« Dosed | トップページ | 背中を押してくれるんです。 »

2014.10.18

同じ石でも

Img_0664



Img_0665



↑このような宝石が入って来たので、ちょっと気になる部分があったり、通常ならあそこの鑑別機関使うけれども、この大きさならあそこの鑑別機関のをつけておきたい等で、某所で鑑別を取得してみました。

↓結果は…

Img_0667



色からいうとスリランカっぽいよなぁと思いつつも、

鉱山まで特定されていたので、ミャンマー産なら嬉しいなと思ってはいましたが・・・



同じ石でも、鑑別機関によっても、時代によっても、見解が違う場合があります。

業界的にや、信頼度的にどこの鑑別機関がどう、というコトはありますが、各社の判断で・・・ というコトになるのだろうと思います。



鑑別機関の見解の違いがあったからと言って、その間宝石の輝きが変化したわけではないんですけどね・・・

そりゃ、上の写真の方が売れるよね~と、思いますが、

処理石や合成石やすり替えとかではないので、

うん、まぁそういう事って多々ありますよね。

と、思いつつも、「うーーん・・・」と、いろいろ考えさせられます。

この記事を読んで下さった、宝石好きな皆様には、こういう事もありますよ。

というコトを知っていただければと思います。

じゃあ、うちの品物は絶対的に大丈夫か?となると、そうではなかったりもします。

何でもかんでも鑑別に出すわけにもいかないですしね。

コランダムで、ベリリウムの処理の心配のリスクが高そうなものはあえて料金高めの鑑別をとったり、

人知れず、そうならないように気は使っている方だとは思いますが…

最近びっくりしたのが、パヴェダイヤモンドの中にジルコンが1個入っていたこと。

モーびっくり。

これは、さすがにショックでした(笑) なんで、そげんことするかねーって。



今後は、合成ダイヤモンドの問題など、あれ1石ずつ調べるの無理でしょ。

ってこともあったり、鑑別料金も安くはないし、年々上がっていくしで、

普通に良いものをお届けすることも大変な時代になってきていることを実感しています。

そのお話はまた今度。




« Dosed | トップページ | 背中を押してくれるんです。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Dosed | トップページ | 背中を押してくれるんです。 »

広告


フォト

TEL:092-651-2197

当店連絡先(予約制)