、そんなに売れないけれども、

まぁ、それでもいいかな

みたいな感じになってしまう(笑)

まぁ、そんなことはどうでもよくて、最近超多忙で、心を亡くす状態だったので、あぁいいなと思える宝石に出会って、気持ちをリセットできました。

というお話でした。

>> 宝石、ジュエリーの買い取り、質入れ、無料査定のご相談 お気軽にどうぞ。





2014.05.15

朝日新聞デジタル 庄村久喜さん 2014年05月14日 記事



先日のブログに書かせてもらった、庄村久喜さんの紹介記事が、

朝日新聞デジタル に掲載されておりました。

朝日新聞デジタル 技キラリ 晩香窯 庄村久喜さん(39)

伝統工芸の職人ではなく、

いわゆるステレオタイプの陶芸家 という感じでもなく、

どちらかというと、コンセプトを重視する、モダンアートの作家さん的な立ち位置も、

現代ならではの陶芸家として、今後の活動に注目しています。





2014.05.13

2014年5月27日~6月1日 西武伝統工芸展 福岡三越にて開催されます!



最近、ブログたまに見てますよ~

と、おっしゃって下さる方が増えてきたように思います。

独り言感覚で書いているので、ちょこっとこっぱずかしいのですが…





そういえば、今月27日から、

福岡三越9階で、西武伝統工芸展が行われます。

以下、超個人的な視点で…

なんといっても注目は、朝日新聞社大賞を受賞された庄村久喜さん作品

この作家さんの作品は、白磁という制約された表現の中で、光と影、そしてそのグラデーションの表現。

そして、緊張感のある造形が大変素晴らしいです。

百貨店のきつい照明の中ではそのポテンシャルは生かせませんが、

柔らかな自然光などでは、その表現の奥行きを十分楽しめると思います。

>> ピンタレスト 庄村久喜さん

まぁ、とにかくすごい作家さんです。 

同時代で、彼の作品を追いかけていけるのは、今生きている私たちに与えられた特権ですね。



そして、代替わりされた、十五代酒井田柿右衛門さん

柿右衛門という重責の上に、人間国宝という偉大なお父様、故十四代酒井田柿右衛門さんの存在を意識しないわけにはいかない中で、個人としての作家性をどう表現されていくのか、

作品そのものよりも、これから生まれていく作品がどう変化していくか、人間ドラマとしても楽しみです。

個人的には、柿右衛門窯、柿右衛門様式は確立されているので、

そういう物とは、真逆を行く一個人としての作家性を極めていくという方向を応援したいところではあります。



そして、十四代今泉今右衛門さん

この方は、時代や、大勢の期待に迎合しない姿勢が素晴らしく、一言でいうと、超前衛ですね(笑)

作品だけを見ると、落ち着いた渋い感じなのですが、最近、特に切れ味が増してきています。

鍋島の伝統や、今右衛門家の歴史、重責の上での、あの作品群としてみると、

心底すごい方だなと思います。

その他、中村清吾さん、津金日人夢さん、等々 同世代の作家さんも気になりますね。



沢山の現代の陶芸作品を無料で見ることができるいい機会です。

誰かの解説をそのまま真に受けずに、自分なりの視点で作品を見ていくという作業は楽しいですし、日本の陶芸の多様性はそれを許すだけの懐の深さがあります。

そして、単発で、作家さんの作品を見るのもいいのですが、

より陶芸を深く楽しむには、時代と並行して、作家さんの表現がどう変わっていくのかを追いかけると、とてもエキサイティングで楽しいですよ!

皆様も是非、足をお運びください。



うーん、楽しみ! っていうか、行ける時間あるのかな??



>> 有田焼買取 肥前屋質店



2014.05.11

ファンシーカラーダイヤモンド しかもヴィヴィッド!!



とりあえず、1日1ブログ頑張ってみよう。

今日は、超多忙でした~



>> ピンタレスト FANCY VIVID COLOR DIAMOND

入荷したわけではなく、ピンタレストなんですけどね。

ピンタレストでの宝石仲間募集中~!

メレサイズでウン十万の世界、上を見れば※千万、※十億の世界なので、私には画像で十分かな(笑)

