« とりあえず生きています。 | トップページ | よし! 昭和ジュエリー唐草リングの作者がおそらく判明♪ »

2015.05.14

読書

最近、読書の習慣がずいぶんぶりに戻って来ました。

まぁ、食事をしながらとか、寝る前位ですが…

チームバチスタ、のぼうの城

ブックオフで1冊100円でしたが(笑)、面白かったです。

100円でああいう楽しさを味わえるなら読書は、余暇時間の使い方としてはコストパフォーマンス高いですね・・・



それはさておき、今、読んでいるのがマークスの山。って、これ20年前の本なんですね…

随分前に途中挫折し、再トライ。

改行があまりないので、ページの中が文字ばかりですが、やっと慣れてきました(笑)

ちょうど真ん中あたりですが、1本1本の糸が縒り集まって紐になっていくような感覚が面白いです。

妙に男臭い文章ですが、女なのに、と言ったらアレですが、女性でこういう視点、文章になるのは何故なのか、それが気になります。

それと、マークスの描写は彼女の想像によるものとは思えないので、モデルになった人間がいるのかどうか?

それはさておき、仕事がんばろ。



と言いつつ、高村薫さんをwikiで調べてみたら、1971年生まれ?!

まじか?!

焼物など見ても、同世代の作家さんはなんとなくそうかなってものを感じるのに、

この方の文章は全くそういうものを感じなかった…

何食べたら、こんな文章になるのだ??

読者層に合わせてあえてそういう文体にしているのかな?

意識、視点のレベルが全く違うところにあるからだろうか?

内容はともかく、女性で、1971年生まれで、何故こういう文章になったのか興味津々。。。



追記:

1971年,同志社高等学校卒業。

の見間違いですね。

1953年生まれとのことで、うん、まぁ、納得です。

疲れてるのかな…

仕事でミスしないように気をつけます。

« とりあえず生きています。 | トップページ | よし! 昭和ジュエリー唐草リングの作者がおそらく判明♪ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« とりあえず生きています。 | トップページ | よし! 昭和ジュエリー唐草リングの作者がおそらく判明♪ »

フォト

TEL:092-651-2197

当店連絡先(予約制)

広告