ファンシーカラーダイヤモンド。

色石と違った魅力がありますよね~





2014.05.10

青い石



「美しい青い石」で、真っ先に思い出すのが、アウイナイト。

ピンタレストでちょこっと集めてみました。 >> ピンタレスト アウイナイト

まぁ、確かに綺麗なのですが、

>> ピンタレスト ブルーサファイア

改めてみてみると、このブルーサファイアも負けていないというか、凌駕しているというか・・・

硬質な感じが、品格をぐんとあげているのかな? と思ったり…

いわゆるブルーサファイアは、様々な産地、ブルーでもいろんな色があるので、「ブルーサファイア」としてのイメージがぼんやりしていましたが、

こうやって集めてみると、ブルーサファイア観が変わっていく感覚が持てます。

ピンタレスト、楽しいですよ。

無料で、ヴァーチャル内に自分の宝石箱が持てるようなものです。

しかも、そこには、金額や個数の制約がありません。。。

ザーッと集めてみて・・・

これは、外そう。 このジャンルは新たに作ろう。 等、コレクション欲が満たされていきます。

是非、皆様も・・・

現実世界で、「美しい青い石」。

ブルーサファイア、アウイナイト。

どちらも、それなりの大きさのものをそれなりの価格で中古で探すとなると、基本的には 「あきらめてください。」

と、なってしまいますが

いつか出会うその日のチャンスを逃がさないように、アンテナは張っておこうとは思っております。

宝石とはそういう物ですね。 無いものは無いのです。 

そういう現実もまた楽しですね♪



2014.05.08

夢かなう





鍋島の伝統を今に伝える、大川内の御庭焼 市川光春さんの作品

ここの窯は、以前は銘が手描きではなかったのですが、

いつか銘が手描きのものを扱いたいなぁ~

と、思っていましたら、先日お取り扱いさせていただく機会を得ました。

この線の細さ、強さ 大変素晴らしいと思います。

伊万里市大川内には素敵な窯が沢山ありますし、

御庭焼さんの店内も夢のような空間ですので、是非足を運んでみてくださいね!

>> MAP 鍋島御庭焼

お売りいただきありがとうございました。

>> 有田焼買取 肥前屋質店





2014.05.07

60万アクセス突破



60



気付いたら、ブログが、60万アクセス越えてました。

ブログも沢山分散してしまったし、あっちに行ったりこっちに行ったりしていますが、

まぁ、何とか続いていますってことで・・・

アクセス数をあげることを頑張るというよりも、続けることの方が大変ですね。

つづけたからと言って、何がどう変わるというわけでもないのですが、

今まで、続けたのは時間の無駄だったとか、もうやめよう とか思わないってことは、

続けてよかったと思っているのだと思う。

??

多分…

多分ね。

書きたいことがふらふらしながら、今後もこのブログは続ける予定ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

お・ま・け

ブルーサファイアの綺麗だな~っていうものを集めてみました! 

いわゆる、カシミールサファイアがこういう色なのかは、自分の中で消化できていませんが、

このブルーは理屈抜きに「好きな色」と、言える色です。

中古のジュエリーでこういうの探すのはほぼ無理ですが…

>> Pinterest ブルーサファイア



2014.05.06

非加熱サファイアの見分け方



昔は、自分の中で非加熱非加熱という感じでしたが、

最近は、加熱でも自分的に、ああいいなぁ と思えるものを・・・

と、心がけているので、そこまで秘密にしなくていいのかなと思っていたタイミングで

たまたま、いいサンプルの画像を見つけたので、ブログを書いてみます。

この手の情報は、随分前からネット上のどこかにあったはずなので、そこまでもったいぶる話でもなんでもないのですが…

古ーい枠のサファイヤリングを見つけたら・・・

シルクインクルージョンを探してみてください。

(よっぽどわかりやすいものでないと、10倍ルーペではきついと思いますが・・・)

シルクインクルージョンとは、コランダム(ルビー、サファイア)内に走っているインクルージョンで

60度、60度、60度 の角度(つまり正三角形の角度)で線状に入ります。

こちらの、リンク先の画像は、わかりやすかったので、例に使わせてもらいますと…

ちなみに、カシミールサファイアってやつです。 ピンタレストで見つけた画像で当店の在庫ではもちろんありません。

http://www.pinterest.com/pin/561472278516880079/

右上から左下、真左のちょい下から真右のちょい上 に向かって走っている線がわかりますよね??

あと一方向、こちらのルースでは見えていないですが、左上から右下に向かってインクルージョンが入るとすればその方向に入ります。

加熱処理をしてしまうとこの繊細なインクルージョンが消えてしまうようで、

逆にいうと、このインクルージョンがあるものは非加熱の可能性があるわけで・・・

まぁ、これがあるから非加熱というわけではないですし、

鑑別を取ろうと思うと万単位でお金がかかるわけですし、

非加熱なら何でも偉いってわけでもないですし・・・

加熱処理の技術が出だしたのが、確か1970?80年代以降?? でしたかね?

むかーしからある処理ではないようなので、

古ーい枠の、こういうインクルージョンの入っているサファイアなんぞは、「お!非加熱か??」というような

ちょっとしたロマンがあるというか・・・

そういう物を見かけたら、枠から外して、鑑別取って的な野暮なことせずに、貴重な手作り枠ごと大事にしていただけると嬉しいかなー? なんて・・・(笑)

ご注意いただきたいのは、こういう視点を逆手にとってインクルージョンを残したまま加熱する方法などもありますので、あまり気持ちと知識を偏らせすぎないことが肝心だと思います。

宝石内部のインクルージョンを嫌う方も多いのですが、

この、インクルージョンは天然かどうかを見分ける鍵だったりもするので、

できれば、インクルージョンも含めて石を愛でていただければなー、ついでに言うと手作りの古い枠ごと・・・ なんて思ったりもします。



資料を見ながらではなく、ざっと書いちゃいましたので、勘違いなどありましたら、ご指摘いただけると嬉しいです。

CLASSICS HAKOZAKI 地味で滋味な中古宝石屋@福岡



2014.05.05

ピンタレスト!



仕事と言うか、趣味と言うか最近はまっていますのが・・・

この、ピンタレスト!

渕上清志 / KIYOSHI FUCHIGAMI さんの Pinterest ボード「JEWELRY」をフォローしましょう。

気に入った画像をコレクションするというもの、単にそれだけなのですが・・・

膨大な画像が存在しているし、集めるのが楽ということもあり、

とりあえず、いいなーと思う、宝石、ジュエリー、原石類をまとめてみました。 とりあえず直感的に入れましたので、中には合成石なども入っているかもしれません。

多分、これから先の使い方が、同じ感覚の方々とのコミュニケーションが始まるのかな?よくわかりませんが、始めてみて数日目、現状での感想は・・・・

とりあえず、気に入った画像を集められるので楽しい 大人のポケモン?メンコ?ブロマイドカード? という感じでしょうか。

たまたま職場を離れて、やることもなく、割と気合入れて画像を集める時間があったので、気に入った画像を集めてみました。

これをざっと見ていただければ、ネット上での販売サイト等で、

こういう色に見せかけたキツイ画像処理だったり、たいして綺麗でもないのに煽った表現だったりは見抜けると思います。

少々インクルージョンがあったり、面ズレ(表面のキズ)よりも、やっぱり、石の素性の良さが決め手という感じですね。 インクルージョンや、コンディションは優先度はそんなに高くないんだなというのが、この行為を通して改めて思ったことです。

集めてみると、美しいルビーの写真って、なかなかないんだなー

というのが実感です。

個人的には、エメラルドの色の再現に困っているので、エメラルドの写真の方が探しやすかったのはちょっとした驚きでした。

解説を・・・

Leon Mege 最近気になっているニューヨーク?のジュエリーブランド デザインと、使用している材料が秀逸。 ダイヤモンドも、ありきたりなラウンドブリリアントカットではなく、様々なカットのものを使用しているのもいいですね。

ルビーは、色と、モザイク模様と言うか、下部からの反射の光の有無ですかね? 表面と、下側でピントがずれるのですが、そのずれた感じで反射の有無がわかるのではないでしょうか?

カシミールサファイアをまとめてピックアップしてみましたが、自分の好みの色を抜き出しているので、これがいわゆるカシミールサファイアなのか判断できません。 こればかりは、自分で足を使ってたくさん見るしかないんですよね。

でも、純色の深みのあるブルーが綺麗だと思います。 シルクインクルージョンがある方がぼわ~んと、キリリとしすぎずいいなと思えたり・・・

翡翠も少ないですね。 最高級のものは、クリスティーズやサザビーズに出品時の写真などが多いように感じました。 それだけ、少ないんでしょうね。

ファンシーカラーダイヤモンドは更に別世界な感じですね。

こういう行為を通じて、リピンや、フォローをしてくださる方もいらっしゃるようで、今後の展開が楽しみです。

宝石を売りたいというよりは、宝石仲間を増やすにはいいツールかなと思います。

うちの写真なんぞも載せて、千本透かしファンを増やそうかと企んでますが、時間がない~~~!

まぁ、でも楽しかった。

皆さんも是非! これは、無料でジュエリーをコレクションしてるような気分になるので、ジュエリー買わずに済むのでオススメですっ! (細々とですが、ちゃんと仕入れはしますよ もちろん)



>> 宝石、ジュエリーの買い取り、質入れ、無料査定のご相談 お気軽にどうぞ。



2014.05.02

ギメル コレクション  2014年4月28日(月)~ 5月7日(水) @和光 本館2階





銀座の和光さんの2階で行われているギメル展 内容が充実しているようです。

諏訪貿易の※※さんがおっしゃってんだからきっと間違いない。

東京行きたいな~~~

WAKO 公式ページ

美術館、博物館でみるアンティークジュエリーよりも、生き生きとした、現代に生きているハイクオリティなジュエリーをきっと堪能できると思います。

東京近郊の方は、是非!!



>> 宝石、ジュエリーの買い取り、質入れ、無料査定のご相談 お気軽にどうぞ。



« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

フォト

TEL:092-651-2197

当店連絡先(予約制)

広告